★書物・雑誌

精神的幸福と物質的幸福、あなたは何方が満足? 芥川龍之介『運』 ★書物・雑誌

精神的幸福と物質的幸福、あなたは何方が満足? 芥川龍之介『運』

★芥川龍之介短編小説シリーズ ・題名     『運』 ・新潮社    新潮文庫   ・発行     昭和43年7月 ・発表     大正6年 1月 『文章世界』 ・原作     今昔物語及び、宇治拾遺物語   登場人物 ◆若侍 作品中で登場する侍。時は平安時代と思われる。若侍と表記されてい…
税金を喰いモノにする地方行政 松本清張『紙の牙』 ★書物・雑誌

税金を喰いモノにする地方行政 松本清張『紙の牙』

★松本清張 短編小説シリーズ   ・題名        『紙の牙』 ・双葉社       双葉文庫   ・2016年     12月発行  松本清張ジャンル別作品集『社会派ミステリー』内   登場人物 ◆菅沢圭太郎 地方のR市の市役所厚生課に勤める。役職は課長。或る日、菅沢は愛人…
動物版 勧善懲悪もの? 芥川龍之介『白』 ★書物・雑誌

動物版 勧善懲悪もの? 芥川龍之介『白』

★芥川龍之介短編小説シリーズ   ・題名    『白』 ・新潮社   新潮文庫   ・昭和    43年11月発行 ・発表    大正12年8月『女性改造』   登場人物 ◆白 ごく一般家庭で飼われた、飼い犬。ある時急に、犬の毛が白から黒に変わる。色が変わった事で、飼い主一家から…
或る男の偽証が、一人の男の命運を分ける話 『証言』 ★書物・雑誌

或る男の偽証が、一人の男の命運を分ける話 『証言』

★松本清張短編シリーズ ・題名               『証言』 ・新潮社      新潮文庫   ・昭和46年    10月発行  「黒い画集」内 ・昭和33年    12月21日号 ~ 12月28日号「週刊朝日」   登場人物 ◆石野貞一郎 48歳の会社勤めの人間。役職は、課長。一…
有罪濃厚から一転。無罪判決 松本清張『種族同盟』 ★書物・雑誌

有罪濃厚から一転。無罪判決 松本清張『種族同盟』

★松本清張短編小説シリーズ   ・題名        『種族同盟』 ・文藝春秋       文春文庫   ・昭和51年      2月発行    『火と汐』内 ・昭和42年      8月発表    『オール読物』    登場人物 ◆主人公の弁護士 主人公の弁護士だが、名前がない…
人が不幸な境遇から脱した時、相反する心情 芥川龍之介『鼻』 ★書物・雑誌

人が不幸な境遇から脱した時、相反する心情 芥川龍之介『鼻』

★芥川龍之介短編小説シリーズ   ・題名    『鼻』 ・新潮社   新潮文庫   ・発行    昭和43年7月 ・発表    大正 5年1月 ・原作    今昔物語及び、宇治拾遺物語   登場人物 ◆禅智内供 宮中にて仏門に仕える僧の役職。名前ではない。小説に登場する僧は、鼻の…
トカゲの尻尾切り 松本清張『ある小官僚の抹殺』 ★書物・雑誌

トカゲの尻尾切り 松本清張『ある小官僚の抹殺』

★松本清張 短編小説シリーズ   ・題名       『ある小官僚の抹殺』 ・新潮社       新潮文庫   ・昭和40年     7月発行    『駅路』内   登場人物 ◆唐津淳平 今回の砂糖汚職事件で、鍵を握る人物。唐津は関西出張後、帰京する予定だった。 しかし何故が出張…
サラリーマンの悲哀 松本清張『寒流』 ★書物・雑誌

サラリーマンの悲哀 松本清張『寒流』

★松本清張シリーズ 短編小説編   ・題名        『寒流』 ・新潮社       新潮文庫 【黒い画集】内  ・昭和46年     10月発行 ・昭和34年     9月 週刊朝日9月6日号~11月29日号   登場人物 ◆沖野一郎 B銀行R支店に新しく赴任した、43歳の…
芥川龍之介の世界観 『河童』 ★書物・雑誌

芥川龍之介の世界観 『河童』

★芥川龍之介の世界観 自殺間際の作品   ・題名        『河童』 ・副題        「どうか Kappa と発音して下さい。」 ・新潮社        新潮文庫   ・昭和43年      12月発行  ・発表         昭和2年3月  『改造』  ※1927年 &nbs…
死亡推定時刻の偽装 松本清張『留守宅の事件』 ★書物・雑誌

死亡推定時刻の偽装 松本清張『留守宅の事件』

★松本清張小説シリーズ   ・題名      『留守宅の事件』 ・文藝春秋     文春文庫   ・昭和51年    4月発行 ・昭和46年    5月  【小説現代】掲載   登場人物 ◆栗山敏夫 34歳で車のセールスマン。東北に出発後、自宅に戻るが妻宗子は不在。一日おいて妻の…
少年の淡い恋心 松本清張『天城越え』 ★書物・雑誌

少年の淡い恋心 松本清張『天城越え』

★松本清張小説シリーズ   ・題名       『天城越え』 ・新潮社      新潮文庫   ・昭和46年    10月発行 「黒い画集」内 ・昭和34年    11月   「サンデー毎日特別号」   登場人物 ◆少年 下田に住む、16歳の鍛冶屋の三男坊。稼業・実母に嫌気がさし…
旧暦の元旦、神事に纏わる完璧なアリバイ 松本清張『時間の習俗』 ★書物・雑誌

旧暦の元旦、神事に纏わる完璧なアリバイ 松本清張『時間の習俗』

★松本清張小説シリーズ   ・題名    『時間の習俗』  ・新潮社   新潮文庫   昭和47年 12月発行 ・昭和36年 5月~昭和37年11月号 【旅】掲載   登場人物   ◆三原紀一 警視庁捜査一課の警部補。相模湖湖畔で起きた殺人事件を担当する。 捜査が進むに…
お佐代さんの望みは 森鴎外『安井夫人』 ★書物・雑誌

お佐代さんの望みは 森鴎外『安井夫人』

★森鴎外 短編小説   ・題名       『安井夫人』 ・筑摩書房     ちくま日本文学全集 ・1992年    2月発行 ・大正3年3月   発表(1914年) 登場人物 ◆仲平 江戸時代の日向国宮崎郡清武村の士族、滄洲翁の次男。背が低く、幼少の頃の疱瘡が原因で、隻眼。風采が頗る悪く…
日常的な関連から一切の線が切断された時間 松本清張『分離の時間』 ★書物・雑誌

日常的な関連から一切の線が切断された時間 松本清張『分離の時間』

★松本清張小説シリーズ   ・題名     『分離の時間』 ・新潮社     新潮文庫   ・昭和49年   6月発行   登場人物   ◆土井俊六 広告代理店に勤めるサラリーマン。偶然乗り合わせたタクシーの運転手から、殺害された八木沢代議士の話を聞き、独自に調査を始め…
要らない自慢をして、回り道をした話 芥川龍之介『犬と笛』 ★書物・雑誌

要らない自慢をして、回り道をした話 芥川龍之介『犬と笛』

★芥川龍之介短編小説   ・題名     『犬と笛』 ・原作      芥川龍之介 ・新潮社     新潮文庫 ・昭和43年   11月発行 ・大正 8年   1月発表(1921年)【赤い鳥】   登場人物 ◆髪長彦 葛城山の麓に住む、若い木樵。顔形が女性の様に優しく、髪も女性の…