★書物・雑誌

古今東西、何処にも存在する話 松本清張『カルネアデス』の舟板 ★書物・雑誌

古今東西、何処にも存在する話 松本清張『カルネアデス』の舟板

★松本清張短編小説シリーズ   ・題名      『カルネアデス舟板』 ・新潮社       新潮文庫   ・昭和40年     12月発行    傑作短編集(五)『張込み』内   序説 紀元前2世紀、ギリシャでの話。 一艘の船が難破した。ある船員が溺れまいと、必死に一枚の舟板に…
久し振りに本屋に立ち寄り、気付いた事 ★書物・雑誌

久し振りに本屋に立ち寄り、気付いた事

連休中、本屋にて 大型連休中、予定がない休みの日、久し振りに本屋に行きました。久ぶりにと云書いたのは、気付けば何時からであろうか。此処しばらく本屋にいかなくなったのは。 おそらく半年はいっていないだろうか。それ程、久し振りに感じられた。何故だろうか。昔ほど行かなくなった理由は。 結論から述べるが、や…