失踪した人妻 夫には完璧なアリバイが 松本清張『火と汐』

★松本清張 短編小説シリーズ

 

・題名          『火と汐』

・双葉社          双葉文庫  

・2016年        12月発行    松本清張ジャンル別作品集『社会派ミステリー』内

・発表          『オール読物』  昭和42年 11月

 

登場人物

◆曽根晋吉

劇作家、33歳で独身。大学時代の友人、芝村の妻美弥子と不倫関係にある。夫芝村が外洋のヨットレースに参加中、美弥子と京都の大文字焼きをみる為、京都に投宿する。

投宿した2日目の夜、大文字焼きの最中に不倫相手の美弥子が突然、失踪する。

一人東京に帰り美弥子からの連絡を待つが、何の音沙汰もない。その後失踪した美弥子が、晋吉の自宅近くで遺体となり発見され、晋吉が容疑者として留置される。

 

◆芝村美弥子

曽根晋吉の不倫相手。夫は曽根の大学時代の友人。夫が外洋ヨットレースに参加中、同窓会に参加すると偽り、曽根と供に京都に不倫旅行にでかける。

大文字焼きの行事が最高潮の時、曽根の前から忽然と姿を消す。姿を消した後、曽根の自宅近くで死体となり発見される。

 

◆芝村

大学時代の曽根の友人。妻美弥子は、曽根と不倫関係にある。芝村はその事を知ってか、知らずか曖昧な態度をとる。

或る日、芝村は所属するヨットハーバーの外洋レースに参加する。レース参加中、海難事故に遭遇。同乗していた仲間を失う。

自らの海難事故に続き、妻美弥子が死体となり発見される。

 

◆上田伍郎

芝村と同じヨットに乗り込み、海難事故に遭遇。死亡する。

 

◆神代刑事

美弥子殺しの事件を担当。警視庁、捜査一課の刑事。

捜査本部は容疑者として、美弥子の不倫相手曽根晋吉を留置する。しかし神代は納得せず、寧ろ被害者の夫芝村を怪しいと睨み、東刑事と供に芝村のアリバイを調査する。

 

◆東刑事

神代と同じく、警視庁捜査一課に所属する刑事。神代と一緒に、美弥子殺害事件を捜査する。神代同様、夫の芝村が怪しいと睨み、神代と供に芝村のアリバイを洗い始める。

 

あらすじ

不倫旅行中、不倫相手の人妻美弥子が、忽然と京都のホテルから姿を消した。美弥子と同伴したのは、美弥子の夫芝村の大学時代の友人、劇作家の曽根晋吉だった。

晋吉は美弥子がいなくなったホテルで眠れない一夜を過ごし、一人で帰京する。帰京後も美弥子からは、何の音沙汰もなかった。

 

一方美弥子の夫芝村は、妻美弥子が不倫旅行中、ヨットの外洋レースに参加中だった。処が芝村の乗るヨットはレース中、海難事故に遭う。

事故で同乗していた上田伍郎が亡くなる。事故の模様は、新聞に大きく掲載された。

 

美弥子は京都のホテルで失踪。夫は海難事故に遭遇。おまけに芝村は、疲労困憊で入院していた。

後日失踪した美弥子の絞殺死体が、不倫相手曽根晋吉の自宅近くで発見された。

 

捜査本部は、不倫相手の晋吉を容疑者として留置する。晋吉は留置されるが、殺人を否定。捜査本部も決定的な証拠はなく、事件は難航した。

 

事件が難航する中、捜査本部の二人の刑事は、被害者の夫芝村のアリバイに注目した。しかし芝村のアリバイは完璧すぎるほど、整っていた。

二人の刑事は、殺人動機が留置されている晋吉よりも、夫芝村の方が濃いと睨み、芝村のアリバイを調べ始める。

二人の刑事が一つ一つ芝村のアリバイを掘り起こすに連れ、完璧と思われていた芝村のアリバイに、僅かな綻びが生じる。

 

さて事件の行く末は。

 

要点

結論を先に述べれば、不倫旅行中、忽然と消え、後日死体となって発見された芝村美也子の夫には、完璧なアリバイがあった。

夫は妻が不倫旅行中、外洋のヨットレースに参加。妻が失踪時には、海の真っ只中にいた。

 

更に夫のヨットは、海難事故に遭遇。同乗していた上田伍郎が、事故でなくなる。

事故の模様は、新聞にデカデカと報道された。

芝村は事故後、這う這うの体でハーバーに到着。海難事故の現場・様子を告げ、そのまま疲労困憊の為、病院に担ぎ込まれた。まさに完璧なアリバイだった。

 

その完璧なアリバイを事件を担当した二人の刑事が、色々な状況の仮説をたて、縺れた糸の一つ一つを解きほぐすかのように、地道に捜査を重ねる。

やがて全ての糸が解きほぐされた時、事件の概要が明らかとなり、殺害された美弥子の夫芝村のアリバイが崩れていく。

そのアリバイが崩されていく過程が、興味深い。

 

美弥子が何故、ホテルから忽然と姿を消したのか。それはいる筈もない夫が突如、暗闇の中から現れた為だった。

美弥子は暗闇の中から現れた夫に対し、全くの無抵抗だった。それは夫に対し不貞行為を働き、嘘をつき京都のホテルに不倫相手と宿泊していた為。

美弥子はだた夫のいいなりで、そのまま東京に帰った。東京に帰り、夫に殺害され、不倫相手に嫌疑がかかるよう曽根晋吉の自宅近くに埋められた。

 

芝村は、妻美弥子の不貞行為に気づかない振りをして、実は美弥子の不貞行為に気づいていた。その為、美弥子が不倫相手と一緒に泊まるホテルの電話番号が書かれたメモを盗み読みした。

夫が暗闇から突如現れた瞬間、美弥子は心臓が止まるような思いであったであろう。おそらく何も声が発せなかったと思われる。その為、曽根に何も告げる事が出来ず、ホテルから黙って姿を消した。

暗闇の中、芝村は美弥子の前にいた曽根の存在に気付いたかどうかは分からないが、芝村は美弥子殺害後、不倫相手の自宅近くに死体を埋めた為、不倫相手が曽根晋吉である事に気づいていたと思われる。

 

何も気づかないふりをして、実は芝村は曽根に対し、嫉妬。妻美弥子に対し、憎悪の念を燃やしていたのであろう。

それが今回の殺人動機に繋がったと思われる。

 

芝村のアリバイ工作の為に利用され、死亡した上田伍郎も、芝村の巧みな陰謀により、単なる海難事故として処理された。芝村のアリバイは完璧と思われた。

 

しかし芝村のアリバイはあまりにも完璧すぎるが故、反って怪しまれる結果となる。更に僅かな目撃者の証言により、芝村のアリバイは綻んだ。

芝原のアリバイが完全に崩れたのは、芝村が偽装工作をする為に用いた、小道具の「包帯と釣り竿」だった。

 

追記

芝村が海難事故を装い、同乗した上田伍郎を殺害した手法は、作中では「ワイルド・ジャイブ」と書かれている。

ワイルド・ジャイブとは、ヨットが追い風を受けて走っている時、突然逆方向から風を受け、ヨットの帆が反対側に跳ね返った時、起きる現象。

マストが急に跳ね帰り、マストが人を襲い、そのまま人が海に投げ出される現象が、しばし起こる。

 

今回の上田伍郎は、此の現象で頭をマストに強打され、海に投げ出されて死亡した。

芝村は美弥子殺害後、おそらく初めから上田を始末するつもりであったと思われる。

因って過失ではなく、芝村の殺人行為と云える。

 

清張の作品で偶に見受けられるのが、最初に登場した人物が主役ではない場合がある。主役の交代とでもいうのだろうか。

初めに登場した曽根晋吉は、主役ではない。不倫相手の美弥子が殺害された後、容疑者として拘留され、以後登場しない。

美弥子の夫芝村が主役かと言えば、そうでもない。

今回の主役はやはり、芝村のアリバイを調査する二人の刑事ではないかと思われる。

 

登場する二人の刑事は、捜査会議にてアリバイが完璧な被害者の夫、芝村が怪しいと発言する。

当然周囲から笑い者となる。

しかし二人の刑事は決して嘲笑に怯む事なく、芝村のアリバイを地道に調査。着実に芝村を追い詰めていく。

懸命な努力が実り、やがて事件解決へと結びつく。今回の主役は完璧と思われた芝村のアリバイを崩した、二人の刑事だった。

 

清張作品のタイトルを見ると、なかなか清張の粋な思いが込められているのに気づく。

今回の作品のタイトルは『火と汐』。

火は勿論、美弥子の不倫相手と一緒に見た、京都の「大文字焼き」の事。

一方汐とは、芝村がアリバイ作りの為、参加した「ヨット(レース)、或いは海」の事と思われる。

妻は火を見て楽しむ。夫は海を見て楽しむ。何か因果を感じるタイトルと思われた。

 

(文中敬称略)