一難去って、又一難 松本清張『繁盛するメス』

★松本清張短編小説シリーズ

 

・題名        『繁盛するメス』

・双葉社        双葉文庫  

・2016年      12月発行  松本清張ジャンル別作品集『社会派ミステリー』内

 

登場人物

◆大宮博(戸村重雄)

元軍隊の衛生兵。終戦後、外科医となりすまし都心の郊外で開業。大宮は外科医の腕が優れていると評判になり、医院は繁盛する。

大宮は繁盛して、幸せな家庭を持つ。医院も開業当初に比べ、立派な建物に変わった。

 

まさに幸せの絶頂期、大宮の軍隊時代の過去を知る元軍曹が現れる。

元軍曹が出現した事で、今迄幸せだった大宮の生活が一変する。

 

◆望月志郎

軍隊時代、大宮博の元上官(軍曹)。大宮が商売で繁盛していた或る日、突如大宮の許に現れる。大宮(戸村)の軍隊時代の過去を知り、それをネタに大宮を強請る。

2年程、大宮宅に居候した後、女をつくり大宮宅を出て、一人住まいをする。

 

◆望月志郎の女

望月志郎が一人暮らしをする際、同伴した女。元バーのホステスと思われる。望月にはあまり深い愛情はなく、ただ金蔓としかみていない様子。女には望月に内緒にしているヒモがいた。

 

◆望月志郎の女のヒモ

望月と同居していた女のヒモ。望月志郎が死亡後、望月の女に呼び出され、大宮医院にやってくる。

大宮に望月死亡を経緯を聞かされ、望月の死体を確認する。

確認した後、男は意外な事に気づく。男は昔軍隊では、衛生班の伍長だった。

 

あらすじ

大宮博は元軍隊の衛生兵だった。終戦後、無免許だが外科医になりすまし、都心郊外で開業医を営んだ。

大宮は外科医の手術が上手いと評判が立ち、医院は忽ち繁盛。更に新興住宅地で、人口も増え、商売は益々繁盛した。

 

繁盛した大宮は、土地の名家から娘を貰い、結婚。二人の子宝にも恵まれた。

開業当初、藁ぶき屋根だった医院も、いまではすっかり近代的な建物に変わった。

大宮はまさに、人生の幸せの絶頂にいた。

 

幸せの絶頂にいた大宮だったが、或る日バーで酒を飲んでいた時、一人の初老の人物に出会った。

大宮は面会した当初、なかなか相手の顔を思せなかったが、相手の何か横柄な言動に触発され、漸く相手を思い出す事ができた。

相手の人物は大宮にとり、思い出したくもない記憶だった。それは大宮が軍隊時代に衛生兵の一兵卒として過ごしていた時、大宮の上官だった元軍曹の望月志郎だった。

 

何が忌まわしいかと言えば、望月元軍曹は昔からよく言われる、軍隊いじめの典型的な人物だった。

望月は軍隊時代、多分に漏れず制裁との名目で、下級兵士を虐めていた。

大宮博も、望月に虐められた兵の一人だった。

 

望月は軍解体後、色々な商売に手を出したが、実らず現在は落魄れた身だった。その落魄れた望月が大宮の前に現れたのだから、たまらない。

当然の如く大宮は、望月に絞られる事になる。望月は、腹違いの兄という触れ込みで、二年近く大宮宅に居候した。

当然居候に加え、医院の利益をごっそり望月に集られたのは、言うまでもない。

大宮は日増しにやせ細り、精神にも支障を来すようになった。

 

望月が大宮宅に二年近く居候した挙句、望月は大宮宅をでると言い出した。望月が家をでて一人暮らしを始めたいと言い出した理由は、勿論女。

望月は大宮から搾り取った金で、女を囲っていた。望月は女と一緒に暮らすのが目的で、家をでると大宮に告げた。

当然望月のアパート代は、大宮が出す算段。

家をでた望月だが、毎月決まった時期になれば大宮宅を訪れ、大宮から大金を搾り取った。

 

こんな状態が続いた為、大宮はとうとう望月をどうやって殺そうかと、考えを巡らした。

いろいろ逡巡した末、ある妙案が大宮の頭に浮かんだ。

 

それは虫垂炎(盲腸)にみせかけ、手術をしたと見せかけ、望月を殺す計画だった。

大宮は計画を実行に移した。望月にいい酒があると呼び出し、望月に睡眠薬入りの酒を飲ませ、昏睡状態になった処で手術を行い、手術を誤り死亡したようにみせかけた。

 

望月が死亡した為、大宮は同伴の女を呼び寄せ、事の次第を説明した。女はあまり望月の死に関心がないように思われた。

女はあまり品・教養がある女とも言えず、ただ金の為、望月についた女と思われた。

女は望月に死後の処理に戸惑い、相談するとの名目で誰かに電話をかけた。電話をかけた相手は、なんのことはない、只の女のヒモだった。

 

ヒモは女の呼び出しで、医院にやってきた。大宮は大まかな経緯をヒモに話した。ヒモは何を思ったのか、望月の死体をみたいと願い出た。

大宮はヒモの望み通り、死体を見せた。ヒモは暫く望月の死体を眺めていたが、やがて何か悟ったか如く、意味ありげに大宮に話し掛けた。

 

ヒモは嘗て軍隊で衛生班で伍長を務めていた。その為、虫垂炎の手術で切る処を理解している。

今回の手術の後は、虫垂炎で手術する場所とは違うと述べた。

ヒモの言葉を聞き、大宮は辺りが薄暗くなるのを覚えた。

 

要点

大宮は軍隊時代は、たんなる衛生班所属の徴収された一兵卒に過ぎなかった。大宮は軍隊時代の名は、戸村重雄。

戸村は軍隊時代、軍医の手術をよく手伝わされた。元来手先が器用だった事もあり、見様見真似で戸村は外科医の手術方法を習得した。

 

戸村は戦後、無免許であるが医者と名乗り、開業。手術が上手いと評判が立ち、又時代の波にのり、商売を繁盛させた。

商売繁盛で家庭を持ち、病院も大きくなり、まさに戸村は幸せの絶頂であった。

 

その幸せの絶頂期に、戸村の過去をしる人物が現れた。軍隊時代にさんざん虐められた、質の悪い望月元軍曹だった。

望月は戸村の羽振りの良さに託け、当然の如く金を搾り取る。そんな生活が二年程続き、戸村の利益は全て望月に吸い取られ、戸村は精神も異常をきたすまでに至った。

 

望月は考え抜いた末、思いついた計画を実行。望月を殺害する。殺された望月には、女がいた。望月が殺害された為、戸村は女に事後処理の説明をした。

女は自分一人では手に負えないと述べ、自分の兄と名乗る男(実はヒモ)に連絡した。

連絡を受けたヒモがやったきた。戸村は女と同じ説明を、ヒモにした。

 

ヒモは暫く考えた後、何を思ったのか、望月に死体をみせてくれと戸村に告げた。

戸村はたんなる素人の好奇心と思い、ヒモに死体を見せた。ヒモはしげしげ死体を見た後、何かを悟ったかのように、戸村に話し掛けた。

ヒモは昔軍隊では、衛生班で伍長を務めていた。その為、今回虫垂炎として手術した患者の切開部分を心得ていた。

 

今回の手術部分は、元来虫垂炎の切開場所とは異なっていた。ヒモは鋭く、その事を見破った。

戸村は折角目の上のたん瘤であった、望月を殺害したが、それが基で又新たな災いを招いてしまった。

 

一難去って、又一難。

今度は、女とヒモの二人である。戸村は自分の将来が、遠くにかすんでいくのを感じた。

 

追記

実際戦後のどさくさ紛れに、今回の作品の事例が多々起きたと云われている。ニセ医者の件もそうだが、主人公の名前が、軍隊時代は戸村重雄であったが、戦後は何故か大宮博に変わっている。

これも不思議な処。おそらく戦後、だれかの戸籍を拝借。ニセ医者に成りすます為、まんまと或る人物になり替わったのではないかと思われる。

 

これは清張の名作、『砂の器』でも使われたパターン。

砂の器では、親にハンセン病をもつ子供が、過去を隠す為、戦後他人に成りすます。

他人に成りすました後、音楽家として名声を得る。名声を得た後、自分の過去をしる人物が目の前に現れ、自分の過去を隠す為、犯罪を犯す物語。

或る意味、今回も同じパターンではないかと思われた。

 

昔の軍隊によくある悪習とも云うべきものが、新兵虐め。しばし軍隊では、制裁との名目で、理不尽な鉄拳が加えられていた。

おそらく今回の戸村重雄も軍隊時代、こっぴどく望月元軍曹にいびられたいたと想像される。ある種のトラウマとでもいうのであろうか。これは日本特有の悪習と云える。

 

何も軍隊に限らず、会社でも同じ新しく入社した人間は、初めは理不尽な扱いを受ける。理不尽な扱いをする上司の言い分は、必ず嘗て自分も同じ目に逢わされた為と言い訳する。

学生時代の部活動でも同じ。学年が一つでも違えば、先輩の命令は絶対服従。逆らう事は赦されない。そんな歪んだ状態が、日本社会には往々にして存在する。

 

今回の作品も、何か理不尽な服従関係を戦後もひきずっていたと思われる。

尤も、大宮博(戸村重雄)は確かに優秀な外科医だったが、無免許の医師であった為、災いの端を発しているのだが。

 

(文中敬称略)