精神的幸福と物質的幸福、あなたは何方が満足? 芥川龍之介『運』

★芥川龍之介短編小説シリーズ

・題名     『運』

・新潮社    新潮文庫  

・発行     昭和43年7月

・発表     大正6年 1月 『文章世界』

・原作     今昔物語及び、宇治拾遺物語

 

登場人物

◆若侍

作品中で登場する侍。時は平安時代と思われる。若侍と表記されているのみで、おそらく身分の低い侍と思われる。名前すら表記されていない。

作品中では老人の陶器師と会話するが、会話する陶器師にも名がない。それ程二人は、ありふれた人物であり、然したり興味もわかない、ごく平凡な人物として登場している。

 

◆陶器師

若侍と会話する、陶器師の老人。前述したが、名もないほどありふれた人物と思われる。若侍に人間の運について話合う。

 

◆績麻の(うみお)店の女

若かりし頃、器量善しで知られていた。或る時、願掛けに清水寺にお籠りをした満願の夜、観音様のお告げを聞く。

女はお告げに従い男と契りを結ぶが、相手の男はなんと、盗賊(物盗り)だった。その事を知るや否や、女は男の許を脱げ出す。逃げ出した後の、女の運とは。

 

※績麻(うみお)とは、細く裂いて糸として縒(よ)った麻糸の事。

 

◆物盗りの男

京を荒らしまわる盗賊。満願明けの帰宅中の娘を襲い、手籠めにする。手籠めにした後、自分の塒に娘を連れていき、無理やり夫婦を契りを結ばせる。

 

◆老婆の尼法師

物盗りの塒にいた老婆。おそらく物盗りに拉致され、男の世話をさせられていたと思われる。手籠めにされた娘に逃げられないようにするも、女に逃げられ、挙句に絶命する。

 

あらすじ

梲の上がらない若侍が、清水寺へと繋がる往来をなんとはなしに眺めている。往来に面した陶器師の家に屯していた若侍は、退屈で思わず家の主に話しかけた。

 

家の主は聊か迷惑そうであったが、若侍に話し掛けに応じた。若侍はあまりにも清水寺の観音様に願掛けに行く人間が多い為、陶器師に人間の運について質問した。運と云うものは、本当に存在するのだろうかと。

 

陶器師は仕事中で迷惑そうだったが、仕事が一段落した折、昔見聞きした績麻(うみお)売りの女の話をした。

陶器師の話は、30、40年前の績麻売りの女の過去だった。

 

陶器師によれば、績麻売りの女は若かりし頃、それは器量善で有名だったらしい。その女が善い運が授かるように、清水寺の観音様に願掛けをした。

37日の御籠りをした満願の夜、女はうとうとしている際、観音様からのお告げを聞いた。

 

今日ここから帰る際、そなたに言い寄る男がいる。その男と夫婦になれとのお告げだった。

 

女は有難いお告げと思い、不思議に思いながらも帰宅した。

やがてお告げ通りに男が現れた。男は無理やり女を八坂寺の塔に引きずり込み、女を手籠めにした。

手籠めにした後、男は此れも何かの縁と思い、女に夫婦の契りを申し出た。女も観音様のお告げと思い、渋々了承した。

 

女は夫婦になった暁に、男から綾十疋、絹十疋を貰い受けた。男は女に授け物をすると、外出した。

男が外出した際、女は男の塒を探索した。

すると男の塒からは、数々の財宝が保管されていた。その財宝をみた女は、男はきっと物盗りに違いないと睨み、其の場を逃げようとした。

女が逃げようとすると其処には今迄気づかなかったが、なにやら年老いた尼法師がいた。尼法師はどうやら、男の世話をしていたらしい。

 

老婆はのらりくらりと娘の話をはぐらかし、時間を稼ごうとする。しかし歳のせいか、やがて船を漕ぎ始めた。

女はしめたと思い逃げ出そうとするが、咄嗟に男から貰った反物が惜しくなり、取りに戻った。

戻った拍子に何かに躓き、物音で老婆が起きた。

老婆は女を逃がすまいと、必死に女に縋りつく。女は逃げだそうと思い、必死の老婆を振り払う。

両者格闘となるが、流石に若さには勝てず、老婆は女が投げつけた砂金袋を頭からかぶり、その場に蹲り絶命した。

 

女は男から貰った反物を抱え、知人の家に隠れた。隠れた家から夫婦の契りを交わした男が、数人に役人(放免)に囲まれ、連行されているのが見えた。

その男の姿をみた女は思わず、自分の身の憐れさを嘆いた。

しかし女は男から貰った反物を売り、そのお金を元手にして商売を始めた。そしてなんとか今日に至った。

 

若侍曰く、「人を殺めて、物盗りの女房になっても、する気はなかったから仕方がないと」。

更に男から貰った反物がお金になったのだから、女はしあわせだと呟く。

一方陶器師の老人は、歳をとったのか既に物欲はなく、「私は、そんな運などまっぴら」だと若侍に呟く。

 

果たして一体、何方が幸せなのだろうか。

 

要点

作品の内容は、物質的なものを得る事が幸福と感じるか、精神的安らぎを幸福と考えるかの違いを述べている。

当然歳の若い侍は、物質的なものを得る事で幸福を感じる。一方年を召した陶器師は、既に物質的欲求は消え失せ、精神的満足感を幸福と感じる。

 

文中にて陶器師が若侍に語る場面がある。引用すれば

 

神仏の御考えなどと申すものは、貴方がた位の御年では、中々わからないものでございますよ

 

※芥川龍之介『運』 引用

 

とはっきり表記されている。若侍は陶器師の述べた言葉の真意が分からず、更に陶器師に質問する。陶器師は再び若侍に次のように述べる。

 

いやさ、神仏が運をお授けになる、ならないと云う事じゃございません。そのお授けになる運も善し悪しと云う事が

 

※芥川龍之介『運』 引用

 

と若侍に返答している。

 

此れが今回の重要なキーワードであり、作品の要点と云える。登場する績麻の店の女の過去の話は、具体的例を述べたに過ぎない。

歳をとった績麻の店の女に現在の心境を改めて聞けば、果たしてどのような答えが帰ってくるであろうか。

もし聞けたならば、その返答も興味深いものとなろう。

 

因みに績麻の店の女も若かりし頃、物盗りに無理やり手籠めにされ、男の塒に連れていかれた後、一度は観音様のお告げと思い、物盗りのと契りを結んだ。

契りを結んだ後、男から綾十疋、絹十疋を貰い受けた。

 

※疋とは、織物の単位。二反を一続きとしたもの。一反とは、は幅約37センチ、長さ約12メートル50センチくらいが目安。

因って二反とは、×2にて計算すれば、幅約37センチ、長さ約25メートル40センチとなる。

 

文中では十疋とある為、更にそれに×10となる。まさに途方もない長さとなる。

女は逃げ出す際、一体どうやって男の塒から持ち去ったのかは、聊か疑問。文中では、女は小脇に抱えてと書かれてある。

兎に角、女の持ち去った反物は、莫大な値段と思われる。

 

女は男の許を逃げ出す際、成り行きではあるが、男の塒にいた老婆の尼法師を殺害している。殺害した後、知人宅で身を潜めている際、手籠めにされた物盗りの男が放免に逮捕され、連行されているのを目撃している。

女は確かに途方もない財産を手にいれたが、過失ではあるが尼法師を殺害。契りを交わした男は、役人に捕らえられてしまった。

 

果たしてどちらが幸せだったのかは、決して分からない。当時女は自分の身が憐れに思い、泣き出したと書かれてある。

若かりし時、操の問題があったに違いない。しかし歳を取った現在の女は、今にして思えば果たしてどちらが幸福だと答えるであろうか。それを考えるもの又、興味が尽きないかもしれない。

 

皆様はどうお考えであろうか? 決して正解はないと思う。答えは人それぞれな為。

それが世の中と云うものかもしれない。

 

追記

作品中にて登場する老婆の尼法師は、どのような経緯で物盗りの塒に居ついたのか。

おそらく物盗りがむりやり拉致してきたのではないかと思われる。尼法師は男が連れてきた女に逃げられまいと、女に他愛もない事を話しかけ、時間稼ぎをしている。

やがてうつらうつらし始めた時、女は逃げ出そうとする。逃げ出そうとするが、女は男から貰った反物が惜しくなり、取りに帰る。

取りに戻った拍子に何か躓き、その物音で尼法師を起こしてしまう。

 

尼法師は女に逃げられては困ると、必死に逃げようとする女しがみつく。女は逃げ出そうと必死で、尼法師と格闘となる。

格闘の末、女は辺りにあった砂金袋を投げつけ、老婆を死に至らしめる。

 

老婆の運命や、憐れなり。観音様は老婆には、運を授けなかったと見える。

一方逃げ出した女は精神と操を犠牲にしたが、大金を手にいれる事が出来た。

 

(文中敬称略)