税金を喰いモノにする地方行政 松本清張『紙の牙』

★松本清張 短編小説シリーズ

 

・題名     『紙の牙』

・双葉社    双葉文庫  

・発行     2016年12月  松本清張ジャンル別作品集『社会派ミステリー』内

 

登場人物

◆菅沢圭太郎

地方のR市の市役所厚生課に勤める。役職は課長。

或る日、菅沢は愛人昌子と供に、関東近郊の温泉街に投宿する。

ふとした不注意で、愛人と一緒にいる処を、R市の明友(市政)新聞記者、高桑久雄に目撃される。

 

其の後菅沢は、高桑の紹介でやってきた梟印株式会社の小林に便宜を図る。

便宜を図った理由は、やはり高桑に弱味を握られた為。

 

秋頃、同じ市政新聞の記者の梨木宗介に、便宜を図った事実を嗅ぎつけられる。

菅沢は梨木に脅迫され、金品を強請(ゆす)られる。

 

梨木の要求は更にエスカレート。菅沢は、にっちもさっちもいかなくなる。

進退窮まった菅沢は或る行動をとり、自らの失敗に決着をつける。

 

◆昌子

菅沢課長の愛人、バーに勤める女給。或る日、菅沢と関東近郊の温泉に投宿する。

投宿先でR市、明友新聞記者の高桑久雄に出くわす。

 

◆高畠久雄

R市、明友新聞(市政新聞)の記者。

市政新聞とは名ばかりで、或る事、無い事、ゴシップを書きたて、市から広告料・協賛費の名目で金を踏んだくるのが目的の媒体。

 

関東郊外の温泉街でR市厚生課課長、菅沢圭太郎が愛人を引き連れ、投宿しているのを目撃する。

強請りのネタとして、菅沢課長にいろいろ付け入ろうと企む。

 

◆小林智平

梟印殺虫剤株式会社の常務。明友新聞高桑の口利きで自社製品をR市に売りつける為、菅沢厚生課長を訪れる。

品質はあまり良いシロモノではなかったが、菅沢課長が高桑に弱味を握られたのを盾に、R市に対し、まんまと自社製品の殺虫剤の売り込みに成功する。

 

◆梨木宗介

R市、報政新報(市政新聞)の記者。明友新聞と同じく或る事、無い事、ゴシップを書きたて、市から広告料・協賛費の名目で金を踏んだくるのが目的の媒体。

 

或る日、菅沢厚生課長が明友新聞の高桑に弱味を握られ、便宜を図った事実を嗅ぎつける。

それをネタに菅沢課長を強請り始める。

 

さんざん菅沢を強請った挙句、菅沢からもう金がとれないと分かると、今迄の菅沢の行為を報政新聞に書き立て、世間に暴露する。

 

◆大沢充輔

R市、報政新報の社長。市政新聞を営む傍ら、次期市議会選挙での出馬を狙う。

 

◆江藤良吉

R市の市議会議員。R市に苛性ソーダ工場の誘致に躍起になる。

工場建設の為、海が汚染されると大沢の報政新聞に叩かれる。

 

しかし実は陰では、大沢と手を組み一儲けを企んでいた。

二人は反対運動を利用した、互恵関係だった。

 

◆田口幸夫

R市役所厚生課の係長。菅沢の部下に当たる。

入社の僅かな違いで菅沢より下の地位に甘んじているのが、お面白くない。

何時かにつけ菅沢を蹴落とそうと、虎視眈々と狙っている。

 

あらすじ

菅沢圭太郎は地方R市、市役所厚生課に勤める課長。

菅沢は或る日、関東近郊の温泉街に愛人昌子を伴い、宿泊した。

菅沢は昌子との関係が発覚するのをおそれ、常に注意を怠らなかった。

 

しかし今回は地元でない事、温泉街の解放感で、不覚にも昌子と一緒に宿着のまま外出した。

菅沢は不運にも昌子と一緒にいる処を、R市の市政新聞の記者(高桑)に目撃された。

菅沢は高桑に目撃されたのが気懸かりだった。

 

菅沢が戦々恐々とした日々を送っていたが、ついにその日がやってきた。

梟印株式会社という害虫駆除の小林という人物が、高桑の紹介という名目で菅沢を訪ねてきた。

 

市は毎年、害虫駆除の為、各所帯に殺虫剤を頒布していた。

小林の目的は、市役所が市民に配る殺虫剤の納入に食い込む事。

小林は高桑の口利きで、菅沢を訪ねて来た。

 

つまり菅沢は高桑に弱味を握られた為、無下に高桑の口利きを断れないとの算段。

小林は高桑と結託して、市に自社製品を購入して貰うが目的だった。

 

市が梟印株式会社の製品を買い上げた際、口利き料のリベートが梟印株式会社から高桑に支払われるのは、明白だった。

菅沢は製品の質が良くないと知り乍、独断で市の税金を使い、梟印の製品を購入した。

あまり効き目がないのを誤魔化す為、菅沢は梟印の殺虫剤を市中ではなく、郊外に頒布されるように細工も施した。

 

夏が過ぎた秋頃、菅沢は高桑と同じ市政新聞記者の梨木宗介に声を掛けられた。

梨本が話があると言う為、菅沢はしぶしぶ喫茶店にいった。

 

喫茶店には、梨木が勤める市政新聞社の社長、大沢充輔がいた。

どうやら大沢と梨木は、菅沢が同じ市政新聞の高桑に弱味を握られ、便宜を図った事実を嗅ぎつけた模様。

 

それからは菅沢の地獄の始まり。梨木は菅沢に金品を要求した。

所謂、強請りである。

 

菅沢は仕方なく、梨本の強請りに応じてしまう。

梨木の要求は徐々にエスカレート。

菅沢は借金した挙句、これ以上梨木の要求に応じる事ができず、遂に梨木の要求を突っぱねた。

 

梨木はさんざん菅沢から金を踏んだ食った末、今迄の菅沢の洗いざらいの不正行為を市政新聞に書き連ね、世間に暴露した。

梨木は「社会正義」の名目で、菅沢を叩いた。

 

市政新聞に叩かれた菅沢は進退窮まり、他所の寂しげな場所で自殺する。

菅沢の自殺後、梨木はやり過ぎた行為を社長の大沢に叱責される。

しかし梨木は反省する処か、逆に社長の大沢を脅迫した。

 

大沢は苛性ソーダー工場誘致の件を新聞で叩く振りをして、地元漁民の反対運動を煽り、陰では工場誘致の手引きした市会議員(江藤良吉)と結託していた。

工場を設立する企業から、賄賂までを取っていた。

その事実を部下の梨本に尻尾をつかまれ、逆に脅された。

 

地方政治の曖昧さ、更に地元役人と政治家が結託。

公金である税金を喰いモノにする典型的な例。

 

因みに菅沢課長の汚職を市政新聞に垂れ込んだのは、同じ厚生課に勤める田口係長だった。

田口は菅沢の僅かばかり後に入社した為、位が菅沼より下だった。

それを嫉妬して、田口は梨木と手を組み、菅沼失脚を企んだ。

人間とは何と、浅ましい生き物であろうか。

 

要点

作品は地方政治が舞台だが、実は地方も中央も左程変わりはない。規模が違うのみ。

松本清張は地方行政を利用した、公金の私的利用の杜撰さを小説で描いている。

地方行政の矛盾に加え、市民正義を名乗りながら、実は集り屋(たかりや)的存在の市民新聞の在り方に鋭くメスを入れている。

 

市民新聞の実体は、たいがい「強請か、集り」(ゆすりか、たかり)。

市民行政の在り方に難癖をつけ、広告料・協賛金という名目の下、市役所の各課に買い取りを要求する。紙の暴力とも云える。

 

市役所各課が市政新聞を買い取る金は勿論、市民の税金(血税)。

賄賂を贈る企業と、何ら変わりはない。

贈収賄は互いが受益者であり、敢えて言えば被害者は市民と云える。

 

市民新聞は市民の味方を標榜し乍ら、実は「自分たちの私利私欲為」に行動しているに過ぎない。

本当に市民の為であれば、見返りを考えず手弁当でやるのが筋というもの。

 

結局、市民新聞の類も紙の暴力で「税金に群がる蟻」に過ぎない。

つまり、同じ穴の貉。

 

清張の言葉を借りれば、

 

土地に周旋や物品の納入に口をきいてサヤや報酬を取るのである

 

※松本清張 『紙の牙』引用

 

菅沢厚生課長の弱味を握り、利用した高桑久雄、梨木宗介も同じ輩。

梨木に至っては、高桑と菅沢課長の癒着を嗅ぎつけ、菅沢に対し強請りまで働いている。

 

梨木の要求は、徐々にエスカレート。菅沢は梨木の要求に耐え切れなくなり、借金の末、自殺。

菅沢は最後に、梨木の要求を拒否。

梨木はさんざん菅沢から金を巻き上げた挙句、最後には今迄の経緯を市政新聞に書き立て、世間に暴露した。

結果、菅沢は精神状態がおかしくなり、それを苦に自殺を図る。

 

菅沢の汚職を梨木に告げたのはおそらく、菅沢の部下である田口係長と思われる。

田口は人事面で不満があった。その為、菅沢を追い落とす良い機会として、菅沢の汚職を梨木に暴露した。

 

あまりやり過ぎた梨本は社長の大沢に嗜められるが、少しも詫び入れる様子もなく、逆に大沢を脅迫した。

梨木が大沢を脅迫するネタは、大沢が工場誘致の企業から賄賂をもらった事。

 

大沢は工場ができる事で、地元漁民の生活が脅かされると自社の市政新聞に書き立て、誘致の反対運動を煽った。

しかし大沢の本当の狙いは、「金」。

反対運動を煽り、誘致に積極的な市の議員(江藤良吉)と供に、企業側から接待・賄賂を受け取るのが目的だった。

 

つまり記事は反対運動を利用した、完全な出来レース。

反対運動による、土地の値上がりと賄賂が目的だった。

大沢は時期市議会選挙で出馬を予定、市議の椅子を狙っていた。

 

大沢はその事実を梨木に突かれ、反対に脅された。

なんともまぁ、狐と狸の化かし合いとでも云うのだろうか。おそろしい世界である。

 

因みに梨木は、菅沢課長が便宜を図った梟印会社の小林の許を訪れ、菅沢課長から便宜を図ってもらったネタを盾に、小林からも金を強請っている。

 

前述したが、此れは何も地方に限った事ではなく、中央でも同じ。

地方があまりにも露骨なだけ。

 

皆さんが住む自治体でも、こんな話がチラホラ聞かれるのではないだろうか。

毎日、新聞・TV・ネットニュース等に目を通せば、必ず一つや二つ目にする。

 

※ブログを書いていた時、ふるさと納税に纏わる贈収賄容疑で、或る地方の町役場の課長補佐と業者が逮捕されていた。

 

逆にあまりも当たり前すぎて、ニュースにならないこともある。

それ程、感覚が麻痺しているのであろう。

 

今回は市政新聞についての悪事だが、田舎に行けば行くほど、人間関係(縁故・コネ)がモノをいう「村社会」。

そんな社会では有力人物の匙加減ひとつで、物事が決まる事が多い。

 

何気に注意深く見れば、誰が地元の有力者で、不思議とその人の意向で物事(市政・町政)が決まる事が多い。

人間関係がそのまま、地元選挙に繋がっている。

 

その繋がりは、地元市町村などの職員採用にも影響している。

決して表立っては云わないが、殆どは暗黙の了解。

※地元の教育委員会、農政委員、漁協委員、土地開発・調整委員なども皆同じ。所詮、有力者の意向(コネ)で選出される。

 

何年もすれば、そんな人間達の「強固なコミュニティ」が完成する。

自ずと、合法的に税金を喰いモノにするシステムが出来上がる。

 

その枠から外れた人間は、一生冷や飯をくう。此れは、何処の地方も同じ。

それ故、コミュニティの枠から外れた人間は、チャンスを求め、大都市に移住する。

 

今日「地方創生」と云われ、地方再興が必死に行われているようにみえるが、なかなかうまくいかない。

上手くいかない原因は、此処等にもあるのではないかと思われる。

 

話がズレたが、私が以前住んでいた地域を思い出せば、似たような現象が存在する。

偶に冠婚葬祭で地元の田舎に戻った際、如実に感じる。

 

今回は地方行政と市民新聞の在り方でしたが、皆さんのお住まいの自治体にも手を変え品を変え、各方面で似たような例があるのではないでしょうか。

皆様、くれぐれもご注意を。

 

今回の作品は以前紹介した清張作品『弱味』と同じパターン。宜しければ、参考にされて下さい。

※参考:巧妙に絡めとられる役人 松本清張作『弱味』

 

追記

4月1日、時の政権が突如、新型コロナウイルス対策の一環として一世帯に対し、2枚のマスクを配布するとの発表がありました。

 

実際配布が始まったのは4月14日からですが、全国の妊婦に配布を始めた布マスクの一部に、汚れなどの不良品があったと報道されました。

17日時点で、80市町村から1901件報告があったとの事。

厚労省は市町村に対し、不良品を配布しないよう求めるとともに、新品と交換すると発表。

 

この報道をみる限り、何か不吉な予感を感じた。

つまり政府は製造メーカーを公表しないとの発表だが、何かメーカー側の長期ストック分を、そのまま配布したのではないかとの疑念が拭いきれない。

 

今回の対象を殺虫剤からマスクに当て嵌めてみれば、そのまま小説を同じシナリオになると感じたのは、私だけだろうか。

 

時の(安倍)政権が、経済対策として国民に現金支給をする話が浮上した時、大昔失敗した地域振興券のような「商品券、旅行券、和牛券、魚券で配ってみてはどうか」との議論が沸き起こった。

 

私は話を聞いた時、あまりにも現実からかけ離れ、呆れる処か、笑い出してしまった。

生活に困窮している人間に一番効果があるは、現金支給。

 

商品券を配るという発想が、如何に利益を被る団体とズブズブの関係だという事が分かる事象。

何処を向いて政治がなされているのか、あまりにも露骨で分かり易い例。

 

更に4月19日の現段階で、初めは一律支給であったのが、次は世帯毎の制限ありの支給。

すったもんだの末、元の一律支給に決まった。

 

その間、金額も色々変更され、当初は早急にとの事だったが、この分では支給は、大型連休を過ぎた6月頃になるのではないかと予測される。

一連の動きをみれば、政府は財界は助けるが、国民一人一人には毛頭お金を配りたくないのがミエミエ。

 

追加で経済同友会のトップから、「一律現金支給は電子マネーで配ってはどうか」との発言もなされた。

如何に政府と癒着しているのか、分かり易い発言。

流石に此の発言がされた後、国民世論から非難が殺到。火消しの為、慌てて訂正がされた経緯。

 

此の流れをみても、昔から政府と財界、税金の遣われた方は何も変わっていないのが分かる。

今後の動向が気になるが、何か同じ構造が浮かび上がってくるような予感。

 

余談ですが、総理が4月1日に突如マスクを配布すると発表した時、日にちが日にちだけに、私はエイプリルフール(4月バカ)の余興かと思いました。

果たして皆様は、如何に感じられたでしょうか?

 

・4月24日付報道にて

厚生労働省は、布マスクを納入した某企業(敢えて名前は伏せます)が未配布分を全て回収すると発表したことに関し、全戸に配布するマスクを回収対象とすると明らかにした。

ますます胡散臭さが増したのは、私だけでしょうか。

因みに郵送にて配布する際、政府が日本郵政に郵送料を払います。

 

日本郵政の大株主と云えば、もうお分かりですね。

日本郵政は一応民営化されていますが、日本郵政の大株主は勿論、日本政府。

つまり身内でお金を循環しているだけ。

 

財務省の財務大臣が、日本郵政の株を56.88保有しています(令和2年4月24日現在)。

つまり財務省が自分たちで金を引き出し、自分達が受け取るという仕組み。

 

令和2年5月15日の段階で、まだマスクが届いてません。

既に市中では、ほぼ適正価格でマスクが出回り始めています。

 

届かなければ問題ですが、譬え届いても既に遅きに期した感があります。

近年稀にみる失政の一つと云えるのではないでしょうか。

 

何やら去年の暮、忘れかけていた頃届いた、失業保険の追加支給の申請書の件を思い出した。

その時の全く同じ構造と云える。もし宜しければ、リンクを貼って於きますので、ご覧下さい。

※参考:忘れた頃、届いた一通の封書

 

6月12日の内閣官房長官の発表にて、来週中にも「アベマスク」の配布が完了するとの事。

もう既にタイミングを逸したとも思われる贈り物。

 

皮肉な事に発表された翌日の6月13日、我が家にも「アベマスク」なるものが届きました。

届いた時期もさる事ながら、届いた現物をみて更に腹が立ったのは、私だけでしょうか。

まさに、間の抜けたビールと同じ。

 

(文中敬称略)