久し振りに本屋に立ち寄り、気付いた事

連休中、本屋にて

大型連休中、予定がない休みの日、久し振りに本屋に行きました。久ぶりにと云書いたのは、気付けば何時からであろうか。此処しばらく本屋にいかなくなったのは。

おそらく半年はいっていないだろうか。それ程、久し振りに感じられた。何故だろうか。昔ほど行かなくなった理由は。

結論から述べるが、やはりネットの登場、普及を遂げたからではないであろうか。

 

漠然に述べるが、ネットが私達の家庭に定着したのは2000年前後であろうか。当時を振り返れば、「IT革命」、「ITバブル」と言われるものが叫ばれていた。

丁度その頃、一般家庭にネットが普及し始めた。

2005年頃には、全世帯の半数以上の家庭でネット利用者がいたのではないかと思う。

2014年総務省調査
2014年総務省調査では、普及率 約82.8%

 

私は2002年、自宅にネット環境を整え、利用している。既に17年以上経過している。おそらくこの頃からではないかと思う。この時期を境に、本屋にいく回数が減ったと思われる。

 

考えれば、当然かもしれない。私を含め皆さんが本屋に行く時とは、一体、どの様な時であるかを考えれば。大概調べ物、新しい知識を得る為、好奇心、雑誌、週刊誌、漫画などの新作が発売された時ではなかろうか。

つまりネットの普及により、一般家庭にて瞬時に欲しい情報が手に入る時代になったのである。

今流行りの電子書籍等を思い浮かべてみれば、納得がいくと思う。

官報、法律、地図等の調べものは、以前では図書館に行かなければならなかったが、今ではネットを使えば、効率的に自宅にて瞬時に調べる事が可能。(官公庁HP、Google、ヤフー等)

 


ネット検索の利便性

私は以前、旅行業界に携わっていた時期がありました。旅行関係の調べ物は、たいがい時刻表等で調べました。時刻表の見方にもコツがあり、見慣れていなければ、なかなか扱い難い代物でした。

今では、ボタン、クリック一つで瞬時に調べる事ができます。

 

私が業界を辞める寸前、このシステムが登場しました。私は利用した瞬間、今後時刻表は、持ち歩かなくても良いと直感しました。

仕事がし易くなったと同時に、旅行業界の人間でなくとも、手軽に旅行に関する調べものが出来る時代になりました。

 

更に言えば、利便性が拡大。他社との料金比較が容易にでき、より自分の好みで予算に合った商品を選び易くなったとも言えるでしょう。

 

本屋と同様、旅行会社も以前に比べ、かなり役目が減ったと思います。少なくとも対面販売分野では。

昔は対面販売は、配置される職員の勘・経験がモノを言った時代でした。

今後対面型ビジネスは、厳しいかもしれません。(対面型証券会社なども。現在ではネット証券が主流)

この現象は何も本屋・旅行業界に限らず、他の産業にも言えるでしょう。

ネットの出現で、あらゆる分野に影響を及ぼしたのは間違いないと思います。(音楽業界、銀行業、小売業、特に家電など)

 

話を戻しますが、本屋は少子化、人口減少等の影響もあり、今後ますます厳しいと予測されます。

近年出版不況が囁かれ、出版会社・取次店が相次いで潰れているのも決して無関係とは言えないと思います。

私が在住する地方都市も、気付けば本屋の数が、年々減っているのが分かります。

大都会ならまだ存続可能でしょうが、人口減少化が進む地方の場合、かなり経営が厳しいと思います。無くなりはしないが、今後売上アップは難しいと思われます。

 


昔は存在したが、いつの間にかなくなったもの

本屋と同じで子供の頃、近所によくあったが、いつの間にかなりつつあるもの。

それは個人経営の薬局、写真現像屋、そして本屋かもしれません。技術革新・産業構造の変化も影響しているかもしれませんが。(ドラックストア、デジカメなど)

嘗ての駄菓子屋も、コンビニの出現で淘汰されたと言えるでしょう。同じかもしれません。しかしコンビニ業界も、いま曲がり角に来ている状況。

 

ネット普及と同じくして、中古本屋・リサイクル(ブックオフ、ツタヤ、ゲオ等)が登場したのも事実。一時期出版業界から、やり玉に挙げられてましたが、決して中古本屋だけの影響でないと思います。

出版業界があまりにも意味のない本を、乱発していた所為もあるかもしれません。

時たま昔買った本を見返した際、何故その本を購入したのか意味が分からず、処分した本もありました。過去の僅かな期間、出版業に携わった事もありますので、多少の事情は理解できます。

 

後はスマホの出現でしょうか。嘗て子供の娯楽だった漫画・ゲームなどが、スマホにとって代わられたとも言えるでしょう。今ではスマホでもゲームができますので。

子供の小遣いの使い道がネット通信費、課金に移行したとも言えるでしょう。

嘗て出版社、書店の稼ぎ頭であった週刊誌漫画、コミックの落ち込みが激しいのも頷けます。このような処にも、影響が出ていると言えるでしょう。

上記の事を考えれば、今後本屋の存続は益々、難しくなると思います。益々減る可能性があるでしょう。

 

昔は本屋に立ち寄り、たまたま自分の贔屓作家の新作が出ていた時など、何も考えず無条件に購入したものです。

今では贔屓作家の新刊発売日を確認し、発売直後に購入しに行くだけでしょうか。ネットであれば、オンラインで購入、自宅配達も可能。

更に立ち寄りた際、様々な本を眺め、たまたま目に留まった本を衝動買いしたものですが、今ではめっきり減りました。

前述の中古本屋も、時間があれば立ち寄り、掘り出し物等があれば購入しましたが、今では殆ど行く事が減りました。

歳をとり億劫になったり、時間の大切さを知るにつれ、行かなくなったのもあります。

 


嘗ての大衆娯楽の現状

ブログを書く中に思い出しましたが、他にも昔は行っていたが、今は行かなくなったものが多々あります。

思い出したものを挙げれば演劇、芝居、映画等。

昔は大衆娯楽の代表でしたが、先ずTVの出現で徐々に観客が減り、更にビデオの出現で、映画産業は益々縮小に拍車がかったと思います。

 

今ではTVはネットの出現で、押されつつある状態。進歩する過程で共通する特徴は、

「手軽に、どこでも、何時でも見れる(調べられる)」

なのかもしれません。

「時間・労力・お金」の短縮と云っても過言でないでしょう。

ネットがそれを可能にしたと言えます。技術が発達するにつれ出版業界は益々縮小し、今後本屋は原本の保管庫(アーカイブ)的存在となるかもしれません。

 

将来的に作家が物を書き、読者に直接販売する形式が主流になるかもしれません。現に今でもそうなりつつあります。(メルマガ、ネット小説等)

ブログ、ツイッター、HP等もその一部と言えるかもしれません。そうなれば本屋は縮小こそすれ、今後拡大するのは難しいかもしれません。

 

そして物書きは、何時・何処・誰でも直に(ネットに)参入が可能。過去の出版システムの如く、先ず出版社に認められ、それからメジャーデビューすると言う過程がなくなるかもしれません。

何れにしてもネットの出現で、今迄のビジネスモデルが崩れ始め、既存システムに依存していた産業は、淘汰されされるでしょう。