生気を感じさせない主婦が、一瞬輝きを取り戻した瞬間。松本清張『張込み』

★松本清張 短編小説シリーズ

 

・題名    『張込み』 

・新潮社   新潮文庫 

・発行    昭和40年12月

 

登場人物

 

◆柚木刑事

警視庁捜査一課に勤務の刑事。強盗殺人犯、石井久一を追い、九州に赴く。

石井の元恋人で今は他家の後妻の家を張込む。さだ子は単調な毎日に繰り返して、石井は来ないかと思われた。

 

◆下岡刑事

柚木刑事と同じく、警視庁捜査一課に勤務。石井を追って小郡近くの石井の実家に赴く。

 

◆石井久一

一旗揚げる為、山口県から上京するが失業。日雇い人夫、売血、土工、挙句に胸を病んでしまう。絶望の果て強盗殺人を犯し、逃亡する。

 

◆横川さだ子

石井久一の旧恋人。石井が上京後、縁談を承諾。後妻として九州に嫁ぐ。石井と別れ3年経ち、既に縁が切れていると思われた。

 

作品概要

 

東京目黒で強盗殺人が発生。手掛かりなしで捜査は難航すると思われた。しかし偶然にも警察の職務質問(ばんかけ)で、一人の男が捕まった。

男は自分はサブ的役割で、主犯は同じ飯場にいた「石井久一」だと自供した。

 

石井久一の生まれは、山口県。3年前、夢を追い求め上京。

失職後、職を転々。日雇い、土工となり、最近では胸を患っていた。

犯行も荒っぽく、何か自暴自棄な処があった。

捕まった男の話では、石井は最近、女の夢を見ると言っていた。恋人だったが、今は他家の後妻に嫁ぎ、九州にいると呟いていた。

 

捜査会議では意見が分かれた。

既に他の女房になっている女に未練があり、会いに行くであろうかと。

絶望的になった男だからこそ、昔の女に会いにいくであろうとの二つの意見に。

 

捜査一課の柚木刑事は、石井が女に会いにくる方に賭けた。捜査課長から支持を得、下岡刑事は石井の故郷、柚木刑事は石井の嘗ての恋人のいる九州の某市に出張した。

 

石井の3年前の恋人は、今は「横川さだ子」となっている。夫は、横川仙太郎。隆一、君子、貞次の3人の子供は、前妻が生んだ子。

さだ子は既に、3人の子持ちとなっていた。

さだ子は27~28歳ほど。夫仙太郎は48歳。子供の隆一は15~16歳、君子は12~13歳、貞次は6歳。

 

書いていて思うが、何故わざわざ3人の子持ちの、48歳の男と結婚したのか、不思議に思う。

 

柚木刑事は、さだ子の家が見える安旅館で、張込みを開始した。

 

・一日目、平凡な主婦が過ごす日常とで言おうか。若い割に何処か、生気がない。

・二日目、昨日と同様、時間通りに横山家の生活が流れていく。

・三日目、また同じ時間と生活が流れる。流石に3日目になり柚木刑事は、自分の推理が間違っていたのではないかと、不安と焦燥に駆られた。

・四日目、全く変わりなし。

・五日目、いつも通りの時間が過ぎていく。今日は珍しく客があった。しかし集金人か物売りの類と思われ た。

 

いつもの時間が過ぎようとしていた時、さだ子が出て来た。いつもの外出時間とは異なり、更に服装も若干違う。先程の訪問客が石井に違いない。

 

柚木刑事はすぐ追いつけるものと思っていたが、間違いだった。

女は割烹着を着ていたが、買い物に出かけたのではなかった。

 

柚木刑事は駅に向かった。真近に出た電車はなく、さだ子はバスで移動していた。

さだ子は石井とバスに乗り、温泉地に向かった。昔の恋人に久し振りにあい、のんびりしたいと言う処だろうか。

同時に柚木刑事は石井がさだ子を巻き込み、心中するのではないかと恐れた。

 

二人を追跡している時、柚木刑事は今まで見て来たさだ子とは、全く別人のさだ子を見た。

後妻として20歳も年上、継子が3人の家で生気なく、疲れ果てた人間の顔ではなく、溌剌とした女の顔であった。

さだ子の何処にそんな力が潜んでいたのかと、柚木刑事が驚く程に。

 

二人は久し振りの再会を楽しみながら、温泉地の宿に入った。

柚木刑事は所轄の警察署の応援を待った。応援隊は間もなく到着した。二人は温泉に浸かっている様子。

 

石井は風呂から上がって来た。柚木刑事とすれ違った。すれ違い様に柚木刑事は「石井だな」と叫んだ。

石井は一瞬はっとしたが、直に観念した。石井は応援に来た刑事達に引き渡された。

 

柚木刑事は部屋で、さだ子を待った。風呂からさだ子が帰って来た。

さだ子は見知らぬ男が立っていて、一瞬部屋を間違えたとでも思ったらしい。

 

柚木刑事はさだ子に

「今すぐ此処を立ち去り、いつもの生活に戻る様」

と告げた。

 

さだ子は一瞬だけ、嘗て持っていた激しい情熱の火を燃やした。しかしそれは一瞬であり、また今夜からあの機械仕掛けの味気ない生活に戻らなければならなかった。

 

追記

 

「張込み」は僅か30ページ程の作品であるが、映画・TV作品などで何度も映像化されている。それだけ、奥が深く共感できるものがあるからだろう。

 

短編小説だが、時折読み返している。誰しもが、一度は輝いた時代を持ち合わせている。

張込みは読者の輝いていた時代の記憶を、一瞬であるが確実に思い出させてくれて、又懐かしさを感じさせてくれるからであろうか。

 

(文中敬称略)