人間一体、何が幸せなのか分からない 森鴎外『高瀬舟』

少子高齢化が進む今日の日本社会。今後必ず検討されるであろう、安楽死。

安楽死は、100年以上前から検討されていた問題。

 

タブーと言う事で、俎上にのらないだけだが、将来的に避けて通れない議論となろう。

更に深く読めば、決して安楽死だけではないと思える作品。

 

・題名   『高瀬舟』 

・森鴎外作 

(大正5年 1月発表)1916年作

 

登場人物

・喜助    :30歳ほどの罪人。

・喜助の弟  :喜助の弟。病気を患い、自殺を図る。

・羽田庄兵衛 :町奉行同心。高瀬舟の護送人

 

作品概要

高瀬舟とは、京都の高瀬川を行き来する舟の事。徳川治世では罪人を運ぶ際、使用した川。

京都の牢屋から罪人を浪速に移送する際、使われた。

京都奉行は高瀬舟に罪人を乗せて移送する際、与力の下で働く同心と言う役職の者が移送を担当した。

 

移送の際、これはお上も黙認であったが、罪人の最後の別れの為の親戚縁者をのせる事を許可していた。非公認の温情であろうか。

お役所仕事とは言え、高瀬舟は同心仲間には、あまり不人気な仕事だった。

現代でいえば、拘置・刑務所に面会に来た人間の、監視役とでも言おうか。

 

時代は寛政期、「喜助」という罪人が牢屋から高瀬舟に乗せられた。

高瀬舟担当の同心は、「羽田庄兵衛」。

 

庄兵衛は高瀬舟に喜助を乗せたが、喜助の挙動・雰囲気を通じ、何か今まで移送した罪人とは全く違う意識を感じた。

罪人と言うよりも、何か清々しさを感じた。

あまりの清々しさの為、庄兵衛は喜助に問うた。

 

「お前は今、弟殺しの罪状の為、遠島申し付けられたのだが、何故そんなに清々しい顔をしていられるのだ」と。

 

すると喜助は臆する事なく、答えた。

 

今まで生きて来た生活の方が地獄で、お上から二百文をタダでもらい、流刑地に行くことは、今までにない幸福だと答える。

 

庄兵衛が詳しく尋ねた処、喜助は幼い頃、流行り病で両親を失った。

残った兄(喜助)と弟(死亡)は町内の人間達から、捨て犬がその時々の憐みで施しを受け、生きている有様だったと述べた。

 

そんな状況で二人は助け合い乍、成人し、西陣織の職人として供に働いていた。

しかしある時、弟が病に伏せ寝込んでしまった。

 

兄喜助が帰宅した或る日、弟は血だらけで布団に伏せていた。

兄が弟に様子を聞けば、弟はどうせ治らない病気だと自覚。自分で刃物で自殺を図ったとの事。

しかし切り口は致命傷まで至らなかった。

 

兄は驚いて医者を呼びに行こうとするが、弟はそれを制し、早く苦痛から逃れたい為、助太刀して殺して欲しいと懇願。

兄も了承。手助けした時、たまたま近所の婆さんが入ってきて、その状況を見られた模様。

 

結局、弟は自殺を図ったが死にきれず、死にきれなかった処に、兄(喜助)がやってきて事情を説明。

両人の了解を得、兄の自殺幇助の末、弟は最終的に死に陥った状況。

弟の最後を偶々、普段介護していた婆さんに現場を見られたと言うのが、本音であろう。

 

弟は助からないと見込み、覚悟の上の自殺と言える。

言わば「安楽死」とも言える。

 

兄は弟が失敗した為、手助けをした。不運にも手助けを見られた為、殺人の罪に問われた。

庄兵衛は何か矛盾を感じた。

そして自分は役人勤めをし、罪人を裁く側にいるが一体罪人と、どれ程の違いがあろうか。

 

役人勤めの自分は月の手当を貰うが、一ヶ月後には殆ど手元に残らない。

罪人喜助は、罪を犯していない時、食うや食わずの毎日。

つまり、生き地獄のようなもの。

 

しかしお上から弟殺しの科で御用。遠島先での手間賃まで貰い、まだ手付かず。

本人は、今迄こんな大金を手にした事さえないと喜ぶ。

弟殺しの科も、弟が自殺を図ったが失敗。手助けをしたに過ぎない。

どちらが正義か、まるで分らない。

 

庄兵衛は喜助の話を聞き、自分の生活と喜助の生活を比べた。

果たして何方が精神的に幸せで、心が満たされているのか、判断し兼ねた。

 

一方は、罪人。もう片一方は、役人。

なんだか罪人の方が、心豊かに思える。庄兵衛は、何か心の何処かで矛盾を感じた。

 

追記

作者森鴎外は、明治時代の官僚組織の一員。嘗て陸軍軍医だった。その為官僚機構・階級の重さは、人一倍、理解していたと思われる。

だからこそ、作者は高瀬舟でお上の裁きを通し、お上の判断の矛盾を読者に投げかけたのではなかろうか。

 

因みに鴎外は軍医だった。つまり医者の立場から高瀬舟の作品の趣旨、「安楽死」にも深く関わる。

日本では現在、延命治療が施されているが、欧米では、安楽死は本人の選択肢の一つ。

既に法令化されている。

鴎外は維新当時、医学生としてドイツに留学している。その影響もあろう。

 

日本社会も将来的に安楽死が検討、法令化される事は避けられない。増え続ける医療費、年金などの諸問題を鑑みれば、将来的に間違いない。時代を先取りしたテーマとも言える。

 

(文中敬称略)

 

他の森鴎外作品

さり気ない一言で、お上から父の命を救った話 森鴎外『最後の一句』

見知らぬ物に対する盲目の尊敬と権威主義。森鴎外『寒山拾得』

現代社会でも然程変わらない話 森鴎外『山椒大夫』

お佐代さんの望みは 森鴎外『安井夫人』

美談なのか、それとも皮肉なのか 森鴎外『護持院原の敵討』

立身出世の為、愛しい人を捨てた話 森鴎外『舞姫』

嫉妬に駆られ、侍女を殺害した美人詩家 森鴎外『魚玄機』