分相応な妻を貰うのが幸せかもしれない 松本清張『礼遇の資格』

★松本清張短編小説シリーズ

 

・題名       『礼遇の資格』

・新潮社       新潮文庫

・昭和        昭和51年 5月 発行 【「巨人の磯」内】

・発表        小説新潮(1972年 2月号)

 

登場人物

◆原島栄四郎

大学卒業後、市中の一流銀行に勤める。バンカーとしての力量があり、出世する。出世はするが、元来の地味な性格と見栄えのしない風采の為、常に副頭取のままで退行する。

再就職先の国立の国際協力銀行でも、常にナンバー2のままだった。国際協力銀行の副頭取の時、原島は31歳下の日野敬子と再婚した。

後妻となった敬子が前妻とは何から何まで背反対だった。そんな敬子に惚れ再婚した原島だったが、徐々に敬子の放漫な生活と散財に嫌気をさし、終いには敬子の存在を疎ましく感じ始めていた。

 

敬子の存在を疎ましく感じ始めた矢先、原島は敬子の不貞行為の疑惑を抱き始めた。

原島の疑念が強まる中、疑惑は敬子の英語の個人教師のアメリカ人青年からの告白で、決定的となる。

 

◆原島(日野)敬子

原島栄四郎の後妻。原島とは31歳離れている。原島と結婚する前は、バーのマダムだった。マダムの頃、偶々連れと来店した原島に見初められ、後妻となる。

後妻となるも敬子は以前から関係があった小島と、相変わらず関係を続けていた。更に敬子は個人英語教師のハリソンとも関係をもっていた。

或る日、嫉妬に駆られたハリソンにより、夫の原島に小島と敬子との関係と逢引の場所を暴露される。

 

◆小島和雄

日野敬子が原島の後妻に収まる前から、不倫を続けていた相手。敬子がバーを開くときのスポンサーでもある人物。

敬子が原島栄四郎の後妻となっても、関係を続ける。或る時敬子との関係を、同じ不倫相手のハリソンによって原島栄四郎に暴露される。

 

◆ハリソン

妻敬子の個人英語教師。若いアメリカ青年で、週二日の二時間程、原島の自宅にて授業を行う。英語の個人レッスンであったが、実は妻敬子と不貞行為を続けていた。

或る日、嫉妬に駆られ敬子に自分以外にも不倫相手がいる事を、原島に打ち明ける。

 

 

あらすじ

原島栄四郎は大学卒業後、市中銀行に就職した。仕事のできる男であった為、行内では順調に出世した。

しかし原島は甚だ風采の上がらない男だった。何か威厳に掛け、頭取になる実力は持ち合わせていたが、風采が上がらない事、更に本人の地味な性格の為、あまり行内で人気がなく、いつも副頭取のままで遂に引退した。

引退後、国立の国際協力銀行の副頭取に就任した。再就職先でも、副頭取(ナンバー2)のままだった。

国際協力銀行でも副頭取のまま、今度は銀行協議会に天下(あまく)だった。天下り先でも、ほぼ名誉職に近い副会長のポストに就いた。つまり原島は、どの組織にいても常にナンバー2だった。

 

原島には31歳離れた、後妻がいた。後妻は地味な性格の原島と違い、なかなか派手な性格だった。結婚後の初めは若い嫁さんと云う事で原島も鼻高々だったが、次第に後妻の行動に振り回されるのが煩わしくなった。

或る日、後妻のバックから見知らぬ鍵を原島が見つけた。鍵を見つけた時から原島の後妻に対する、疑念が湧き起こった。

原島の疑念はやがて、現実的なものとなった。

 

妻の不貞行為を知った原島は、発作的に大胆な行動に出た。それは今迄歩んできた原島とはかけ離れた行為だった。

原島の今迄の生き方を否定するかのような、原島の驚くべき行為とは。

更に原島の行為が明らかとなった際、後妻敬子が吐いた言動は。

 

要点

原島栄四郎は銀行家として実力はあったが、地味な性格と見栄えのしない風貌の為、出世は副頭取までだった。

原島は地味な上に、更に女房の梅子も原島と似た性格で地味な女房だった。原島は市中銀行を退行。其の後、国立の国際協力銀行の副頭取に再就職する。

原島は国際協力銀行の副頭取となった時、妻梅子をなくした。妻を亡くした原島は、約3年後にバーのマダムで31歳離れた敬子と再婚した。

後妻となった敬子は前妻の梅子とは性格も趣味・好みも全く反対に人間だった。前妻と全く反対だった事が、逆に原島に興味を持たせ、そのまま再婚の流れとなった。

 

31歳も離れた原島栄四郎と結婚。後妻となった敬子には、目論見があった。原島の国際協力銀行の副頭取夫人の地位と、派手な生活が目的だった。

敬子の狙いは的中。敬子は原島が副頭取の地位であるの事を、うまく利用。優雅な生活を送っていた。原島が国際会議の為外遊する際、敬子も同行。副頭取夫人の身分を、思う存分満喫した。

敬子は海外にて、おそらく同年代では味わい得ない程の贅沢を味わった。

 

帰国後も敬子の外国かぶれの生活は続いた。中でも敬子はフランスパンを好み、フランスパンを食した。

更に敬子は英語力の無さを補う為、英語の個人授業の為、若いアメリカ人教師を雇った。

初めは敬子の贅沢を許容していた原島であったが、徐々に敬子の行動・趣味に対し、疎ましく感じ始めていた。

疎ましく感じ始めた矢先、原島は敬子のバックから見慣れぬ鍵を見つけた。鍵を発見した時、原島は敬子に対し、疑惑の念をもった。

 

疑惑は意外な処から、事実と判明する。英語のレッスンの為雇っていたアメリカ人青年が、敬子が留守の際、原島に敬子の不貞行為を暴露したのであった。

何故原島に対し、アメリカ人青年は敬子の不貞を暴露したのか。それはアメリカ人青年が、敬子の更なる不貞行為に嫉妬した為だった。

つまり敬子はアメリカ人青年と不貞行為を重ねていただけでなく、他の男とも不貞行為を重ねていた。

もう一人の相手は、小島和雄と云った。小島は敬子が原島と結婚する前から関係を持っていて、関係は結婚後も続いていた。

アメリカ人青年は小島に嫉妬し、敬子は尾行した。尾行の末、敬子と小島が逢引の為借りていた家を突き止めた。

突き止めた末、敬子の夫原島に告げ口した。原島は告白を聞き、敬子とアメリカ人青年に怒りが湧いた。

 

原島は憎悪の感情を実行に移した。原島は敬子が嗜好している硬くなったフランスパンで、思いっきりアメリカ人青年の頭を殴った。

硬くなったフランスパンは、こん棒に等しく十分に凶器と成りえた。原島は今迄銀行界で受けた屈辱(常にナンバー2の地位だった事)、敬子の不貞に対し怒りを覚え、何度も青年の頭をフランスパンで殴打した。

 

アメリカ人青年は絶命した。原島は敬子の対する復讐の為、死体を車の乗せ、敬子と小島が逢引している家に運んだ。

死体を運んだ後、何食わぬ顔をして、原島は帰宅した。死体を運んだ際、原島を更に激怒させたのは、原島が外遊の際、エジプトのカイロにて土産として買ったコプト(古代織)が、家の玄関にかかっていた事であった。

コプトは敬子が嫌っていたものだが、何時の間にか敬子が自宅から持ち出して、逢引の家に飾ったものだった。

敬子が原島のお気に入りのコプトの話を小島にした際、小島が面白がって敬子に持って来いと指図したのであろう。それが分かつた時、原島は敬子に対し、更に腹が立った。

帰宅した原島は敬子に凶器として用いったフランスパンをゆがし、敬子に食べさせた。

 

翌日、原島が帰宅した際、敬子は蒼ざめた顔をしていた。おそらく敬子は小島と逢引の場所で、アメリカ人青年の死体を発見したと思われる。

敬子の様子をみた原島は、してやったりの気持になった。愉快・通快とでも云うのだろうか。

アメリカ人青年の死体は、逢引の家から離れた武蔵境のポンコツ車の中から発見された。死体が発見されたとの新聞記事を読んだ原島は、敬子と小島が死体を発見したが、小島が死体を家から運び出し、他所で捨てたと理解した。

原島は敬子にアメリカ人教師の死体が発見された事と告げたが、敬子は一瞬ぎょっとしたが、何もないかの様にすぐさま取り繕った。なかなかの太々しさとも云え様。

死体発見後、捜査は難航したが、或る事がきっかけとなり急展開を見せた。敬子と小島が逢瀬を重ねていた家の隣家から火の手があがった。

火は延焼。隣の家の被害を受けた。被害を受けた家は、敬子と小島の逢引をしていた家だった。警察が現場検証後、玄関の三和土に血痕のようなものを発見した。

血痕から家にて何か事件が発生したと、推測された。事件は忽ち、武蔵境で発見された死体と結び付けられた。

警察は家に放置されていたフランスパンの出処を当たった。出処は忽ち判明。フランスパンを購入したのは、原島夫人と断定された。

警察は密かに原島夫妻を内偵した。内偵した結果、アメリカ人青年殺しは原島栄四郎の犯行と断定した。

警察は先ず死体遺棄をした敬子と小島から自供を取った。警察の尋問で敬子は何故か原島栄四郎の殺害容疑を否認。寧ろ庇うようなふりを見せた。

警察が敬子に対し何故、原島を庇うのかと質問した際、敬子は何の躊躇いもなく無邪気に答えた。

原島は既に歳であり、余命いくばくもない。余命いくばくもない為、殺人犯として刑務所に入れる事は憚れる。

「何故なら原島が亡くなった後、私(敬子)は元銀行副頭取の元妻(未亡人)、国際協力銀行の副頭取の元妻、銀行協議会副会長の元妻としての肩書として再婚できなくなる為」だと。

 

追記

作品を読んだ後、やはり人間は分相応な人生を送るのが一番であると、改めて自覚した。

原島が犯行に及んだ凶器は、敬子が好む硬くなったフランスパンだった。

そして皮肉にも原島の犯行であると警察に知らしめたものは、原島が外遊の際、カイロにて購入したコプト(古代織)だった。

コプトは原島が好んだが、敬子は嫌っていた。敬子が好んだフランスパンが凶器となり、事件を解く鍵となったのは、敬子が嫌ったコプトだった。

何気に作者松本清張の細かい創作と思われた。

 

(文中敬称略)