老いてゆく男の哀しい見栄 松本清張『薄化粧の男』

★松本清張シリーズ 短編小説編

 

・題名 『薄化粧の男』

・中央公論新社 中央文庫 【影の車】内 

・昭和48年 7月発行

 

登場人物

 

◆草村卓三

小田ゴム株式会社勤務、54歳庶務課長。練馬区の自宅に妻淳子と二人で住む。二人の間に子供なし。二年前から、愛人を持つ。半年前に愛人に一軒家を持たせ、愛人宅に車で向かう途中、何者かに殺害される。

 

◆草村淳子

草村卓三の妻40歳。卓三に愛人がいる事に気付き、しばし愛人宅に怒鳴り込み、愛人と大喧嘩をする。事件のあった当日も愛人宅に押しかけ、愛人と大喧嘩する。

 

◆風松ユリ

二年程前から、草村卓三と関係を持つ、バーの女給。半年前、草村から豊島区に一軒家をあてがわれる。事件当日、被害者草村は愛人ユリの許を訪ねる途中、殺害される。年齢23歳。

 

あらすじ

 

草村卓三は会社勤めの54歳、会社では庶務課長だった。草村には妻淳子と二人暮らしであったが、二年前からバーに勤める愛人風松ユリがいた。卓三は半年前、ユリを一軒家に住ませ、週2日程通っていた。

 

或る日の朝、卓三が車の中で殺されているのが発見された。卓三は殺害される前の晩、一旦帰宅した。その後愛人宅に車で向かう途中、殺害された模様。

警察は殺人、物取りの両面で捜査を進めた。警察の調べでは、どうやら卓三の妻淳子と愛人ユリは、しばし近所にも聞こえる程の大喧嘩を繰り返し、たまたま卓三が殺害された夜も、二人が大喧嘩をする様子が目撃されてた。

二人の証言では卓三が殺害された時刻、二人は大喧嘩の真っ只中だった。図らずも本妻と愛人が互いのアリバイを証明する結果となった。

警察は捜査を進めるが、一向に手がかりが掴めず、事件はそのままお宮(迷宮入り)となった。

 

事件がお宮となり、二年が過ぎた。二年が過ぎた後、嘗て草村卓三の愛人であった風松ユリが自殺した。自殺の原因は、卓三が殺害された後で一緒になった情夫に裏切られ、自殺を図ったとの事。

しかし風松ユリが自殺を図った事で、二年前お宮となった草村卓三殺害事件が掘り起こされ、事件の全貌が明らかにされた。

 

要点

 

草村卓三の妻淳子と愛人ユリは、互いに敵対関係にあった。しかし二人は供に、草村卓三の人間性に耐え兼ねていた。奇妙な事に二人は、共通の敵が卓三であると認識し始めた。

その時二人の間に、卓三に対する殺意が生まれた。互いの利益が一致したとも言える。「敵の敵のは、味方」と云われる所以かもしれない。

二人が卓三を抹殺しようと結託してから、実行は早かった。二人は一刻も早く、卓三の魔の手から逃れたかった。

敵対していた本妻と愛人が共謀して自分の夫・情夫を殺すとは、まさか世間は夢にも思わない。二人の思惑は完璧だった。

二人の喧嘩を他人に目撃されていた事も、犯行をカモフラージュする為の良い材料となった。二人は卓三を殺害しようと計画する前、実際に大喧嘩をしていた。

 

殺害された草村が衰えていく自分の容姿を認めようとせず、衰えを隠す為、薄化粧をする様は、滑稽よりも哀れにすら感じる。

衰えに対する恐怖は、男も女も変わらないのだろうか。女に比べ男の場合、ただ恐怖が表に出ないだけかもしれない。

世間で54歳になる男が、会社にて庶務課長であれば、既にサラリーマンとして先が見えた状態。卓三が将来出世の見込みもないのに愛人を持てたのは、会社の金をちょろまかしていた為(不正経理)。

会社も薄々気が付いていて、度が過ぎるようであれば糾弾し、懲戒処分する予定だった。

そんな状況で卓三は外車を乗り回し、愛人に家を持たせ、老いを誤魔化す為、薄化粧する行為には、何か惨めさを感じるのは私だけだろうか。

哀しい見栄と言える。当に転落人生の典型かもしれない。

 

作品中の淳子の言葉が、卓三の人間像を如実に示している。その言葉とは、

「利己的、我儘、執拗、残忍。更に大けちんぼでした」と語られている。

言葉の中の一つでも待ち合わせている人間であれば、普通であれば相当周囲から嫌われる。卓三は見事に嫌われる要素を、5つも持ち合わせている。

それでは嫌われても仕方がない。何故淳子とユリは、そんな人間と結婚・愛人になったのか理解に苦しむ。卓三と係る前に、気付かなかったのだろうか。

 

犯行は元妻の淳子・元愛人ユリの共謀であるが、共犯であるユリが全く別の理由で自殺した事で、淳子は共犯者が良心の呵責に耐え兼ね、自殺したと思い込んでしまった。

その為、自殺したユリは遺書を残し、遺書にて淳子との共謀による草村卓三殺しが言及されていると疑心暗鬼になり、遺書の存在を探索したのが命取りとなった。

 

このパターンは同じ清張作品『共犯者』に似ている。共犯者も同じ犯罪を犯した者同士が犯罪後、一切に連絡を絶ち全く別々の生活を送っていたが、犯人の一人が社会的に成功した事により、もう一人の犯人の其の後が気になり、反って墓穴を掘ってしまう話。

しかしやはり元妻の淳子は、心の何処かで愛人だったユリを信用していなかったのではなかろうか。その為ユリの自殺後、執拗に遺書を探したと思われる。

 

(文中敬称略)