「越後の虎」上杉謙信から見た、第4次川中島の戦い『天と地と』

今回、第4次川中島の戦いを題材にした映画を取り挙げてみたい。海音寺潮五郎の小説を原作とした作品。

 

・題名    『天と地と』

・監督     角川春樹          

・公開     1990年

・配給     東宝            

・脚本     鎌田敏夫、吉原勲、角川春樹

・製作     角川春樹、大橋渡      

・原作     海音寺潮五郎

・音楽     小室哲哉

 

出演者

 

◆上杉謙信(長尾景虎)     :榎本孝明 (兄を押しのけ、越後守護代にあがった人物)

◆宇佐美定満(琵琶湖城主)   :渡瀬恒彦 (家督を継いだ景虎の、傅役的存在)

◆武田晴信(武田信玄)     :津川雅彦 (宿命のライバル的存在)

◆乃美  (宇佐美定満の娘)  :浅野温子 (宇佐美の娘。景虎とは、心理的に恋人の様な存在)

◆八重  (信玄の側室)    :財前直美 (武田信玄の側室。景虎が出奔時に出会う、勝気な女性)

◆柿崎景家(上杉家重臣)    :伊藤敏八 (上杉家の家臣。武に優れた武将)

◆直江實綱(上杉家宿老)    :浜田晃   (上杉家の参謀的存在)

◆太郎義信(武田信玄長男)   :野村宏伸 (武田晴信の嫡男)

◆武田信繁(武田信玄実弟)   :石田太郎 (晴信の実弟。典厩信繁)

◆大熊朝秀(上杉家重臣、後謀反):成瀬孝彦 (上杉家家臣だったが離反。武田家に付く)

◆北条高広(上杉家重臣)    :南雲勇助 (上杉家重臣)

◆村上義清(奥信濃土豪)    :大林丈史 (元北信濃土豪、領土を奪われ謙信に助けを求める)

◆飯富虎政(武田家重臣)    :室田日出男(武田家重臣)

◆山本勘助(武田家軍師)    :夏八木勲 (元今川家間者。後に武田家参謀となる)

◆高坂弾正(海津城代)     :沖田浩之 (海津城城代、武田家重臣)

◆他、伊武雅刀、岸田今日子、風間杜夫、大滝秀治、風祭ゆき等

 

あらすじ

 

長尾景虎は凡庸であった兄晴景を退かせ、長尾家の家督を相続。越後守護代の職に就いた。

守護代に就いた景虎であったが、問題は山積。家臣達は景虎の力量を疑い、謀反を起こす。

 

鎮圧に向かった景虎だったが、若さゆえのひ弱さをみせ、家臣達を浮足立させる。

景虎の傅役であった宇佐美定満も、景虎のひ弱さに景虎に対し疑心を募らせる。

 

定満には娘の乃美がいた。景虎と乃美は幼い頃からの知り合いで、互いに好いていた。

しかし互いに何も言えず、景虎は乃美の笛の音を聞く事で、互いに心を通わしていた。

 

或る日、越後と国を接する奥信濃の豪族、村上義清が景虎に援助を求めてきた。

義清は甲斐武田の侵攻を受け、領土を掠め取られてしまった。失った領土を取り戻す為、景虎に援助を乞うた。

 

景虎は義清の求めに応じ、川中島を挟み武田軍と対峙する。しばし川中島で対峙するが、有名な第4次川中島は、最も戦闘が激しかった。

映画は第4次川中島にスポットをあて、描かれている。

 

劇中進行に伴い、最初はひ弱であった長尾景虎(上杉謙信)が、色々な経験を得て徐々に成長。立派で逞しい武将になる姿を描いている。

 

原作者「海音寺潮五郎」の言葉を借りれば、川中島の戦いを武田軍側から描いたのではなく、上杉軍から描いている処に特徴がある。

謙信が武将として立派に成長していく様子をみるのも面白い。

 

見所

 

今迄の歴史ものとは違い、武田信玄を主役とした物語ではなく、上杉謙信を主役とした物語。

まだ戦国武将として未熟であった景虎(謙信)が徐々に戦国の世に揉まれ、逞しく成長していく過程を描く。

 

劇中では暫し景虎の武将としての、「ひ弱さ」とも伺えるシーンが見受けられる。

沼田城主の謀反に会った際、人質の妻子を斬るのを躊躇った事。

それから景虎は、領国のイザコザに絶望。身一つで春日山城を出奔する。

 

出奔の最中、景虎を追いかけてきた家臣等に説得される。説得中に偶然宿敵「武田晴信」に出くわす。

突発的な出来事で、景虎を庇った家臣が晴信の嫡男太郎義信に斬られる。

景虎は己の未熟さを恥じ、この時を境に一人前の武将として目覚め始める。

 

前述したが景虎が出奔する前、沼田城主が謀叛を起こし、景虎は鎮圧に向かった。

沼田城主の妻子を斬るのを躊躇った景虎の姿を目撃した家臣の「大熊朝彦」は、景虎を見限り、武田家に内通した。

同じく琵琶島城主の「宇佐美定満」は、先の一件で景虎のひ弱さを感じ、景虎に対し疑念を生じる。

その隙を突かれるかの様に、離反した大熊朝彦・武田家軍師「山本勘助」の調略をうける。

宇佐美は景虎に、謀叛の疑いを持たれる。

「定満離反の恐れあり」と聞いた景虎は、定満の鎮圧に向かう。定満は鎮圧にきた景虎と一対一の戦いの末、命を落とす。

 

舞台は、1561年(永禄4)年、「第4次川中島の戦い」に移る。

第4次川中島の戦いは、計6回行われたとされる戦いの中で、最も激戦となった戦い。

 

上杉軍は、海津城(城代高坂)を見渡せる妻女山に陣取る。

一方武田軍は、上杉軍が妻女山に陣取るのを見届け、一旦茶臼山に陣取り、其の後海津城に入城した。

 

両軍硬直状態のまま、十日が過ぎた。

武田軍は妻女山の上杉軍に夜襲をかけ、八幡原に誘き出す作戦を用いた。世にいう、「啄木鳥戦法」である。

 

しかし作戦は謙信に読まれ、武田軍は霧が晴れた後、八幡原に現れた上杉軍と戦う羽目となった。

戦いの前半は上杉軍の勝ち、後半は武田軍の勝ちと云われている。

 

尚この戦いにおいて戦国時代には珍しく、「大将同士の一騎打ち」があったと云われている。

謙信が信玄の本陣に突入。謙信の太刀を信玄が、軍配で受け止めたとされている。

劇中では両者馬上にて戦い、信玄が謙信の斬られ刀傷を負う設定。

 

霧が晴れた際、武田軍の目の前に、いきなり上杉軍が現れるのは圧巻。不気味すら漂う。その時のカメラワークが見事。

合戦の映像は、黒澤明作品「影武者」「乱」と同じなかなか見ごたえがある。

やはり戦のシーンが最大の見所。戦闘シーンにかなり予算を割いていると思われる。

映画が製作されたの時は日本が一番華やかで、輝いていた時代だった。古き良き時代を彷彿とさせる映画かもしれない。

 

追記

 

今更書くまでもないが主人公は「榎本孝明」だが、当初は「渡辺謙」の予定だった。

しかし渡辺謙が急性骨髄性白血病を発症。急遽、オーディションを実施。

オーディションの結果、謙信役に榎本孝明に決定する。

 

個人的意見だが、もし主役が渡辺謙であればとの論があるが、それは結果論に過ぎない。

代役と思われた榎本孝明は、立派な演技を披露している。

代役からスターの座に昇り詰めた例は、古今東西幾つも存在する。

 

代役が急遽回ってきたのは、逆にチャンスだと思う。「ピンチをチャンス」に変える事が大切。

私は榎本孝明の演技、左程悪いとは思えない。

 

財前直美は今回の映画において、異例の大抜擢だった。それまではあまりパッとした活躍はあまり見られなかった。

劇中にて映される四季折々の自然の姿が、とても美しく描かれている。撮影は主にカナダで行われた模様。

劇中で流れる音楽の担当は、当時TMネットワークで活躍していた「小室哲哉」が担当していた。

 

見て分かる通り、黒は上杉軍を表し、赤は武田軍を表している。

バブル時代の全盛期を思わせるが如く、エンディングの協賛会社が多いのも時代の象徴かもしれない。

 

(文中敬称略)

 

上杉謙信像(写真:個人撮影)