カンフー・アクション満載 ブルース・リー主演 『燃えよドラゴン』

★懐かしの香港映画シリーズ

 

・題名    『燃えよドラゴン』  

・公開    1973年米国、日本

・配給    ゴールデン・ハーベスト、ワーナー・ブラザース    

・監督    ロバート・クローズ

・脚本    マイケル・オーリン

・音楽    ラロ・シフリン

・製作    フレッド・ワイントローブ、 ポール・ヘラー、レイモンド・チョウ

 

出演者

 

◆リー       : ブルース・リー(少林寺も門弟。武芸者とし最高峰に近い)

◆ハン       : シー・キエン(嘗ては少林寺の門弟。悪事に手を染め、破門される)   

◆ローパー     : ジョン・サクソン(破産寸前の実業家。ハンの格闘大会に参加する)  

◆ウイリアム    : ジム・ケリー(黒人の空手使い。性格に難がある)

◆オハラ      : ボブ・ウォール(ハンのボディーガード。残虐非道。リーの妹の仇) 

◆タニア      : アーナ・カプリ(ハンの手下の金髪美女)

◆スー・リン    : アンジェラ・マオ(リーの妹。過去オハラに殺される)

◆メイ・リン    : ベティ・チュン(ハンの側近の美女。実は潜入捜査官)

◆ブレイスウェイト : ジェフリー・ウィークス(英国情報局員)

◆ボロ       : ヤン・スエ(ハンの部下。かなりの使い手)

 

あらすじ

 

少林寺の門弟リーは、情報部員ブレイ・スウェイトの要請で(おそらく英国MI6)、ハンの島の潜入捜査を依頼された。

ハンはかつてリーと同じ少林寺の門弟であったが、悪事に手を染め、少林寺を破門されていた。

ハンは戦争終了時のどさくさで、所有権があやふやになった島を買い取り、独裁者の如くふるまっていた。

 

情報局側では、おそらくハンが島で麻薬を密造。世界に売り捌いていると睨み、壊滅を図る為、リーに潜入捜査を依頼した。

リーは初めは乗り気でなかったが、嘗て自分の妹スー・リンがハンの手下どもに追われ、自ら命を絶った事を聞かされる。リーは復讐の為、仕事を引き受ける。

 

ハンは3年に1度、世界の武芸者を集め、格闘技大会を開催していた。

リーは少林寺の教えで私闘を禁じられていたが、師範に許しを得、ハンの格闘技大会に参加する。

 

ハンの島にいく船に乗る為、各国からいろいろな猛者があつまってきた。

本国で破産して、大会に参加してきたローパー。大会に参加する途中、警官をぶちのめし、やってきたウイリアム等。

それぞれの猛者は船に乗り込み、ハンの島を目指した。その中にリーも含まれていた。

 

ハンの島に着いた夜、大会に参加する人間の、歓迎会が催された。

ハンは、なかなか趣向を凝らしたもてなしをした。大会参加者は、それぞれパーティーを楽しんだ。

 

パーティーの最中、主催者ハンが挨拶に訪れた。ハンは大会参加者に挨拶した。

挨拶後、ハンは参加者に向かってリンゴを投げた。そのリンゴを側近の女が、ナイフでリンゴを射抜いた。

リーもナイフで射抜いたリンゴを受けとった。

リーが受け取ったリンゴをナイフで射抜いた女は、数か月前、情報局側が潜入捜査官として送り込んだ女だった。

名前はメイ・リン。

 

宴の後、参加者にハン側から、夜の供をする女が下賜された。

リーの部屋に女達が回って来た。リーはすかさず、宴会場で自分のリンゴをナイフで射抜いた女(メイ・リン)を指名すした。

 

指名されたメイ・リンが、リーの部屋にやってきた。リーは自分は潜入捜査官であることを明かす。

リンの話では、夜な夜な女が一人一人消えていくとの事。リーは夜、部屋を抜け出し、島を調査する。

 

島を調査中、リーは数名の見張りを打ちのめし、気絶させた。

リーは秘密の入り口を見つけ、島の内部に入ろうとするが見張りに発見され、その夜は退散した。

リーは撤退する際、同じく部屋を抜け出し、夜中に型の練習していたウイリアムに姿を目撃される。

 

翌日、見張りのへまをした者が他の者の見せしめの為、ハンの部下ボロに始末された。

見せしめの現場を見たローパー、ウイリアムは、ハンのやり方に不信感を抱く。

 

大会が再開された。本日はリーの試合の日だった。

リーの相手はハンのボディーガードを務め、自分の妹スー・リンを死に追いやったオハラ。

オハラは試合前からリーを挑発する。しかしリーは動じない。リーはオハラを、徹底的に痛めつける。

オハラは試合が不利になるに連れ、反則紛いの行為繰り返す。しかしリーは巧みにかわし、勝敗を決定付ける。

 

既に試合は決し、リーはその場を立ち去ろうとした。

しかしオハラは負けた腹いせに近くにあったビンを叩き割り、瓶の破片を両手に持ち、リーに襲いかかって来た。

リーは遂に堪忍袋の緒が切れ、オハラを完膚無きまで叩きのめす。オハラはリーにやられ、絶命する。

 

ハンはオハラの反則行為に気分を害し、その場を立ち去る。

ハンが立ち去る際、側近の女がウイリアムにハンの部屋に来るよう告げる。

 

ハンの部屋に出向いたウイリアムは、ハンから昨夜の外出。更に理由もなく見張りを叩きのめした事を詰問される。どうやらハンは昨夜の犯人を、ウイリアムと思ったようだ。

真偽はともかく、ウイリアムはハンの態度に気分を害し、此れ以上此処にいる事は耐え難く、島を離れると告げる。

ハンをウイリアムの態度を許さず、自らの手でウイリアムを叩きのめす。

 

ローパーは部屋でウイリアムを待っていたが、いつまでたってもこない為、ハンにウイリアムの所在を尋ねた。

ハンはローパーに対し、ウイリアムは行方不明になったと述べる。

 

ハンはローパーに対し、今回の格闘技大会の本当の目的は大会に託け、麻薬の運び屋をスカウトしている事を告白した。

ローパーを仲間に引き入れる為、麻薬の密売と島の内部の案内した。島の内部を案内する中、ハンはウイリアムは自分が始末した事をローパーに告げた。

ローパーはハンから全てを打ち明けられ、既に逃げ道はなく、断る術もなかった。

 

リーは昨夜同様、島の内部の潜入した。島内でハンの悪事の証拠をつかみ、無線室から香港の情報局に援軍を要請した。無線を使った途端、緊急ブザーがなり、ハンの手下が大勢やってきた。

リーは懸命に戦うが、或る部屋に入った際、罠に嵌り閉じ込めらた。閉じ込められリーは観念するしかなかった。

 

翌日、リーは縄を解かれ、ローパーと戦わされる。ハンはローパーをリーと戦わせる事で、忠誠心と実力を試そうとした。

しかしローパーはハンのやり方が気に入らず、リーと供に戦う事を決意する。

ハンはローパーに部下のボロと戦わせる。ローパーは苦戦はしたが、なんとかボロを打ち破る。

 

リーとローパーはハンの大勢の手下と戦い始める。

潜入捜査官メイ・リンは混乱に乗じ、牢に閉じ込められている囚人たちを解放。たちまちハンの家来たちと乱闘状態になる。

 

乱戦の中、リーはハンを見つけ出し、戦いを挑む。

ハンは屋敷に戻り、武器の鋼鉄製の手を嵌め、リーと対決する。

 

対決するが、リーの強さにハンもまるで歯が立たず、ハンは自分の得意とする鏡の部屋にリーを誘い込む。

慣れない鏡の部屋で、流石のリーも苦戦する。

 

苦戦するが、ついにハンを追い詰め、ハンを始末する。

ハンを始末した後、外に戻れば、殆どのハンの手下は始末されていた。大方の決着がついた後、ハンの島に香港から情報局の援軍のヘリコプターが到着。映画は幕を閉じる。

 

見所

 

劇中の最後リーがハンを追い、鏡の間で戦うシーンがある。このシーンは映画史上でも、屈指の名シーンと云われている。

 

劇中、リーに武術を学びに来た弟子がリーに「考えるな、感じろ」と云われている。リー未亡人の話によれば、その言葉は、リーがいつも心がけていた理想らしい。

映画が完成した後、リーは急死。映画の試写をみる事なく、この世を去ったのは有名な話。

 

ブルース・リーの映画全般に言える事だが、格闘シーンにおけるリーの蹴りのシーンが美しい。

理由として、リーは昔ダンスの教師をやっていた時期があった。その為、蹴りのシーンでは殊更美しく見えた。

 

劇中、リーの戦いぶりが素晴らしい。オハラと戦う時、ハンと戦う時など、全てのシーンにおいて、絵になると言える。

急死しなければ今より更に飛躍して、世界的スターになっていたと思われる。

リーに代わるように、劇中で端役だった「サモ・ハン・キンポー、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ」等が、その後スターダムにのし上がる。

 

追記

 

前述したが冒頭にて少林寺の師範・門弟の前で天覧試合のシーンから始まる。

ブルースリーの戦う相手は、なんとサモ・ハン・キンポー。劇中では後に活躍する、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウなども端役として登場している。

 

劇中ハンの部下ボロ役のヤン・スエは、日本で放送されたTBSドラマ「Gメン75」の香港シリーズで、暫し登場した人物。自分もGメン75で見た記憶が強い。

 

ハン役のシー・キーエンは、後スターとなったジャッキー・チェン主演映画『ヤング・マスター ・師弟出馬』にて、クァン署長役を演じている。

尚、署長の息子役として、ユン・ピョウも出演している。

 

劇中、リーに武術を学びにくる少年は、リーが格闘技大会に出場する為、出かけたハンの島にも登場している。

リーがハンの島で、オハラを完膚なきまで叩きのめした後、ハンの弟子たちがリーを驚きの目で見つめる集団の中に、少年がいる。

 

ハンの島での歓迎会でナイフを投げられてリンゴを受ける人物の中に、「タイ・ポー」が出演している。

タイ・ポーも、ジャッキーの映画の常連と云える。

 

『プロジェクトA』では、「ひょうきん」の渾名の役で出演している。

『プロジェクトA』は、サモ・ハン・キンポー、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウの3人揃い踏み。後の『スパルタンX』も同じパターン。

 

リーの妹の敵役オハラは西洋人でありながら、何故か日本人らしき名前がついている。おそらく日本人を仮想敵として付けられたものと思われる。

第二次大戦中の日本人のイメージを想定したもの。言うなれば残虐、卑怯且つ、ずる賢いイメージであろうか。

アクション映画としてみれば面白いが、何気に他のブルース・リーの作品も、日本人に対し似たイメージとして描かれている作品がある。

最もその事は子供の頃分からず、大分後になって知った事だが。

 

(文中敬称略)