戦国時代、義を貫いた武将 『大谷吉継』

戦国時代、それは離合集散を繰り返した人間の欲が明確に浮き出され、裏切りが当たり前の時代だった。

そんな時代の中、稀に見る義を貫き、命を果てた者も存在した。

今回はそんな一人である、大谷刑部吉継にスポットを当ててみたい。

 

・名前    大谷吉継 大谷紀之介

・生涯    1565年(生)~1600年(没)

・官位    従五位下 刑部少輔

・主君    豊臣秀吉、秀頼

・領地    越前国敦賀2万石    

・縁者    真田信繁(幸村)の舅、つまり幸村(信繁)は婿殿。秀吉の正室「北の政所」とは
       縁者とも言われている。

 

経歴

大谷吉継、幼名紀之介。父は豊後国、大友氏の仕えていたと言われているが、定かではない。

秀吉の正妻「おね」の縁者とも言われている。

幼少の頃、秀吉の小姓として取り立てられた。同じ小姓に加藤清正、福島正則、一柳直末などがいた。後に刎頸の交わりなる「石田三成」もいたと言われている。

三成とはこの頃からの顔見知りで、どうやらウマがあった。同じ近江出身という事もあろうか。

旧浅井領(長浜)の二人は、秀吉が信長家臣団の中で頭角を現すに連れ、吉継と三成も徐々に重要な役目(奉行)を任せられる事になる。

 

羽柴秀吉の台頭

主君秀吉が信長の命を受け、中国の雄「毛利氏」を攻める総司令官となった。秀吉が毛利攻めの際、前線基地を姫路城に移す事になり、吉継も姫路城に転戦することになる。

此の時吉継は、秀吉の馬回りとして従軍している主君秀吉が毛利氏の高松城を攻めている最中、戦国の世を一夜にして翻す、大事件が起こった。

本能寺の変である。

 

本能寺の変以後

本能寺の変は過去のブログにて何度も取り挙げている為、詳細は省くが、吉継の主君秀吉は信長の横死を知るや否や、すぐさま中国路を引き返し(中国大返し)、秀吉の主君である信長の仇(明智光秀)を、山崎の戦いで破った。

秀吉がいち早く主君信長の仇をとった為、信長亡き跡の織田家の行く末を話し合う「清洲会議」の場で、宿老柴田勝家との対立が決定的となる。

翌年の「賤ヶ岳の戦い」で秀吉は家臣「七本槍」の活躍もあり、秀吉は名実ともに信長の後継者に躍り出た。

 

秀吉の天下統一

秀吉は賤ヶ岳の戦いで勝家を滅ぼした後、主君織田家の子孫を謀略で巧みに葬り、同じライバルであった滝川一益、佐々成政等を屈服させた。

秀吉が力を持つに従い、賤ヶ岳では柴田軍の味方であった前田利家も味方につけ、織徳同盟の相手であった徳川家康も1584年「小牧・長久手の戦い」の後、臣従させた。

 

1585年、秀吉は四国の長曾我部元親を制覇。

その後嘗て干戈を交えた毛利氏と和睦。返す刀で1587年、九州征伐に乗り出し、島津氏を服従させた。

 

1590年、関東の覇者「後北条家」の居城「小田原城」を大軍で包囲。

兵糧攻めで落とす。小田原包囲の際、東北を制覇した「伊達政宗」も秀吉に臣下の礼をとり、服属。

秀吉は見事に全国統一を成し遂げた。

 

秀吉が出世するにつれ、吉継の地位も上がっていく。

しかし惜しい事に吉継は当時、意味不明の病(現代のハンセン病)を患い、僅か越前敦賀2万石の城主に甘んじていた。

一方昔から顔見知りであった「石田三成」は、太閤の側近中の側近として秀吉に仕え、内政面に手腕を発揮。三成は、筆頭奉行的な地位に就いていた。

秀吉の天下統一後、三成の権勢はますます強まるばかりだった。

その三成と吉継を繋ぐ有名なエピソードがある。既にご存知と思われるが、改めて紹介したい。

 

吉継と三成の逸話

秀吉が信長の跡を継ぎ、日増しに権勢が増す1587年(天正15)、大坂城で茶会が開催された。

招かれた大名は一口ずつ口を付け、次の大名に回していた。

 

吉継の番がやってきた。吉継はその時、誤って顔の膿を茶碗に落としてしまった。(

それを見た大名は、口をつける振りをして茶を飲まず、次に回していた。

 

一説では膿は落ちておらず、ただ吉継が口を付けた茶碗に、口をつけるのが嫌だったとの説もある。

病気の伝染を恐れたのかもしれない。

兎に角、吉継が口をつけた茶碗を誰も口を付けようとしなかった。

 

石田三成の番がやってきた。三成は何食わぬ顔をして、茶を飲み干し、おかわりまで所望したと言われている。

三成の行動を見た吉継は三成に友情を感じ、後の関ヶ原では負け戦になると知りながら、三成に味方したと言われている。

 

此のエピソードは後に徳川の治世に成れども、抹殺・改竄されなかった。その為、本当の話ではないかと思われる。

何故なら徳川の治世で「石田三成」は「由井正雪」と並び、天下の極悪人と喧伝されていた。

徳川の治世下でさえ、三成の事を決して悪く喧伝していない為、事実と思われる。

 

秀吉の死後

秀吉は天下統一後、秀吉は五大老・五奉行を設置。更に領土拡張の為、朝鮮出兵を行った。

肥前国名護屋城に本拠地を構え、朝鮮に出兵する。緒戦は秀吉軍は完勝するが、後の苦戦。その後戦いは停滞。

1598年、秀吉の死と供に、日本軍は朝鮮から撤退した。

 

朝鮮出兵は豊臣政権の根幹を揺るがし、各大名を疲弊させた。

秀吉の死後、政権内部の武断派・文治派の争いが激しくなり、三成は武断派から命を狙われ、武断派を陰で操っていた家康に助命を求めた。

三成の助命の交換条件として、三成は豊臣政権内部から退き、佐和山城にて隠居身分となった。

 

思い起こせば「武断派・文治派」に別れ対立するようになったが、元々は同じ秀吉の側近だった。

武断派の中心人物「加藤清正・福島正則」、文治派「石田三成」は、秀吉が長浜にいた頃の幼少期、供に側近だった。

いみじくも時の流れが、人間の運命を変えたと言えるであろうか。

 

関ヶ原前夜

三成が政権の中枢から去った後、家康の横暴は益々目に余るようになった。

秀吉の死後、生前秀吉が定めた掟をないがしろにし、家康は横暴を極めた。

この事も前述した関ヶ原の戦いを紹介した際、詳しく述べた為、省略する。

 

五大老の一人「上杉景勝」は、家康の横暴に耐え兼ね大坂を去り、領地の米沢に帰国。真っ向から家康に反旗を翻した。

景勝の態度を問題視した家康は、景勝に再三弁明を求める書状を送り、大坂に直接弁明にくるよう求めたが、景勝はその都度のらりくらりとかわし、更に有名な「直江状」を送り家康を挑発した。

 

直江状を見た家康は、激怒。豊臣家に盾突く者として、上杉討伐を決定。上杉討伐軍を編成する為、各大名に出兵を命じた。

やがて上杉討伐の為の出兵命令が、敦賀の吉継の許にも届いた。

吉継は上杉討伐軍に参加する為、北國街道を下り美濃国垂井までやってきた。

垂井まできた時、佐和山城の三成から使者があり、吉継は三成の居城佐和山城に向かった。

 

佐和山にやってきた吉継は、三成から重要な話を持ち掛けられた。

それは反家康の旗を挙げる為、その軍に吉継軍も加わって欲しいとの事。

 

三成から話を打ち明けられた吉継は、すぐさま三成に「やめろ」と忠告した。成功の見込みがないからと。

更にはっきりと

「君は(三成)は普段から横柄な態度をとる為、人望がない。対する家康は、上から下まで評判が良い。君の身分は所詮、太閤秀吉様がいたからこそ、成り上がった。秀吉様亡き後、君の事など、誰も恐れはしない」

と吉継は三成に告げた。

 

「もし反家康軍を編成するのであれば、毛利輝元殿か宇喜多秀家殿を立てた方が良い

とも助言している。追加で君は優柔不断な処があり、家康と比べ実践・経験でも劣っているので成功の見込みがないと迄、述べている。

 

尚も追いすがる三成を振り切り、一旦吉継は垂井の陣に戻った。

陣に戻った吉継軍は上杉討伐軍に加担しようとするが、急遽軍を佐和山城に引き返した。

 

佐和山城に戻り吉継は、三成に味方する旨を約束した。

三成が吉継に感謝したのは言うまでもない。

吉継は上杉討伐軍に加担する事を諦め、其の後起こりうる大いくさに備え、自領の敦賀に戻った。

 

吉継が三成に味方しようと決めたのは、前述した茶会での出来事が大きく影響したのは間違いない。

吉継程の先を見通せる男が三成に味方したと言う事は、もうお分かりだと思う。

 

吉継は採算など度外視。寧ろ「破滅の道、滅びゆく運命」を選んだ。

これは戦国史の中でも、有名な友情話と言われている。そして三成と吉継は、関ヶ原の戦いを迎える。

 

関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦いは過去のブログに詳細に述べている為、割愛する。

ただ関ヶ原の戦いの最中、西軍の中で亡き太閤殿下(豊臣家)の為に戦った武将は、「石田三成軍、宇喜多秀家軍、大谷吉継軍」だけであろうか。

あとは日和見、裏切りであり、天下分け目の戦いも僅か半日にて決着が付いた。

大谷軍は奮闘したが、松尾山の「小早川秀秋」の裏切りで側面を突かれ、あえなく全滅した。

 

大谷軍が全滅した為、宇喜多軍も側面を突かれ全滅。やがて西軍は総崩れとなり、戦いの趨勢は決した。

大谷吉継は戦いの前日、小早川秀秋の陣を訪問。

うすうす秀秋の裏切りを察し、自軍に戻り裏切りに対し微妙に陣構えを変えた。

しかし多勢に無勢。いくら士気が旺盛でも、数に勝てず、更に裏切り備えた自軍の将(脇坂・朽木・小川・赤座)までもが寝返った為、いかんともしがたく、吉継軍は全滅した。

 

戦いの最中、眼が見えない吉継であったが藤川台の陣にて側近に輿を担がせ、陣頭指揮をとっていた。

しかし味方の不利、全滅を知ると側近に輿を担がせ、戦場離脱。

離脱後、側近の湯浅五助に介錯を命じ、「この醜い首を、決して敵に渡すな」と厳命して自害した。

 

自害後、吉継の首は持ち去られ、関ヶ原の何処かに埋められ、敵に発見される事はなかった。

発見されなかったのが、吉継の唯一の救いだったのかもしれない。

尚、他の西軍武将の運命は以前述べている為、省略する。

 

関ヶ原後、大谷吉継の子孫

大谷吉継は戦国時代、裏切りが当たり前の時代において、義に生き、義に因って滅びた数少ない武将の一人と言われている。

1615年大坂夏の陣で滅びた大坂方(豊臣方)に味方した真田幸村(信繁)と双璧して、評価される武将と言える。

 

以前、関ヶ原のブログの章でも述べたが、奇しくも二人は縁者関係である。大谷吉継の娘が、真田幸村(信繁)の正妻。

真田幸村は太閤秀吉が大坂城で権勢を振るっていた頃、真田家の人質として秀吉の大坂城に身を寄せていた。

その時、太閤秀吉が真田家を自分の傘下に組み込む為、政略結婚として大谷刑部吉継の娘を娶らせた経緯があった。

 

政略結婚ではあったが、二人はとりわけ仲がよかった様子。

決して妻の父が西軍に味方した為、真田昌幸・幸村は西軍に味方した訳ではなかろうが、結果として西軍に味方した。

関ヶ原は、西軍の惨敗。

真田昌幸・幸村親子は長男信幸(信之)の助命嘆願もあり(信幸の妻の父は、本多忠勝)、何とか死罪は逃れたが、紀州の九度山に蟄居身分となった。

 

蟄居となった幸村であったが幸村の妻は離縁せず、九度山に一緒に付いて行った。

お嬢様育ちだったが、慣れない野良仕事などをして苦労したと云われている。

幸村は正妻(大谷吉継の息女)と「長男大助、次男大八、四女あぐり、六女阿菖蒲、七女おかね」と家族には恵まれたが、生活は窮乏した。

 

幸村はこのまま九度山で朽ち果てるかと思われた。

しかし歴史は、英雄を朽ち果てさせなかった。

幸村は戦国の終焉となる戦い「大坂冬の陣・夏の陣」に参加。勇名を馳せる。

勇名を馳せた幸村は、後に敵味方関係なく「真田日本一之兵」と称賛され、後世に名を残した。

 

その幸村の活躍が認められ、娘あぐりは蒲生家、阿菖蒲は伊達家重臣の片倉家に嫁いでいる。

舅と婿殿が偶然にも、義を貫き後世の現代にまで語り継がれる英雄になるとは、何か不思議な縁。

以前紹介した「松永久秀」とは、まさに対照的な生き方をしたと人物と言えるかもしれない。

 

(文中敬称略)

 

参考:関ヶ原の戦、勝敗を分けた要因1(秀吉の死後、派閥争いと家康の台頭)