日常の関連から、一切の線が切断された時間 松本清張『分離の時間』

★松本清張小説シリーズ

 

・題名     『分離の時間』

・新潮社     新潮文庫  

・昭和49年   6月発行

 

登場人物

 

◆土井俊六

広告代理店に勤めるサラリーマン。偶然乗り合わせたタクシーの運転手から、殺害された八木沢代議士の話を聞き、独自に調査を始める。

 

◆山岸定一

土井俊六の同級生で、雑誌編集の取材記者をしている。以前は作家志望だった。

土井から話を聞き、積極的に八木沢殺害事件を調べ始める。

 

◆吉田庄治

共立タクシーの運転手。土井が偶然乗り合わせたタクシーの運転手。

土井を乗せる直前、殺害された八木沢代議士を乗せ、その事を土井に話す。

 

◆八木沢喜巳治

保守系国会議員。横浜のホテルの一室で、絞殺死体となり発見される。

東方石油社長、上杉惣一郎と親しい間柄。

 

◆高橋逸朗

東京京橋にて、洋品店「三条」を経営する30過ぎの男性。

殺害された八木沢が代議士が、明和会館を訪れた際、度々ネクタイを購入していた。元バーのボーイだった。

 

◆上杉惣一郎

東方石油の社長。九州福岡出身の立志伝中の人物。

殺害された八木沢代議士とは、以前から献金をしている仲。八木沢代議士がしばし訪れていたとされる、旭クラブのオーナー。

 

◆大杉

殺害された八木沢代議士の秘書。八木沢代議士の地元の有力者の息子。

八木沢代議士の後釜として地盤を引き継ぐ事を、虎視眈々と狙っている。

 

◆塚本精造

八木沢代議士の運転手。素性は八木沢代議士の女房の知人の義弟。八木沢代議士が殺害された後、行方をくらます。

 

◆毛利規久子

高橋げ経営する洋品店「三条」の従業員。買い物に来た土井と山岸に接客する。

 

あらすじ

 

広告代理店に勤める土井俊六は仕事柄、タクシーを使う事が多かった。

土井はタクシーに乗車した際、必ず会社名、車のナンバー、運転手の名前を記憶する事にしていた。

 

何故なら以前タクシーでトラブルに巻き込まれた過去があった。

その為タクシー会社、陸運局などに投書した事もあったが、返事は梨の礫であった為、警視庁交通部長宛に投書した事もあった。

トラブルに巻き込まれた際、防止策として習慣になっていた。

 

4月末の或る日、土井は麻布狸穴からタクシーに乗った。

いつもの様に運転手を観察していると、運転手が土井の仕草に気付き、土井に話かけてきた。

 

運転手の話を聞けば、先程変わったお客さんを乗せた。

そのお客さんも土井のように自分をジロジロ眺めながら話かけ、挙句に自分を特殊な趣味が目的で誘ってきたとの事。

 

特殊な趣味と云うのは、同性愛の事。

土井が運転手をジロジロ見つめる為、同じ類の人間かと思い、思わず話しかけたとの事だった。

その時は単なる笑い話として聞き流し、やがて土井の記憶から薄れていった。

 

5月末、横浜のホテルにて、現役の国会議員が絞殺死体となり発見された。

土井は新聞記事を読み、殺人事件に興味を持った。

 

土井が興味を示したのは、以前タクシーの運転手から変わったお客さんの話を聞かされた為。

そのお客さんが降りた場所と、殺害された議員が降りた場所が同じだったから。

土井は以前、変わったお客を乗せたタクシー運転手に会い、確認した。

 

確認後、変わったお客さんは殺害された代議士との確証を得る。

確証を得た後、土井は独自で事件の調査に乗り出す。

 

要点

 

土井の協力者で、雑誌記者の山岸の取材方法が面白い。

知りたい相手の情報を知る時は、必ず相手と敵対する勢力から情報を取ってくるやり方が。

 

殺害された八木沢代議士、東方石油に関する情報の取得方法は、敵対する相手から取得したもの。

或る意味、取材の鉄則(常套手段)かもしれない。

 

何故なら敵対する相手ほど、相手の動きを不思議とよく知っている事の方が多い。

それは相手の動向・弱味を握る為、虎視眈々と相手を監視している為。

 

題名の『分離の時間』と云う意味が、土井と山岸との会話中で説明されている。つまり分離の時間とは、

 

日常的な関連から一切の線が切断された時間、逆にいえば、日常的に継続している時間がその時だけ分離され、断絶されたこと

 

と述べられている。

更に分離の時間とは、逆に人に知らせる事ができない空間にいる事とも述べている。

つまり個人の誰もが持っている、「秘密の時間」と言う事であろうか。

 

作中にて代議士秘書と運転手の関係は、そのまま現在でも存在する関係。

大概公設秘書(現在では3人可能)に自分の後釜を目的として、自分の子息・息女を秘書にしている代議士が多い。

 

代議士としては、帝王学と言う名の修業のつもりかもしれないが。

政治献金と企業との関係は、永遠のテーマ。決して無くなる事はないだろう。

 

事件は、八木沢代議士の個人的嗜好が絡んでいるものと思われた。

しかし八木沢代議士は同趣味を持つ他人に相手を宛がう事で、相手の弱味を握り、政治献金を確実なものとしていた。

つまり「強請」に近い行為とも言える。

 

ヒントになったのは、近所の料理屋からの出前の数と日取り。

八木沢代議士の相手と思われていた洋品店「三条」の経営者高橋は、実は東方石油社長「上杉惣一郎」の相手だった。

 

高橋のパトロンが上杉社長の為、優先的にテナントに入居できた。

更に赤字経営だったが、支店を含め3店舗も店を持つ事ができた。

 

しかし上杉は高橋に対し、徐々に興味を失っていた。

新しい相手が出来た事、高橋が上杉に金をせびった事もあるだろう。

上杉は高橋とは徐々に疎遠になっていった。

 

疎遠になった事で高橋は、八木沢代議士の誹謗中傷だと逆恨みした。

高橋と話合い中、殺害した。

 

高橋は殺害ついでに、上杉社長を脅した。

今までの経緯を世間に暴露するとでも言って、脅したと想像される。

高橋は失うものは何もないが、上杉社長は失うものが大きすぎる故、上杉は高橋の脅迫に屈した。

 

上杉と高橋の関係に気づいた山岸は、上杉社長に面会にいった。

面会の際、上杉社長は事の真相が世間にバレるのをおそれ、山岸を買収しようと試みた。

上杉は事件の経緯を書いた原稿を、大金で買い取った。

 

其の後、上杉社長・高橋のどちらかかは分からないが、山岸は監視され命を狙われた。

山岸の命をつけ狙った実行犯は、八木沢代議士の運転手。

八木沢の死後、行方をくらましていた「塚本精造」だった。

 

意外に塚本も同性愛者であり、高橋とは関係があった。

つまり上杉惣一郎、高橋逸朗、塚本精造の3人は同性愛者だった事になる。

 

追加で上杉の新しい相手、謡の師匠も同性愛者だった。

 

追記

 

作中にて作者は、殺された代議士の個人的な嗜好を描いているが、発表された時代ではおそらくタブーに近い話題ではなかったかと思われる。

今で云う、LGBT(性的マイノリティ)になるのだろうか。

 

その事を考えれば、かなり時代を先取りした内容の作品と思われる。

今はようやく、市民権を得られつつあるが。

作中では先天的なものと、後天的なものがあると述べているが、遺伝的要素が強いと書かれている。

 

しかし作者もその点は、詳しくは分からないと述べている。はっきり断定はできない。

何故なら、差別の恐れがある為。

 

作中の「東方石油株式会社」とは、おそらく「出光興産」がモデルと思われる。

理由として外資とは提携しない、民族資本の会社と明記されている為。

 

更に出光興産の「出光佐三」は、福岡県門司出身。

因って作中の「上杉惣一郎」とは「出光佐三」の事。

 

しかし現在では出光興産も2019年4月1日、昭和シェル石油と吸収合併している。

追加で長い間、非上場企業であったが、2006年10月株式上場している。此れも時代の流れかもしれない。

 

同じく作中の旧河原閥の「河原禄郎」は、「河野一郎」の事。

元政治家「河野洋平」の父であり、現政治家「河野太郎」の祖父に当たる。

 

作中にて登場する円筒型の洋裁学院とは、渋谷区代々木にある「文化服装学院」と思われる。

Iデパートは、おそらく「伊勢丹」の事。

 

(文中敬称略)