陰謀将軍暗躍 『足利義昭』

★決して傀儡ではなかった陰謀将軍 『足利義昭』

 

第15代室町幕府将軍、足利義昭

足利義昭は「抜刀将軍」と言われた第13代室町幕府将軍、足利義輝の弟(次男)として生まれた。

名は「覚慶」と言い、その下の弟(三男)は「周暠」と言った。

 

1565年(永禄8)阿波国の有力大名三好家、大和国信貴山の松永久秀が台頭。

久秀は第12代将軍足利義晴の甥にあたる「義栄」を後釜に据え、ロボット将軍化させようと画策した。

 

1565年(永禄8)5月19日、松永久秀・三好三人衆(三好長逸、三好政康、岩成友通)は、俄に将軍宅(義輝)を襲い、誅殺した。

足利義輝は天下の宝刀を地面に刺し、襲い掛かる暴徒を斬りつけていたが、多勢に無勢。

とうとう討ち取られてしまった。

 

久秀・三好三人衆は、京にいた三男の周暠は殺害した。

しかし大和国興福寺一条院の門跡であった当時の覚慶(後の足利義昭)には、流石に手は出せなかった。

 

覚慶は身の危険を感じ、前将軍の臣下だった細川藤孝・一色藤長に護衛され、一条院を脱出した。

脱出後、近江国甲賀郡の土豪和田惟政の宅に入った。

 

覚慶は其の後、六角承禎の臣下矢嶋氏を頼った。

翌年の1569年(永禄9)の還俗。名を「義秋」と改め、足利家の当主である事を示す為、又は上洛の意思ありと内外に示した。

更に義秋は、「秋」と言う文字は終焉に向かうと意味を含む為、足利義昭と改める。

義昭は自分の保護、上洛の力になってくれる各大名に内書を送った。

 

だが各大名は、各地の抗争に明け暮れ、とても義昭の求めに応ずることなどできない状態。

義昭が頼りとしていた越後の上杉輝虎は、甲斐武田家・越中の一向門徒との抗争に明け暮れ、義昭の求めに応ずる事が不可能だった。

 

義昭は自分の現在の無力さを感じ、矢嶋氏の仮寓を脱出。若狭国の武田義統を頼った。

しかし身を寄せた武田家に内紛が勃発。義昭は越前一乗谷の朝倉義景の食客となった。

 

1568年(永禄11)2月、三好三人衆・久秀に担がれていた足利義栄が、第1代室町幕府将軍の宣下を受けた。

朝倉義景は上洛の意図はなく、義昭の焦りは日に日に募った。

 

同年7月、美濃国を統一した織田信長から義昭の許に使者が来た。

義昭は信長の求めに応じ、越前朝倉の許を脱出。岐阜の立政寺で、義昭は信長と対面した。

 

9月7日、信長・家康軍約6万の軍勢は、上洛を目指した。

上洛の途中、近江観音寺の六角承禎を廃し、上洛した。

京にいた三好三人衆は、京を脱出。機を見るに敏な松永久秀は、いち早く信長に恭順の意を示した。

 

三好三人衆・久秀が擁立した義栄は、この間に病死する。

信長軍は東寺に陣を張り、義昭が正式に第15代室町将軍の宣下を受けるべく、待った。

 

10月18日、正式に宣下がくだる。

晴れて義昭は第15代室町幕府将軍に就任した。

 

義昭は、流浪の身から将軍に迄にして貰った信長を「御父」と呼び、感謝した。

褒美として信長に「副将軍」の位を与えると約束した。

 

しかし信長は副将軍の職を固辞する。

代わりとして、「堺」を信長の直轄地にする事を確約させる。

 

義昭は信長の要求に応じた。

この時、義昭は、信長を何と欲のない人間と持て囃した。しかしこれは後に、大きな間違いと判明する。

足利義昭と織田信長の蜜月は、此処までだった。

 

信長の台頭

上洛した義昭は信長に新居を造営して貰い、将軍の権力の悦に浸っていた。

義昭は自分の権力を堅固なものにする為、再び各大名に内書・御教書を送り自分の権威と強めた。

 

義昭は自分の家臣を増やすべく、勝手に知行国の褒章を与え、幕府の再興を目指し将軍の名の下、各大名に税を課した。

これには流石に混乱が生じた。信長も見るに見兼ね、1570年(元亀元)、義昭に対し「殿中御掟」を突き付けた。

 

内容を要約すれば、

・義昭が今迄、各諸大名に送った書状は全て無効。
・将軍が誰かと面会する際、信長の派遣する目付の許可を得る事。
・将軍が書状を送る際、信長の許可を得る事であった。

 

これは実質、今迄のロボット将軍化となんら変わりのない掟。

 

流石に義昭は怒った。この時義昭は、今迄猫を被っていた信長の正体を悟った。

此処からが、陰謀将軍と言われる義昭の本領が遺憾なく発揮される。

 

信長包囲網

信長から「殿中御掟」と突きつけられた義昭は、怒った。

すると義昭は又、各大名に密書を送り、自分が中心となり「信長包囲網」を結成させる。

 

信長包囲網に参加した大名は「浅井・朝倉・武田・三好・六角・本願寺・毛利」など。

1570年(元亀元)嘗て義昭が寓居していた越前朝倉を、信長が攻める事で対立は決定的となった。

 

信長が越前朝倉攻めにて金ヶ崎まで侵攻した際、齟齬が生じた。

以前お市の方で紹介した、義弟「浅井長政」の裏切りである。

 

長政は信長の妹、お市の方を娶ったにも係らず、積年の恩義がある朝倉氏に付いた。

夫長政の裏切りを兄信長に知らせる為、信長の陣中に「両脇を縛った小豆の袋」を届けたのは、有名な話。

 

兎にも角にも長政は、信長を裏切った。

長政の裏切りを知るや否や信長は、一目散に逃げ出し、朽木谷を通り京に逃げ延びた。

京に逃げ延びすぐさまの体制を整え、姉川にて浅井・朝倉軍を撃破した。

 

同年、義昭の求めに応じ蜂起した「顕如」の伊勢長島の一向一揆で信長は、弟信興を亡くしている。

1571年(元亀2)9月、信長は突如、比叡山を攻めた。

比叡山は姉川の戦いの際、浅井・朝倉軍に陣を提供していた。つまり信長とは明確に、対立していたのである。

 

更に桶狭間で今川義元が討たれ、武田軍が駿河に侵攻。

「甲相駿の三国同盟」は破綻していたが、武田家と北条家の関係が修復され、武田晴信は公然と信長の対立する姿勢を取った。

 

武田家が旗幟鮮明に反信長勢に回った事で、一番喜んだのは何を隠そう「陰謀将軍義昭」であったのは、言うまでもない。

義昭は信玄が何時上洛の兵を挙げるのか、心待ちにしていた。

 

信長最大のピンチ

1572年(元亀3)年、信長にとり桶狭間依頼の最大のピンチだったかもしれない。

近江で六角氏、大和信貴山の松永久秀は、嘗て対立していた三好義継と和解。公然と信長に反旗を翻した。

 

そしてとうとう積年の願いであった武田晴信が同年10月、約2万5千の軍を率い、上洛の途に就いた。

武田軍は三方ヶ原で徳川・織田軍を撃破。信長の運命は、風前の灯かと思われた。

 

義昭は1573年(天正元)、信長打倒の兵を挙げたが、事前に察知した信長軍に邸を包囲され、すぐさま降伏。

しかし7月、槇島城にに籠り、再び反信長の旗を挙げた。

再度、信長軍が義昭を屈服させ、人質をとった。義昭は三好義継の若江城に退去させられた。

 

そのまま信長は軍を切って返し、8月に宿敵浅井・朝倉氏を滅亡させた。

この勢いに恐れをなした松永久秀は、あっさり信長に降伏した。

この時信長が何故、久秀の助命を聞き容れたのかは謎。

 

陰謀将軍の末路

浅井・朝倉氏の滅亡後、久秀の降伏。

更に義昭が最も信頼を寄せていた甲斐武田晴信が上洛の途中、死去した為、信長包囲網は脆くも崩れた。

 

包囲網が崩れた為、1575年(天正3)年、武田家の家督を継いだ「勝頼」を長篠にて、撃破。

伊勢長島にて弟信興を殺された相手、一向衆を大量虐殺した。

 

一方、義昭は若江城から堺・紀伊由良を転々とし、結局西国の雄と言われた「毛利氏」を頼るより、他なかった。

毛利を頼り備後の「鞆」に移り、信長を恨みながら生涯を閉じた。

 

鞆に移った義昭は、相変わらず反信長の書状を書き続けたらしい。

義昭が晴れて枕を高くして寝る事が出来たのは、1582年(天正10)6月の「本能寺の変」にて、信長が臣下の明智光秀に討たれた時かもしれない。

 

(文中敬称略)