定年後、新生活を始めようとした男の悲しい末路 松本清張『駅路』

★短編小説:松本清張シリーズ

 

・題名 『駅路』

・新潮社 新潮文庫 【駅路】傑作短編集(六) 

・昭和40年 7月発行

 

登場人物

 

◆小塚貞一

地方の商業高校を卒業後、銀行に25年勤続。目出度く定年を迎える。

定年を迎えた後、日頃の趣味であった旅行にでかけ、そのまま行方不明となる。

 

◆小塚百合子

小塚貞一の妻。小塚が地方支店長代理の時、結婚。二人の子を持ち、近々一人の子供が結婚予定。

夫が定年後、旅行に出かけたまま戻らず、捜索願を出す。

 

◆福村慶子

小塚貞一が広島支店の単身赴任時代、小塚と深い関係になる。貞一が広島支店異動後も関係を続ける。

 

◆呼野刑事

小塚貞一の妻百合子から捜索願を出され、貞一の行方を調査する。

一緒に調査する北尾刑事より、年上の刑事。貞一と年齢が近い。

 

◆北尾刑事

百合子から捜索願を出され、呼野刑事と一緒に貞一の行方を調査する若い刑事。

独身で年齢が若い為、小塚貞一・呼野刑事の心情が理解できない。

 

◆福村よし子

福村慶子の従妹。東京在住。東京にいる為、福村慶子に変わり小塚貞一との連絡係を務める。

 

◆山崎

福村よし子の情夫。

 

あらすじ

 

小塚貞一は銀行を25年勤め上げ、目出度く定年を迎えた。

小塚は地方の商業高校卒であったが、元来真面目な性格で仕事もでき、定年後は役員からの勧めで傍系会社の重役としての再就職も斡旋されていた。

 

しかし小塚は、しばらくはゆっくりしたいと再就職の話を断り退職した。

退職後、銀行勤めからの趣味であった気儘な小旅行に出かけた。

普段と何も変わらない出発に見えた為、別段家族も気に留める様子もなく、そのまま小塚を見送った。

しかしそれは家族が見た小塚の最後の姿であった。

 

小塚は旅行に出たきり、二度と家に戻らなかった。

幾日経っても小塚が帰宅しない為、妻の百合子が捜索願を出した。

 

捜索願を受理した警察側は、二人の刑事が調査を担当した。

刑事が小塚の失踪を調査するに連れ、小塚の失踪は単なる失踪ではなく、事件性を帯びた複雑な要素が絡んでいる事が判明する。

 

事件が解明した際、事件の結末は、定年を迎えた一人の男の悲しい現実が待ち受けていた。

 

要点

 

定年まで勤め上げた男(小塚貞一)は、目出度く第二の人生を始めようとする。

しかし第二の人生は、男が定年退職をする約一ヶ月前に破綻していたという話。

 

小塚は第二の人生を、新しい女とやり直す心算だった。

女は小塚が広島支店の単身赴任時、支店に勤めていた女性で、名を「福村慶子」と云った。

小塚は支店異動後も、福村慶子と関係を続けていた。二人の関係は全く周囲にバレず、10年近く続いた。

会社の人間はおろか、家族の誰にも感ずかれなかった。

 

小塚は暫し、小旅行に出かけていた。おそらくその時、福村慶子と落ち合っていたものと思われる。

小塚は写真が趣味であったが、写真は何故か、常に観光名所ばかりだった。

 

ベテラン刑事の呼野は、小塚の写真に注目した。

小塚の性格であれば一人の旅行の際、あまり大勢が行く観光地は行かないと思われた。

しかし小塚は人物は写っていないが、何故か観光名所ばかりが映っているのに疑問を抱いた。

 

呼野には、何か心当たりがあったのであろう。

小塚の家を訪問した際、小塚が「ゴーギャン」の絵を好んでいた事。

呼野は、小塚は男として仕事面・年齢的に晩年を迎え、人生にもう一花咲かせたいと云う気持ちに駆られたのではないかと推測した。

若い時には分からないが、歳を重ねるにつれ誰もが訪れる心境かもしれない。

小塚は定年を待ち、実行に移した。

 

満を持し小塚は実行に移すが、小塚が待ち受けていたものは、残酷な結果だった。

定年後、一緒に暮らそうとしていた広島時代の愛人「福村慶子」は、小塚が定年になる約一か月前、既に病死していた。

 

福村慶子は小塚の定年前に死亡していたが、小塚は福村慶子の死を知らなかった。

知らなかった理由は、小塚は福村慶子との関係が発覚するのを恐れ、東京在住の福村慶子の従妹「福村よし子」を間に挟み、福村慶子と連絡を取り合っていた。

つまり福村よし子が中継点となり、二人の橋渡しをしていた。

 

小塚が福村慶子の死を知らなかった理由は、福村よし子が慶子の死を伝えなかった為。

何故福村よし子は、慶子の死を伝えなかったのか。福村よし子は、小塚から慶子に渡る金の横取りを計画していた。

よし子は慶子の手当の他、小塚が定年後、必ず持参してくるであろう大金も奪う目論見だった。

 

よし子には、山崎と云う情夫がいた。

よし子と山崎が共謀し、慶子の生存を小塚に信じ込ませ、小塚を誘き出し殺害。

死体を信州の山奥に埋めた。

 

小塚は二人の自供により、失踪から約二ヶ月後、死体となって発見された。

小塚が我慢して定年まで勤め上げ、第二の人生を歩もうとした矢先、小塚は殺害されてしまった。

会社と家庭に我慢し続け、漸く自由が訪れた男の哀しい末路だった。

 

追記

 

読書後、何やら得も言われぬ侘しい気持ちに襲われた。

男なら一度や二度、会社を辞め家庭を捨てたいという気持ちに駆られる事がある。

今回の作品は、社会で働く男の気持ちを代弁しているのかもしれない。

 

作品中で清張は、小塚の趣味である絵画作者「ゴーギャン」に言及している。

ゴーギャンの言葉に因れば、

「人間は絶えず子供の犠牲になる、それの繰り返しだと」

当にその通りかもしれない。それは生きとし生ける者の宿命かもしれない。

 

作品中に登場する妻百合子は、何か冷めた雰囲気を漂わせる女性。

夫が失踪しても取り乱す様子もなく、夫が支店に転勤になれども一緒に付いていく訳でもない。

何か殺伐とした家庭の雰囲気が伺える。

 

一見どこにでもある家庭の姿だが、いつ起こってもおかしくない話にも思われる。

晩年を迎えた、哀しい男の末路とでも云うのだろうか。

 

同じ清張作品で『薄化粧をする男』も、主人公の男は迫りくる身の衰えを否定。衰えを誤魔化す為、薄化粧をする。

その振る舞いが、身の破滅を招く話。

人間、誰しも迎える老い。老いを認める辛さは、男女間にあまり差がないのかもしれない。

 

(文中敬称略)