戦国時代きっての極悪人、アクの強い男「松永久秀」

戦国時代の蝮(マムシ)と云えばおそらく「斎藤道三」を思い浮かべるのではなかろうか。

更にもう一人の梟雄を挙げるとすれば、「松永久秀」を思い浮かべるかもしれない。

 

道三が蝮であれば、久秀は「サソリ」と云う言葉が当てはまるのではないか。今回は戦国時代、あまり評判が宜しくない、松永久秀と取り挙げてみたいと思う。

 

松永久秀の生き様

松永久秀を語る上で、忘れてはいけない言葉。

 

「公方を弑し、其の主三好にあだを成し、且つ大仏殿を焼き此の三大事は古来のなし難き処成」

 

現代風に訳せば

「室町将軍(第13代義輝)を殺し、主君三好家に背き、奈良の大仏を焼き払った事。此の三つは、昔の人にはできなかった事」

 

であろうか。松永久秀と云う男は、昔から誰もできなかった

①将軍(室町将軍、足利義輝)殺し

②自分が仕える主家(三好家)に反乱

③奈良の大仏を焼き払った人間と評価されている。つまり戦国きっての極悪人であり、極めてアクが強い男と言える。

上記の言葉が、織田信長が徳川家康に久秀を紹介する際の言葉とされている。

 

久秀という男、三好家に仕えるまでの出自・経歴は、あまり知られていない。同じ戦国で蝮(マムシ)と云われた「斎藤道三」と同郷、同じ油売りの出身との説もあるが、はっきりした事は分からない。

久秀が歴史に顔を現すのは、阿波の名門三好家に仕えてからの事。頭角を現したのも、かなり年齢がいってから。数少ない史料によれば、三好家に仕え右筆(記録などに携わる仕事)等をしていたらしい。

三好家が京の室町幕府の役職として力をもつにつれ、久秀の地位も徐々に上がっていった。

 

久秀が武将として活躍するようになったのは、既に50歳を越え、三好家から大和信貴山城主に任命されてからの事。昔の年齢の感覚では、かなり遅い出世と言える。

大和と云う国は昔から興福寺の影響が強い土地で、興福寺の荘園が多い処でも有名。つまり多くの利権が入り組んでいた土地と言える。

 

興福寺と云えば、当然藤原氏の縁の寺。藤原氏の関係と云えば、皇室・公家などに繋がる関係。

三好家が大和国を支配する為、久秀が派遣された。久秀は、大和国で勢力を持っていた筒井家を滅ぼした。

しかしこの時、筒井家の世継ぎ「筒井順慶」を取り逃した。順慶は後に信長に仕え、久秀と対抗するようになる。

 

この頃から久秀は主君三好家に堂々と、反逆心を持つ。1563年(永禄6)、主君三好長慶の嫡男義興が亡くなった。長慶はその後養子を貰い、三好家を継がせようとしたが、長慶も息子の後を追う形で、間もなく病死した。

その後三好一族は、次々と謎の死を遂げた。三好家は一挙に衰退する。

現代でも同様、人が死んだ時、一体誰が得をするのか。今回の三好家の度重なる死で、誰が一番得をしたのか。

云うまでもなく、久秀であろう。情況証拠の域でしかないが。久秀の影響は強大なものとなった。

 

将軍殺し

 

当時の将軍家は足利義輝(第13代)が就任。将軍家は臣下の三好家が徐々に勢力を拡大する事を、苦々しく思っていた。義輝自身、三好家の没落を喜んでいたのは間違いない。

義輝は各大名の力を使い、三好家に代わる久秀の排除を企んだ。将軍の企みを察知した久秀は、今度は主君三好家の三人衆と共謀。逆に将軍暗殺を企んだ。

 

1565(永禄8)年5月19日、久秀は兵を率い、入京。将軍館を取り囲んだ。将軍義輝は、当時の将軍としては珍しい剣術の達人だった。

兵に囲まれた際、将軍家伝来の家宝の刀を地面に刺し、襲い掛かる兵に応戦した。

将軍は多くの兵を斬ったが、所詮多勢に無勢、とうとう討ち取られてしまった。

義輝には二人の弟がいたが、それぞれ門跡に入っていた。三男は将軍と同じく討ち取られ、次男は危うく難を逃れた。

次男は僧籍で覚慶と云ったが、覚慶は後の第15代将軍「足利義昭」の事。

 

将軍を暗殺した久秀は、自分の言いなりとなる傀儡(かいらい)将軍を立てようとした。第11代将軍義澄の孫「義栄」が阿波国にいた為、将軍にすべく画策した。

将軍暗殺に手をかした三好三人衆だが、日増しに久秀の専横に腹を立てた。

今度は久秀と対抗する為、大和で滅ぼした筒井家の世継ぎ順慶と組み、久秀の排斥を企んだ。

 

戦いは近畿地方一帯に及んだ。戦いの中、反久秀軍が大和東大寺に陣取った。久秀は躊躇せず東大寺を攻撃した。

1567(永禄10)年10月10日の出来事。

この日付けは、後々の話にも絡む為、是非記憶して頂きたい。

 

久秀の攻撃で火の手が回り、東大寺の大仏は焼け落ちた。見事に三大悪事の達成。

久秀という男、自分の為なら全く人が躊躇する事も、お構いなしで成し遂げる人間と言える。

斎藤道三は美濃一国を収奪した男で評価が高いが、久秀の場合は、自分の欲の為ならお構いなしと云った人間。まさに極悪人。

 

織田信長に恭順

 

数々の悪行を施した久秀に転機が訪れた。将軍義輝を暗殺した際、取り逃がした覚慶が還俗。足利義昭として、信長の後ろ盾で上洛した。

義昭は京を脱出後、越前朝倉家の庇護の下にいた。

しかし朝倉が一向に上洛の意思を見せない為、美濃を攻略した信長を頼り、上洛した。1568(永禄11)年の事。

 

機を見るに敏と言うのか。久秀は早速、信長に恭順の意を示した。将軍義昭は兄を殺した男である為、当然反対した。

しかし信長は何故か、久秀の申し出を承服した。義昭との関係が悪化したのは云うまでもない。

此れが信長の不思議な処。能力の無い人間は即座に切り捨てるが、能力のある人間は多少問題があっても配下に召し抱える。

実力主義は信長の力が増大する要因の一つだが、これが後々信長の命取りとなる。勿論それは、明智光秀の事。

 

信長の麾下で活躍

 

信長に服属後、久秀は近畿地方の制圧に尽力する。信長のお墨付きを得た為、宿敵筒井順慶討伐に力を注いだ。

もう一つ久秀の活躍を挙げれば、1570(元亀元)年、信長は越前朝倉攻めを決行した。

越前に攻め込んだ信長だったが、義弟「浅井長政」の裏切りにあい、信長は越前金ヶ崎で撤退を決意した。

信長は近江の朽木谷経由で京に逃れる際、久秀は土豪「朽木元綱」を説得した。

 

信長が撤退する最中、いつ土地の豪族が裏切り信長を襲ってくるとも限らない。その為、久秀は先遣隊として朽木元綱を説得する役を請け負った。

久秀の働きで、信長は無事京に到着。危うく死地から逃れる事ができた。

 

久秀、信長に反旗を翻す

 

越前撤退で功をなした久秀だが、1572(元亀3)年、信長に対し突如反旗を翻した。

義昭の信長包囲網の求めに応じ、武田信玄が上洛の途に就いた。久秀も呼応、信長に反旗を翻した。

この頃、信長と義昭の関係は相当悪化していた。義昭は信長包囲網の張本人だった。

しかし久秀と云う男、やはり少し理解に苦しむ。自分を嫌っている人間(義昭)に呼応して、反信長勢力に加わる処が少し解せない。

 

久秀の反乱はあえなく頓挫。上洛の途にいた信玄が病死した為、反乱は失敗に終わる。信長から信玄に乗り換えようとしたのかもしれないが、久秀は失敗した。

久秀は何とか信長に言い訳して、難を逃れた。

信長の性格で、久秀を許したのも珍しい。この時を境に、久秀の運命の風向きが変わった。

 

宿年の敵だった筒井順慶が信長に服属を申し入れ、信長に許可された。

当然久秀は面白くない。嘗て自分が信長が上洛した際、久秀も信長に服属を申しいれ、許可されたと全く同じなのだが。

其の後信長は久秀ではなく、順慶を重用。大和国守護の地位を与えた。

順慶とは、完全に形成が逆転した。

 

久秀、二度目の反乱

 

1577(天正5)年8月、越後上杉謙信が織田領の能登・加賀国に侵攻。それに乗じて久秀は、二度目の反信長の旗を翻した。

8月23日、加賀国手取川にて、上杉軍と織田軍が激突した。

 

結果は織田軍の大敗。このまま上杉軍の進撃が続くかと思われた。

しかし上杉軍は戦い後、何故か春日山城に撤退。京に近づく事なく、引き返した。久秀の目論見は脆くも外れた。

 

信貴山城に籠った久秀は、流石に二度目の反乱の為、今度は許されないと観念。

鎮圧軍として信忠軍が派遣された。中には宿敵順慶もいた。

有名な逸話で、信長は久秀に命だけは許すとの条件で、当時名器とされた久秀が所有する「平蜘蛛の釜」を要求した。

 

久秀は当然、要求を撥ね退けた。

久秀は平蜘蛛の釜を家臣にもってこさせ、自らの手で粉々に打ち砕いた。あくまでも信長に渡したくないと云う意地の現れだった。

 

約二ヶ月の籠城後、もはや此れ迄と観念。久秀は自刃を決意。

自刃する際、いつも習慣でお灸をすえた。部下が訝り質問した処、久秀は

 

「自刃する際、中風で自刃ができないとどうする。死ぬのが怖くて自刃できなかったと言われる。死ぬ直前まで養生すべきだ」

と答えた。

 

何か関ヶ原で負けた西軍の石田三成が処刑される際、のどが渇いたので籠をもつ兵に水を所望した折、輸送の兵は

「水はないが干し柿がある」

 

と答えた。すると三成は

「干し柿は喉に悪い」

と云い、断った話に何か似てる。

 

お灸の後、久秀は自刃。

自分の首が信長に渡るのを嫌がり、自分の体を天守閣もろとも火薬で吹っ飛ばした。悪人最後の見事な散り様だった。

 

因みに久秀が爆死したのが、東大寺の大仏を焼いた「10月10日」と同日。

人々は、仏罰が下ったと言い囃した。確かに因縁めいたものを感じる。まさに悪人らしい最後と言える。

 

久秀と云う男、目的の為なら手段を択ばない男。それはどんな極悪非道と云われ様が、決して容赦なく、悪を貫き通す。

繰り返すが、アクが強くまさに極悪人。目的の為には、相手をも殺す「サソリ」とも言える男だったのかもしれない。

 

・参考文献

【神霊の国 日本 禁断の日本史】

井沢元彦
(K・Kベストセラーズ 2000年5月発行)