人生の儚さを描いた作品 『リア王』原作 黒澤明監督『乱』

★懐かしい日本映画 黒澤明監督シリーズ

 

・題名      『乱』

・公開      東宝 1985年

・監督      黒澤明        

・製作      セルジュ・シルベルマン、原正人

・撮影      斎藤孝雄、上田正治 

・音楽      武満徹

・脚本      黒澤明、小国英雄、井手雅人

・配給      東宝、日本ヘラルド社

・原作      『リア王』シェイクスピア作

 

出演者

 

・一文字秀虎  :仲代達矢      ・一文字太郎孝虎:寺尾聰

・一文字次郎正虎:根津甚八      ・一文字三郎直虎:隆大介

・楓の方    :原田美枝子     ・末の方    :宮崎美子

・鶴丸     :野村武司      ・鉄修理    :井川比佐志

・狂阿弥    :ピーター      ・平山丹後   :油井昌由樹

・生駒勘解由  :加藤和夫      ・小倉主馬助  :松井範雄

・長沼主水   :伊藤敏八      ・藤巻の老将  :鈴木平八郎

・白根左門   :児玉謙次      ・楓の老女   :東郷晴子 

・秀虎の側室  :南條玲子      ・畠山小彌太  :加藤武

・綾部政治   :田崎潤       ・藤巻信弘   :植木等

 

あらすじ

 

戦国時代の雄「一文字秀虎」は、年齢70歳の老将。

3人の立派な息子に恵まれ、それぞれ3人に城を任せ、領国を守らせていた。

 

既に世間では、隠居しても良い年齢。友好国である隣国領主を招き、一族・家臣共々と狩りを楽しんでいた。

狩りの後、宴が催され、一同和やかに進むかと思われた。

 

狩りに呼ばれた隣国領主「綾部」と「藤巻」の両名は「一文字家」と誼を深める為、自分たちの娘と三郎との縁組を企んでいた。

 

宴は俄に、荒れ模様と化す。

宴をよそに狸寝入りか、うたた寝かは分からぬが、当主一文字秀虎は宴の途中で寝入ってしまった。

 

暫く眠った秀虎は、何か悪夢でも見たのであろうか。突如、引退を決意。

家督を太郎に譲ると宣言した。秀虎は太郎への忠誠、一族の結束を求めた。

 

三郎は父の弱気を嗜め、更に一族の結束など所詮、儚いものだと述べ、秀虎の怒りを買う。

三郎はその場で廃嫡。一文字家、追放の身となる。

 

追放になった三郎、秀虎を諫めた家臣平山丹後は放逐となった。

しかしその態度を隣国「藤巻」に見込まれ、三郎は藤巻家に婿入りの身となった。

 

家督を太郎に譲ったが其の後、秀虎の家臣と太郎の家臣との間で諍いが始まった。

俄に、城内に不穏な空気が流れる。

 

太郎は正室「楓の方」に唆され、次第に秀虎を疎ましく感じ始め、排除し始める。

互いの家臣間が争っている最中、秀虎は太郎の家臣を弓で射殺する。

 

結果、秀虎と太郎の不和は、決定的なものになった。

太郎は父秀虎に、自分に忠誠を誓うよう誓紙を強要した。

当然秀虎は面白くない。秀虎は太郎の許を去り、次郎の城に移った。

 

※此れは、現代の企業でも暫しありがちな出来事。

現社長が退任。今まで恩恵を被っていた現社長派が、次期社長が就任した後、冷や飯を喰う事例。

 

当然前社長派は面白くない。自然に会社内で争いが起き、不穏な空気が流れ始める。

此れが内部争い、派閥争いの始まりに繋がる。

 

此の争いが暫し組織の崩壊・弱体化を招く原因となるのは、古今東西みな同じ。

一文字家も類にもれず、一家の崩壊が始まる。

 

しかし次郎も太郎からの連絡を受け、心良く秀虎を受け入れる気はなかった。

秀虎は次郎にも冷たくあしらわれた。

途方に暮れた秀虎は仕方なく、嘗て三郎が城主をしていた城に入るほか、選択肢はなかった。

 

秀虎が三の城(元三郎の城)に入るや否や、太郎・次郎の両軍が三の城に押し寄せ、秀虎を攻撃した。

側近「生駒・小倉」も秀虎を裏切り、秀虎は敗退する。

 

この時、乱戦に乗じ、次郎軍の家臣(鉄修理)が太郎を射殺した。

焼け落ちる城の中から、秀虎一人が出てきた。

しかし流石に気が咎めるのか、誰も秀虎にとどめを刺そうとはしない。

 

秀虎は発狂、何処ともなく落ちていく。

太郎を討ち取った次郎は、一文字家乗っ取りに成功した。

 

荒野を彷徨っていた秀虎は「平山・狂阿弥」に保護され、あばら屋に一夜の宿を求めた。

あばら屋の主は、嘗て秀虎が攻め滅ぼした一家の残党だった。

 

あばら家の主は、次郎の妻「末の方」の弟、「鶴丸」

鶴丸は一家を滅ぼされ、秀虎に目を潰された過去があった。

 

太郎が討ち死にした後、太郎の正妻「楓の方」は次郎を篭絡。

楓は、次郎の妻「末の方」を殺害するよう唆す。

 

平山丹後守は秀虎の身を藤巻に囲われている三郎を迎えに来させる為、藤巻領を目指した。

平山から知らせを聞いた三郎は軍を率い、廃城で身を寄せていた秀虎を迎えに行く。

 

三郎の軍に、舅藤巻も加勢した。

隣国の不穏な動きを察知した舅藤巻は、一文字家のお家騒動を嗅ぎつけ、婿殿三郎を援護するとの名目で、あわよくば領土を掠め獲ろうとの目的で、兵を国境に進めた。

当に一歩間違えれば、戦闘になりかねない状況。

 

秀虎は、再度発狂。廃城から逃走した。

次郎、三郎軍が対峙しているのを見計らい、綾部軍も結集して来た。

綾部も両軍の争いに乗じ、漁夫の利を狙おうとの考えだった。

 

次郎軍は、秀虎を迎えにいった三郎の軍勢に戦いを仕掛けた。

その時次郎は、綾部本隊が一文字領に攻め入った報を受けた。

実は目の前にいる綾部軍は囮で、綾部軍は本隊を、一文字家の本城に差し向けていた。

 

三郎は秀虎を、荒野で発見。二人は今迄の己の非を詫び、和解する。

和解を果たした三郎・秀虎であったが、三郎は次郎が配備した鉄砲隊に狙われ、絶命する。

 

あまりの人生のみじめ・むごさの為、秀虎も三郎と供に絶命する。

次郎軍は撤退。本城に戻るが、城は既に落城。一文字家は滅亡する。

 

見所

 

冒頭、一文字一族・郎党が狩りをするシーンから始まる。

狩の際、紋章をみれば「月星」の家紋に近い。因みに月星は、「千葉家」の家紋。

 

狩りの後の宴の席で秀虎は転寝をし、その時見た夢が、後の自分の人生を暗示している。

正夢とも言うべきであろうか。

 

家督を譲り、一の丸から二の丸に移った秀虎だったが、城内で秀虎と太郎の側近・家臣達が諍いを始める。

現代でも同様、隠居の身となった元家長の家臣・現家長の家臣とは、折り合いが悪いもの。

 

会社も同じ。社長が退任。会長職に退くと同時に、元社長の側近は引退か左遷される宿命。

徳川幕府の初期、駿府の大御所・江戸の将軍の側近間で、仲が悪かった。

家康の死後、駿府にいた側近は政争に負け、殆どが粛清された。

 

結局、太郎の正室楓の方は、一族を秀虎に滅ぼさた故に秀虎に復讐の念を燃やし、一文字家の滅亡を企んでいた。

 

太郎・次郎に秀虎を討たせ、秀虎郎党を誅殺。乱戦に紛れ、次郎の家臣は太郎を射殺。

次郎は、一文字家乗っ取りに成功する。

 

三郎が嘗て守っていた城に籠った、秀虎の家臣・郎党は討ち死に。

秀虎を裏切った側近生駒・小倉も、追放の身となる。

まさに醜い、骨肉の争いを呈した。

 

秀虎は嘗て自分が攻め滅ぼした一族の廃城に身を潜め、狂阿弥(食客の狂言師)の世話を受けた。

平山は藤巻に婿として迎えられた三郎の許に行き、秀虎を迎えにくるよう説得にいく。

 

平山の求めに応じ、三郎は秀虎を迎えにやって来た。

三郎は、只秀虎を迎えに来ただけであったが、舅の藤巻は、三郎の加勢した。

 

藤巻はあわよくば、一文字領を掠め取ろうと画策した。

ひとつ間違えれば、藤巻と一文字家との戦になり兼ねない状況。

 

次郎・三郎軍が対峙しするのを見計らい、綾部軍もやってきた。

もし次郎・三郎軍の何方が勝っても、互いは疲弊する。綾部は、あわよくば漁夫の利を浚おうとの魂胆。

 

三郎は秀虎と逸れた狂阿弥の話を聞き、秀虎を原野に探しに行く。

野原で佇んでいた秀虎を発見。三郎・秀虎は互いに今迄の不義を詫び、和解を果たした。

 

次郎軍は、三郎が留守の藤巻軍に戦いをけしかける。

戦いの最中、綾部軍が一文字家の国境を越え、攻め入ったとの報が入る。

どうやら目の前の綾部軍は囮の模様。

 

次郎軍は撤退した。撤退の際、次郎軍は三郎軍に散々に撃ち破られる。

次郎軍は本城に戻るが、時既に遅し。綾部軍が目の前に迫る。

 

三郎は和解を果たした秀虎を馬に乗せ、自軍に引き上げようとした。

しかし三郎は、次郎が密かに配備した鉄砲隊に撃たれ、落命する。

 

秀虎はあまりの運命のむごさに嘆き哀しみ、自らも絶命する。

当に「人生の悲劇」とも言える。

 

城が陥落する寸前、一度は逃げた「末の方の首」が届けられた。

鶴丸が忘れた笛を取りにいった老婆の帰りが遅い為、末の方は様子を見に行き、次郎の手下の者に撃たれ、首を刎ねられた。

 

◆最後に楓の方が

 

「一門を滅ぼし、親兄弟を殺した一文字家の最後を見届けたかった」

 

と述べる。当に、積年の恨みが達成された瞬間だった。

 

楓の方は鉄修理に斬られ、絶命。城は綾部軍に攻められ落城。一文字家は滅亡した。

 

藤巻軍は秀虎と三郎の亡骸を運び、自領に撤退。

廃城の石垣に登った鶴丸が、帰らぬ人を待つシーンで映画は幕を閉じる。

 

まさに人間の儚さ・無常を描いた作品と言え様。 

 

追記

 

設定は西国の雄「毛利元就」、3人の息子は「毛利隆元、小早川隆景、吉川元春」がモデル。

3本の矢は元就の逸話から取ったもの。

 

実際の毛利家はご存じの如く、結束が固く、関ヶ原の敗戦にも係らず、徳川治世を生き残り、幕末の倒幕運動で活躍。

見事、明治維新まで生き残る。

 

配役にも同じ事が言えるが、何となく同じ黒澤明監督作品「影武者」と重なる箇所が随所に見られる。

内容的に、シェイクスピア原作の同監督作品「蜘蛛巣城」にも重なる。

身内同士が互いに疑心暗鬼になり、滅ぼしあう処。黒幕的存在が、「正室」であるのも似ている。

魔性というのか、魔物と言うべきか。

 

因みに三郎が隣国の国主に見込まれ、婿入りする家の名が「藤巻」。

蜘蛛巣城の冒頭、北の館の主で謀反を起こし、失敗する武将の名も「藤巻」だった。

余程監督の黒澤は、藤巻を云う名が気に入っていたのだろうか。

 

何と言っても登場する武者たちの衣装・城などのセットが、豪華で素晴らしい。

城の炎上・合戦シーン等もなかなか見ごたえある。 

 

(文中敬称略)

 

参考
一介の盗人から一国の城主となった者の数奇な人生を描く、黒澤明監督作品「影武者」