織田・徳川軍が武田騎馬隊を撃破 戦法の転換期となった「長篠の戦い」

天正3年(西暦1575年)5月21日、奥三河の長篠城の攻防を巡り、織田・徳川連合軍と武田軍との戦闘が行われた。有名な「長篠の戦い」である。

この戦いにて織田・徳川連合軍は、当時最強と言われた武田の騎馬隊を撃ち破り、勇名を天下に轟かせた。

 

長篠の戦いは今までの戦法に変化を齎し、以後の戦いに大きな影響を与えたと言われる。

今回、長篠の戦いを見ていきたいと思う。

 

武田信玄死後、勝頼家督を相続

1573(天正元)年4月、西上の途中で武田信玄が死去した。家督を継いだ勝頼は翌年1574(天正2)年6月、遠江高天神城を陥落させた。

高天神城は父信玄ですら落とせなかった城。

 

血気盛んな勝頼は、信玄以来の重臣の重圧・頸木からのがれる意味もあったであろう。次々に版図拡大に乗り出した。

因みに武田家の最大版図は勝頼時代である。

 

勝頼、長篠城攻め

勝頼は信玄の死後、武田家から徳川家に靡いた奥三河の諸城を奪還しようと目論んだ。

武田家動くの報を受け、家康は作手城主の奥平貞能の嫡子「貞昌」を長篠城に入れ、長篠城を守らせた。

 

奥平親子には、面白い話が残されている。奥平貞能は武田信玄の死後、勝頼を見切り、徳川家に就こうとしていた。

処が計画が事前に漏れ、武田方に詰問される為、呼び出された。

 

呼び出された貞能は武田方から詰問されども、しらぬ存ぜぬとしらを切り通す。

おまけに腹が減ったと湯漬けを御馳走になり、長話をして何のお咎めもなく作手城に帰った。

 

帰城後、武田家に反旗を翻した強者である。反旗を翻した事で、武田家に人質として取られていた妻と末子は勝頼に処刑された。

貞能の嫡子貞昌は、家康の長女亀姫と婚姻の予定だった。

前年武田家から徳川家に寝返り、功として家康は娘を嫁がせる事で報おうとしていた。

 

勝頼は前年、高天神城を落とした事もあろう。1575(天正3)年3月、約1万5千の兵を従え、失地回復すべく国境を越え、徳川領に侵入した。

足助を攻め、長篠城を囲み始めた。長篠城の兵は約500人。奥平は当然籠城戦法をとり、徳川方の援軍を待った。

 

武田軍来たるとの報を受け、家康は信長に援軍を依頼した。畿

内平定に忙殺されていた信長も、流石に武田家のこれ以上の拡大を憂慮。

信長は家康の求めに応じ、自ら長篠城援軍に赴いた。

信長は約3万といわれる軍を率い、5月13日に岐阜を出立した。

 

5月8日、武田軍は本格的に長篠城攻めを敢行した。奥平貞昌は寡兵でありながら家康の娘婿に選ばれるだけあり、武田家の猛攻を必死に耐えた。

5月14日に、信長軍が岡崎に到着。長篠は落城寸前。城内から援軍の急を告げる為、足軽の中から泳ぎの上手い者を抜擢、岡崎に派遣した。

 

鳥居強右衛門の活躍

援軍の急を告げる使者として「鳥居強右衛門」と言う人物が選ばれた。

強右衛門は夜陰に紛れ、長篠城を脱出。5月15日、岡崎城に入り、貞昌の密書を手渡した。

 

14日には、信長軍が到着していた。強右衛門は安心したであろう。

密命を果たすと一刻も早く、長篠城内の者に知らせたいと思い、すぐさま岡崎を出発。

長篠城を目指した。5月16日、城に入ろうとするが、強右衛門は武田軍に捕縛された。

 

捕縛された強右衛門は、織田・徳川軍の援軍が来ることを勝頼に告げた。

今度は武田軍のピンチである。大軍がくる事で、城と大軍の挟み撃ちになる恐れがある為。

 

勝頼は焦った。そこで勝頼は強右衛門に一計を講じた。もし城に向かって

「援軍は来ない、速やかに開城しろ」

と言えば、城内の兵の士気は衰え、援軍が来る前に落城するであろうと。城主と城兵の命を助けるとの条件付きで。

 

強右衛門は勝頼の策を、受諾するかに見えた。強右衛門は城が見える高台に臨み、

「もう過ぐ援軍が来る。もう少しの辛抱だ」

と思いっきり叫んだ。言葉を聞いた城兵たちは、士気を取り戻し吶喊(とっかん)を上げた。

 

強右衛門は捕らえられ、磔刑(たつけい)に処された。

後世、強右衛門の功績を称える碑が立てられ、強右衛門の磔刑の図を家康の家臣「落合佐平次」が指物とした。

 

5月17日、長篠城を囲み既に10日。織田・徳川軍の援軍も到着寸前。

勝頼は撤退か、迎撃かの選択を迫られた。

信長は18日、設楽原に到着した。

 

信長軍、設楽原にて馬防柵を築く

織田信長、設楽原に布陣。武田軍の騎馬隊の来襲に備え、3重の馬防柵を築く。騎馬隊の突撃に備え、空堀・土塁を築く。

に勝頼が決戦時、突撃してくるように間者を放ち、織田・徳川軍の士気の低さ、臆病さを吹聴させた。

武田軍は軍議を開き、織田・武田軍の士気がそれ程高くないと判断。決戦に臨む決議を下す。

 

軍議では、信玄以来の重臣山県昌景、内藤昌豊、原虎胤、馬場信春、穴山信君(梅雪)は決戦に反対だったが、勝頼は跡部大炊助の意見を採用。決戦に臨んだ。

 

資料では、長坂釣閑斎も登場しているものもあるが、此れは誤り。長坂釣閑斎は、その場にいなかった。

 

鳶ヶ巣山砦を奇襲

5月20日軍議にて酒井忠次が、鳶ヶ巣山砦奇襲策を提案。

一時却下されるも、後に採用、実行された。

 

軍議で愚策と信長に却下して、後に呼び出され、採用されたというエピソードの真偽は定かでないが、兎に角実行された。

酒井忠次は約4千の兵で豊川下流を渡海。大きく迂回、5月21日の鳶ヶ巣山の武田軍に奇襲をかけ、武田信実(信玄の弟)、三枝守友などが戦死した。

いよいよ武田軍は決戦を仕掛けるより他、選択肢はなかった。

 

武田騎馬隊の突撃

5月21日、連吾川を隔て織田・徳川軍が陣を布いた。武田軍とは互いに「鶴翼の陣」で対峙した。

前夜の雨は晴れ、火縄が使える状態となる。織田・徳川軍で3000挺と云われている鉄砲が、一斉に火を噴いた。

鉄砲隊の前には、騎馬隊の突撃を防ぐ馬防柵が設置されていた。

織田・徳川軍は鉄砲隊を1000挺を3連隊に分け、鉄砲を撃ちかけた。

 

昔の鉄砲は玉を込める際、「先込め式」で時間がかかる。

玉を鉄砲に詰めている間に、前の鉄砲隊が射撃。撃ち終われば、隊は後ろに下がる。

後ろに控えていた鉄砲隊が前に出、射撃。

これを永遠に繰り返せば、敵が騎馬で突撃しても、間髪いれず敵を射撃する事が可能。

 

現代のマシンガンを想像してもらえば、分かり易いかもしれない。

玉が連射でき、敵を自軍に近寄らせる事なく、手前で打ち倒す事が可能となる。

仮令玉をすり抜けてきても、馬防柵にひっかかり次の鉄砲の餌食となる算段。

 

更に鉄砲隊に有利なのは、馬は大変「臆病な生き物」で、音に敏感に反応する。

つまり鉄砲隊の轟音に対し、馬が怖気ついたり、轟音に驚き、乗っている人間を振り落とそうとした筈。

かなりの効果があったと思う。

 

武田軍は攻撃中、鳶ヶ巣山の異変にも気付き、挟撃を防ぐ為、中央突破しか道が残されてなかったのかもしれない。

 

波状攻撃を繰り返す武田側には、次第に死屍累々の山が築かれる。

戦闘で武田軍は、信玄以来の遺産とも言うべき重臣を一挙に失った。

山県昌景、内藤昌豊、原昌胤、馬場信春、真田信綱、真田昌輝、甘利信康、土屋昌継など。

 

午前6時頃始まった戦いは、午後2時頃に大勢が決した。

勝頼は従者に守られ、ほうほうの態で戦場離脱した。

武田軍は惨敗。撤退の際、敗残兵僅か4000人と云われている。戦死者約1万人近く。

 

一方、織田・徳川軍は、これ程の大勝を予測していなかったのではないかと思われた。

設楽原に布陣する前、長篠城が落城していれば、こうも大勝ができなかった可能性が高い。

戦い翌日の5月22日、信長は早々に陣払いをした。

 

かくして長篠の戦いは、織田・徳川連合軍の圧勝に終わり、武田家はこの戦いを境に没落の一途を辿る。

奥三河から武田軍を駆逐した後、家康は約2年程かけ、嘗て武田家に奪われた旧領地を奪還した。

 

戦いにより、旧来の戦法が一変した。

騎馬隊中心の戦いから、足軽を主とし鉄砲を中心とした戦法に。

長篠の戦いは、戦国時代の日本史の方向性を決定付けたとも言える。

 

尚、織田・徳川軍の3000挺の三段撃ちは資料にはなく、現代の研究によれば無理ではないかと云われている。

しかし今回いろいろ異説はあるかもしれないが、従来通りの三段撃ちを前提として述べてみた。

 

追記

長篠の戦いを振り返れば歴史を見る際、常に大きな流れの中で、歴史と言うものを見つめなければならないと実感する。

今回の長篠の戦いは、戦国時代における戦法の転換期であった。

長篠の戦い以後、戦いに変化が見られ、それに伴い築城法も変化した。

 

元来は、山城が有利であるとされていたが、鉄砲の出現により守るには高台から見下ろす必要があった。

攻められた場合、相手の鉄砲の飛距離から逃れる為、石垣を設け城郭を築き、鉄砲櫓・天守閣等が必要とされた。

 

歴史は細かく一箇所を見つめれば点だが、点を繋げれば線となる。

線は正に、歴史の流れ・歴史の綾とも言える。

 

歴史の流れと言えば、面白い事実が存在する。

長篠の戦いで武田家の惨敗により、戦国時代の終焉まで影響を与える一家(人物)が登場する。

「真田家」である。

 

真田家は今迄、信濃の土豪として武田信玄に仕えていたが、長篠の戦いで真田信綱・昌輝兄弟は戦死。真田本家を昌幸が継ぐ事になった。

昌幸、長男信幸、次男信繁の活躍は、過去のブログで述べた通り。

 

もし昌幸が家督を相続しなければ、第一次上田城の戦い、関ヶ原での犬伏の別れ、第二次上田城の戦い、そして豊臣家滅亡の戦い「大坂の陣」での幸村(信繁)の活躍はあり得なかった。

まさに歴史の綾とも言える。

 

戦国時代の表の主役が「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康」とすれば、陰の主役は「真田家」と言えるかもしれない。

 

余談だが、以前ブログで紹介した黒澤明監督映画「影武者」は武田信玄死後の影武者の生き様、長篠の戦いを題材としている。

参考:盗人から一国城主となった男の数奇な運命を描く 黒澤明『影武者』

 

・参考文献

【逆説の日本史10 戦国覇王編】井沢元彦

(小学館・小学館文庫 2006年7月発行)

 

【私説・日本合戦譚】松本清張

(文藝春秋・文春文庫  1977年11月発行)

 

【週刊新説戦乱の日本史 1長篠の戦い】

(小学館・小学館ウイークリーブック 2008年2月発行)

 

【真説戦国史⑬ 織田信長合戦論争】

(新人物往来社・歴史読本 3月号 1999年3月発行)

 

(文中敬称略)