少年時代、皆が真似た映画 ジャッキー・チェン『蛇拳』

懐かしい香港映画。ジャッキー・チェン(成龍)シリーズの一つ「蛇拳」。

地上波で放送された翌日、学校ではジャッキー・チェンが溢れていた。そんな素朴な時代の映画。

 

・題名      『蛇拳』     

・公開      1977年 香港

・配給      思遠影業、東映 

・監督      ユエン・ウーピン     

・製作      ウン・シーユアン

・脚本      ウン・シーユアン、クリフォード・チョイ

・音楽      周福良

 

出演者

 

・単呆      :ジャッキー・チェン(カンフー道場で下働きをする青年)

・白長天     :ユエン・シャオティエン(蛇拳流派の継承者)

・リー師範    :デーン・サキ(簡福が住み込みしている道場の師範)

・リン師範    : チャン・ロン(同じく、簡福が住み込みしている道場の師範)

・上官逸雲    :ウォン・チェンリー(鷹爪拳流派のボス)
 

 

作品概要

 

カンフー道場で下働きをする単呆は、師範代の練習台などをやらされ、悲惨な毎日を送っていた。カンフーを習うなどもっての他、いつもこき使われていた。

ある日、単呆は町で複数の人間に絡まれている老人の助けに入った。実は老人はカンフーの使い手で、単呆れの手など借りなくても切り抜ける事ができたが、単呆には分からないように相手をやっつけた。

 

単呆はカンフーの達人とは露知らず、ただ困っている老人と思い、自分の道場に連れていき、道場で老人をもてなした。

老人との談笑中、単呆は稽古と云う名目の殴り台にされていた。

単呆の惨めな姿を見た老人は、一宿一飯の恩義を感じ、単呆にカンフーのよけ方を伝授する。

壁にカンフーの極意を記し、地面に足捌きを残し立ち去った。

 

その日から、単呆のよけ方の訓練が始まる。

老人の正体は、実は蛇拳の継承者「白長天」だった。白長天は蛇拳と鷹爪拳の追っ手から逃れる為、逃亡中の身だった。

他の蛇拳の使い手は既に鷹爪拳の使い手に殺され、絶滅寸前。

その為、残り少ない生き残りの人間を集め、再興する途中だった。

 

或る日、単呆は白長天によけ方を実践で試す機会を得る。白長天に教わったよけ方の技を駆使、見事に相手の攻撃をかわす。

 

今迄いかさまの試合をして態と殴られていたが、今回は本気で相手の攻撃をよけてしまった。

相手の攻撃をかわした為、単呆は道場の師範代に報復を受ける。

 

単呆は怒りと哀しみで、道場を飛び出してしまう。

道場を飛び出した際、偶然にも敵の待ち伏せにあい負傷した、白長天に遭遇する。

単呆は必至で白長天を看病する。

 

単呆の看病の甲斐あり、やがて白長天は回復する。

回復後、白長天は簡福に恩義と哀れを感じたのか、単呆に蛇拳の奥義を伝授する。

 

白長天は単呆にカンフーを教える際、3つの約束を科した。

①自分(白長天)を師匠と呼ばぬ事

②自分(白長天)が戦っていても、決して加勢をしない事

③やたら習得した技を、人に見せぬ事

 

単呆は白長天の約束に疑問に感じたが、カンフーを習得したいが為、即座に了承した。

 

翌日から二人の厳しい修行が始まった。

単呆は今までのうっぷんを晴らすかの如く修行に没頭した。

単呆は次第に蛇拳の技を身に付けていく。

 

或る日、単呆の道場にライバル道場が手下を引き連れ、道場破りにやってきた。

相手はかなりの使い手。道場の二人の師範代は、何も抵抗できず、あっさりやられてしまう。

それをみた門弟達は皆、ライバルの道場に移ってしまう。

 

落ちぶれた道場に、ハン師匠が戻って来た。

単呆から事情を聞いた師匠は、名誉と奪われた弟子を取り戻すべく、ライバルの道場に乗り込んだ。

 

ライバルの道場に乗り込み試合をする師匠だが、ライバル道場に雇われた使い手に苦戦する。

師匠がやられる寸前、単呆は相手に靴を投げつけた。

 

単呆は相手の怒りを買い、戦う羽目となる。

白長天から、むやみやたらと人に技を見せぬ事と云われていたが、単呆は成り行き上、掟を破ってしまう。

 

白長天から学んだ技をふんだんに使い、単呆は相手をぶちのめす。

相手をぶちのめした結果、再び奪われた門弟が戻ってきた。

 

単呆の戦い振りを物陰から見ていた人間がいた。

蛇拳のライバルである鷹爪拳の頭目、上官逸雲であった。

 

上官逸雲は単呆の戦いぶりを見て、どうやら単呆の近くに白長天がいるのを悟る。

密かに単呆の後をつけ、アジトを突き止める。

 

上官は白長天とは知り合いと名乗り、単呆に近付く。

単呆は上官逸雲の言葉を信じ、白長天が戻ってきた際、上官に知らせる約束してしまう。

 

白長天は蛇拳の残党に会う為、仲間の隠れ家に出かけた。

しかし敵の待ち伏せにあい、危うい処で虎口を逃れる。

 

白長天が外出中、単呆は白長天から預った極意書を参考に稽古に励んだ。

単呆は偶々飼っていた猫が、毒蛇をやっつけるシーンを目撃する。

咄嗟に何かが閃く。単呆は猫の動きをヒントに自分なりの工夫を加え、猫の動きをうまく蛇拳の技に取り入れた。

 

やがて白長天が戻って来た。

白長天が戻った為、単呆は上官逸雲に知らせに行く。

処が、上官は既に門の前にて待ち伏せていた。

単呆は白長天が来た事を知らせ、上官を家に招き入れる。

 

白長天は危険を察知。既に逃げ去った後だった。

上官は壁をつたい、白長天を追う。単呆も二人の後を追う。

上官は白長天を追いつめ、二人の格闘が始まる。

 

初めは互角であったが、徐々に上官が情勢有利となる。

白長天が殺される寸前、単呆が助けに入る。

 

白長天を助ける為、単呆は上官と戦う。

単呆は初めは上官に全く歯が立たなかった。しかし単呆は持ち前の粘りで徐々に自分のペースに持ち込む。

自分が編み出した新しい技を駆使。苦闘の末、とうとう上官を打ちのめす。

 

上官逸雲を倒した後、道場の料理人(正体は鷹爪拳の回し者)が現れ、二人を毒殺しようとした。

しかし二人は初めから毒入りのお茶を飲んでおらず、と単呆と白長天にあっさりやられてしまう。

 

此処で映画は終了する。

 

見所

 

何々拳シリーズの定番であるが、毎度ジャッキーがカンフーの奥義を取得する為の修行シーンが見もの。

どのシリーズでも、必ず挿入されている。修行のシーンが面白い。大昔の子供の頃、真似てみたものだった。大概不可能だったが。

 

他の作品「酔拳」等にも出演している師匠役(白長天)のユェン・シャオティエンが、とぼけたような演技でを披露。

とても良い味を出している。毎度ジャッキーとの掛け合いが面白い。

 

ラスボス役のウォン・チェンリーも毎度お馴染み。定番とも言える。

配役が殆ど「酔拳」と変わらないのも面白い。

香港映画全般に言えるが、配役が大概同じ。どの映画をみても、似たような俳優が出演している。

 

ブルース・リーの映画紹介でも述べたが、ジャッキー、サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウは大の仲良し。数々の香港映画で、共演している。

「大福星」「五福星」「七福星」でもお馴染み。

 

余談だが、ジャッキーが稽古中、飼い猫と蛇が戦うシーンがある。

途中で蛇が猫に絡まっているシーンが見られる。此れは編集上のミスと思われる。

 

冒頭で白長天が蕭勁 (白扇をもった男)に出会うが、何故逃げたのか分からない。

劇中での二人の格闘は、白長天が圧倒的だった。

 

単呆が蛇拳を習得した時点で、居候している道場の師匠より強くなっている。

越えた時点で、道場にいる意味が分からない。

 

道場主とロシア人宣教師は、単なる引き立て役。

今でいえば、「やられキャラ」と言う事だろうか。

しかし詳細に一つ一つの矛盾を挙げずとも、全体を通し屈託なく楽しめる映画と言える。

 

前述したが、当時地上波で放送された翌日、学校ではジャッキーを真似た男子生徒が大勢出現。

皆がジャッキーになりきり、カンフーごっこをした。今思えば、何とのどかで素朴な時代だったと思う。

大概悪ふざけが度を越し、喧嘩になるのがオチだった。

何はともあれ、懐かしい時代だった。

 

今振り返ってみれば、アニメのヒーロー物の実写版を見ている様な感じであろうか。

そんな気がした映画だった。

 

(文中敬称略)

 

参考:ジャッキー・チェンの新天地 『香港国際警察』

  :アクション満載 ジャッキーチェン監督・主演『プロジェクトA』

  :香港三代スター(ジャッキー・サモ・ユン)共演、『スパルタンX』