ジャッキー・チェンの新天地 『香港国際警察』

★懐かしい香港映画シリーズ、成龍(ジャッキー・チェン)主演

 

・題名      『ポリス・ストーリー/香港国際警察』

・公開      1985年 香港・日本

・配給       ゴールデン・ハーベスト、東宝東和    

・監督      ジャッキー・チェン    

・脚本      ジャッキー・チェン、エドワード・タン

・製作      レナード・K・C・ホー、ウィリー・チェン

・製作総指揮   レイモンド・チョウ

 

 

出演者

 

◆ジャッキーチェン:ケビン・チェン

香港警察に勤務するやり手の刑事。時には単独で暴走しがち。ある麻薬組織のボス(クー)を逮捕しようと試みる。しかし組織の妨害と警察内部の裏切りで、窮地に立たされる。

 

◆マギー・チャン:メイ

ケビン刑事の恋人。ケビンに健気に尽くすが、知らぬ間にケビンが手掛ける事件に巻き込まれてしまう。

 

◆ブリジット・リン:セリーナ・フォン

麻薬組織トム・クーの秘書兼、愛人。香港警察に身柄を拘束され、一度は警察の協力に同意するが、後に翻し裁判当日、ケビンの前から行方を晦ます。

 

◆トン・ピョウ :ウォン警部

ケビン刑事の上司。何かと独断専行になりがちな、ケビンの肩を持つ。ケビンが嫌疑を掛けられた際も、必死でケビンを説得する。

 

◆ラム・コーホン:陳署長

ケビンが勤務する署の署長。単独行動をしがちなケビンを、煙たがる。理論詰めな典型的な官僚であるが、ケビンが殺人嫌疑を掛けられ人質となった際、僅かばかりケビンに温情を見せる。

 

◆チュウ・ヤン:トム・クー

麻薬密売組織の大ボス。麻薬密売現場で張り込んでいた、香港警察に逮捕される。逮捕されるも裁判で証拠不十分として、無罪となる。

 

◆フォン・ハックオン:ダニー・クー

トム・クーの弟。兄の腰巾着のような存在。何かとケビンに対し、ちょっかいを出す。ちょっかいを出すも、いつもケビンにやられる小物。

 

◆カム・ヒンイン:マオ刑事

ケビンと同じく、香港警察に勤務する刑事。何気にケビンとは、そりが合わない。あわないのには理由があり、実は麻薬組織のクーと裏で繋がっている。

 

◆マース:キム刑事

毎度お馴染み、ジャッキー映画の定番出演者。今回はケビンと同じ香港警察に勤務する同僚刑事を演じている。

 

◆タイ・ホー:ゾロ目

マースと同様、ジャッキー映画の定番出演者。今回はケビンを罠に嵌める、情報屋の役を演じている。

 

◆ケン・トン:フランキー刑事

ケビンの後輩刑事。若手の為、麻薬現場での銃撃戦にて、戸惑いを見せる。捜査が進むぬ連れ、一人前の刑事として成長する。

 

◆ロバート・ロー:検事

此方も毎度おなじみの、定番出演者。今回は裁判検事として出演。

 

 

あらすじ

 

ケビン(ジャッキー・チェン)は香港警察に勤務する、やり手の刑事。

麻薬組織のボス(トム・クー)を逮捕する為、取引現場の貧民街で仲間たちと張込みを開始する。

 

張込み中、仲間が僅かな不注意でクーの手下に気付かれてしまった。辺りは忽ち、警察とクー一味の銃撃戦が始まる。

現場に居合わせたクーの秘書セリーナは捕まえたが、クーは車で貧民街を突っ切り逃走する。

ケビン刑事の捨て身の追跡にて、漸く現行犯でクーの逮捕する。

 

裁判でクーを有罪に持ち込む為、ケビンたち警察官等はセリーナに一芝居うつ。芝居はまんまと成功。

セリーナをクー有罪の証言者として、法廷に立たせるまで漕ぎつけた。

 

しかしセリーナは、ケビンの部屋で警官の集合写真をみた。その時今迄が芝居であり、自分が騙されていたと気づく。

証拠として取られていたテープを改竄。裁判当日、ケビンの部屋から失踪する。

 

ケビンはそうとは露知らず、法廷に証拠としてテープを提出。結果、大恥をかく。

裁判は当然、検察側の敗訴。クーは証拠不十分として、釈放される。

 

クーが何故、最初の取引場所で、いとも簡単に逃走できたのか。ケビンは疑問を感じた。

実は警察内部に裏切り者がいた。マオ刑事である。マオ刑事はクーに買収され、以前から警察情報をクーに流していた。

その為、何か事ある毎、ジャッキーに反抗していた。

 

マオは欲をかき、更に多額の賄賂をクーに要求した。邪魔となったマオは、クーに消されてしまう。

クーの罠に嵌ったケビンは、マオ殺しの犯人にさせられてしまう。

 

普段から独断専行・スタンドプレーが多いケビンを煙たがっていた陳署長は、出頭してきたケビンを逮捕しようとする。

怒りに燃えたケビンは自らの手で嫌疑を晴らす為、署長を人質にして逃走する。

 

ケビンは殺人犯として仲間の警察に追われる。追われる立場だが、無実を晴らす為、必死にセリーナを逃がす。

 

クーは更に知り過ぎた人間として、セリーナまで始末しようとした。感知したセリーナは、クーの許を逃げ出す。

セリーナはクーの悪事の証拠を、ハッキング。証拠をケビンに渡そうとする。

 

セリーナがケビンに証拠を渡そうとした時、クーとその一味がやってきた。

現場は忽ち、乱闘と化す。

 

大乱闘の末、ケビンが決死のダイブでクーを掴まえ証拠品を押収。

事件は解決する。

 

 

見処

 

ジャッキーが今迄の路線とは明らかに違う、現代社会に沿ったストーリー、アクションがふんだんに取り入れられた。

今迄のような~拳と称する、カンフー映画とは明らかに内容が異なっていた。

此の映画を潮に、香港警察に関する続演が色々製作された。

 

映画冒頭からアクションシーン満載。貧民街を車で突っ切るシーンは当時としては奇想天外。

ジャッキーが犯人を追跡。拳銃を突き付け、二階建てバスを止めるシーンは、此の映画の見所の一つ。

バスを止めた惰性で、犯人がバスの窓から飛び出すシーンが有名。このシーンは映画宣伝・CM等に暫し使われた。

 

セリーナが警察から釈放される時、警察からの注意という名目で弁護士抜きでセリーナが署長室に居残る。

その際、署長は話があると言いながら、何も話をせず、セリーナを部屋から出した。

 

此のネタは、映画『スパルタンX』でも使われた。

弁護士がセリーナに何を言われたかと聞いた際、セリーナは正直に「何も言われなかった」という場面。

 

此れは相手を疑心暗鬼にさせ、攪乱。仲間割れを起こさせるのが目的。

因みに劇中、メイのバイクネタも同じ。『大福星』で似た場面があった。

 

一番の見せ場は、ジャッキーが犯人一味をデパートに追い詰め、犯人一味と格闘する場面。

その中でも最大の見所は、ボスを捕らえる為、ジャッキーがデパートの照明から一気に一階下まで飛び降りるシーン。

 

勿論ジャッキは場面のシーン撮影後、大怪我。数か月の入院を余儀なくされる。

当然撮影の進行を考え、このシーンは全ての撮影が終了した最後に撮影された。

おそらく大怪我を予測しての事。まさに体を張った演技と云える。

 

同様のアクションは『サンダーアーム/龍虎兄弟』1986年作でも披露された。

ジャッキーが崖から気球に飛び降りるシーンで、ジャッキーは再び大怪我をしている。

まさに体を張った迫真の演技。此れがジャッキー映画の魅力とも云える。

 

デパートでの大乱闘シーンにおいて、暫しガラスが割れるシーンが採用されている。

ガラスが割れるシーンは、後の1988年作『ダイ・ハード』のヒントになったと言われている。

ダイ・ハードの主人公ジョン・マクレーンが、裸足で逃げるシーンがあった。その原型となったと言われている。

 

 

追記

 

映画『プロジェクトA』と同様、登場人物の名が広東語、北京語、日本語の表記では若干表記が異なっている。

今回はあくまで、日本語吹き替えの名で表記している。

 

相変わらず、毎度お馴染みの役者マース、タイ・ホーが出演している。

或る意味定番で安心感がある。裁判長役のポール・チャンも同様。

 

今回ヒロインに抜擢されたマギー・チャンは、1982年のミス香港のコンテストで2位を獲得した美貌の持ち主。

以後のジャッキー映画に、暫しヒロイン役として度々登場している。

 

何気に気なったが、ケビンの乗って来た車が、車のハンドブレーキが利かず、電話ボックスを破壊する場面が存在する。

劇中の名場面の一つだが、何やら破壊した車が欠陥車の様に描かれている。

欠陥車として描かれているのは、明らかに日本車のホンダシビック。

 

当時ジャッキー映画で全面協力している自動車メーカーは、同じ日本メーカーの三菱自動車。

此れは映画で、何気に取り入れられる宣伝手法。スポンサーに配慮したのかもしれない。

 

因みにデパートの乱闘シーンで登場したバイクは、ヤマハ。

昔の映画、『ダーティ・ハリー』などでも似た手法が使われていた。

アメリカ製の車が、ドイツ製の車にぶつかるシーンなどが劇中に使われた。

 

デパートでの場面は、全て映画の為のエキストラだった。

営業に支障を来さない為、深夜のホテルを借りての撮影だった。

まさに圧巻と言える。

 

前述したが、この映画を境にジャッキーの映画が、現代アクション映画への路線転換が図られたと言える。

その後数々の続編がつくられ、ジャッキーが成功を収めたのは云うまでもない。

 

(文中敬称略)

 

参考:アクション満載 ジャッキーチェン監督・主演『プロジェクトA』

  :香港三代スター(ジャッキー・サモ・ユン)共演、『スパルタンX』

  :少年時代、皆が真似た映画 ジャッキー・チェン『蛇拳』