一昔流行った『伊達直人』運動 原作を調べてみれば『タイガーマスク』

ほんの一昔、世間では架空の漫画キャラである「伊達直人」なる人物を捩った慈善運動が流行った事を、覚えているだろうか。

実社会に現れ、寄付を受けた側が名前を尋ねた処、本人は本名を名乗らず、「伊達直人」と答えた。

 

だいぶ後になり判明したが、伊達直人と名乗った人物は、実際自分も児童施設で育ち、社会に出た人だった。

活動の動機は、自分が大きくなり児童施設を思い出し、施設の子供達が不憫な思いをしていないか心配した為。

自費でランドセルを購入して、夜に人知れず児童施設の前にランドセルを置き立ち去った、誠に善意に満ちた行為だった。

 

この行為は共感を呼び、忽ち全国に派生。一時期ブームを巻き起こした。

昔みたアニメで興味があった為、今回改めてアニメを見直してみた。

 

見直して気付いたのは、当時みていたアニメの印象と、改めてみたアニメの印象とが、かなりかけ離れている事だった。

今回子供の頃感じていたアニメの印象と、大人になり分かったアニメの印象の違いを述べたいと思う。

更に漫画とアニメでは、最終回が異なっている点が、今回見直した際の新たな発見と言えるかもしれない。

 

・題名        『タイガーマスク』

・作者         梶原一騎

・作画         辻なおき

・出版社        講談社

・掲載誌        ぼくら、週刊少年マガジン

・掲載期間       (1968年1月号 ~1969年10月号)
             週刊ぼくらマガジン
            

            (1970年1号 ~1971年23号)
             週刊少年マガジン
            (1971年26号 ~53号)    
        
・アニメ        東映アニメーション

・放送         日本テレビ系列

 

登場人物

 

伊達直人

孤児院で育っていた少年。住んでいた孤児院ちびっこハウスが経営難に陥り、解体前の最後の思い出にと皆で出かけた動物園で不良の囲まれ、直人は不良をぶちのめす。

直人は喧嘩後、皆から飛び出した。様子を見ていた虎の穴の人間にスカウトされる。直人は虎の穴で修行を積み、悪役レスラーとしてデビューする。

悪役レスラーとして戦っていた直人だが、嘗て住んでいた孤児院に寄付をする中、慈善心に目覚め、心を入れ替え正統派レスラーとして、全国の孤児院の子供の為に戦う。

 

若月ルリ子

嘗て父が経営していた孤児院を兄と供に立て直し、経営する女性。直人が施設にいた頃、一緒に過ごした仲間。

タイガーマスクの正体が、昔施設にいた直人ではないかと気付き始める。兄と供に孤児院を盛り立て、孤児の世話をする心優しい女性。

 

若月先生

亡き父の後を継ぎ、妹と供に孤児院「ちびっこハウス」を経営する男性。

 

健太

ちびっこハウスに住む子供。腕白で負けん気が強い。タイガーマスクが好きで、憧れている。

昔施設にいた伊達直人を彷彿させる様な少年。初めは直人を嫌うが、後に打ち解け心を許す。

 

ジャイアント馬場

ご存じ、実在の人物。初めはタイガーを嫌っていたが、タイガーが正統派レスラーに転向後、良き理解者となる。

 

アントニオ猪木

馬場と同じで、実在の人物。ときどきアニメで、タイガーとタックを組んだりする。

 

ミスターX

虎の穴、アジア地区を担当する人物。上納金を出し渋ったタイガーを裏切り者と認定。

タイガーを倒す為、次々に刺客を送る。片目に眼帯、ムチをもち、猛獣使いの様な姿が特徴。

 

虎の穴、支配者三人衆

虎の穴を支配する三人衆。キングタイガー、ビッグタイガー、ブラックタイガー。

虎の穴を裏切ったタイガーを許さず、タイガーを倒す為、自ら出陣する。

 

タイガー・ザ・グレート

虎の穴のボス。虎の穴三人衆が破れ、タイガーを倒す為、自ら出向く。

虎の穴の創始者であり、伝説的レスラー。アニメの最後では、タイガーマスクと死闘を演じ、敗れ絶命する。

 

作品概要

 

孤児院「ちびっこハウス」は経営難で、廃院寸前だった。

孤児院が人手に渡る直前、孤児院は皆で思い出づくりの為、動物園に行った。

孤児院に住む「伊達直人」は正義感が強く、負けん気の強い少年だった。

動物園で年上の不良達に揶揄われ、不良達をぶちのめし、そのまま行方をくらます。

 

直人は、喧嘩の様子を見ていた「虎の穴」にスカウトされる。

虎の穴の門を潜った直人は、厳しい訓練を受け、悪役レスラーを目指す。

厳しい修行に耐え、直人は堂々とした悪役レスラーに成長した。

 

虎の穴の目的は、悪役レスラーのファイトマネーの半分を上納金としてせしめる算段だった。

直人は着々と悪役レスラーに育ち、アメリカ巡業を終え日本に帰国した。

帰国後、タイガーマスク事、伊達直人は徹底した悪役レスラーを演じた。

 

ある時、嘗て自分が世話になっていた孤児院の窮状をしり、直人は自分のファイトマネーを施設に寄付する様になった。

更に直人は、虎の穴に納める上納金まで寄付し始めた。

 

直人は虎の穴から裏切り者のレッテルを貼られ、命を狙われる羽目になる。

タイガーは次第にヒールではなく、正統派レスラーに目覚め、虎の穴から送られる刺客と戦い始める。

 

直人は数々の戦いを経て、虎の穴の支配者の三人衆までやっつけた。

とうとう最後の砦である虎の穴のボス、「タイガー・ザグレート」が直人を倒す為、やって来た。

グレートは虎の穴の創始者で、最強のレスラーだった。

 

タイガーとグレートの試合が始まる。グレートは直人を抹殺しようと、あらゆる反則技を使い、直人を追い詰める。

激しい試合中、タイガーマスクの覆面が剥がされ、タイガーマスクが伊達直人である事がバレてしまう。

 

バレてしまった直人は何かふっきれたかのように正統派レスラーでなく、嘗て虎の穴で培った残虐性を露わにし、グレートと戦う。

死闘の末、グレートは敗れた。

 

正体がバレた直人は、既に日本では自分の居場所がなくなったと悟る。

直人は試合後、一人で日本を去ってしまう。

 

感想

 

意外だったのは、タイガーマスクが初めは悪役レスラーだった事。

子供の頃、不思議とアニメを初めから見る機会は少ない。

大概きっかけは、偶々TV放送しているのを見始めるか、学校で友人等に教えてもらい、見始める事が大半と思われる。

 

余談だが、今では考えられないが、時代的に地域により大分放送に差があった。

地方では放送していなかったり、放送時間がまちまちだったりする場合もあった。

その為、地方では大都市とは異なり、案外放送されていないアニメが存在する。

タイガーマスクも放送していない地域が存在したのではないかと思われる。

 

話を戻すが、タイガーマスクは悪役レスラーとしてアメリカを巡業。巡業後、日本に帰国。

帰国後、タイガーは暫くは悪役だった。

私がアニメを見始めた時、タイガーは既に悪役ではなく、正統派レスラーとして虎の穴から派遣された悪役レスラーと戦っていた。

 

どうしてタイガーが虎の穴のレスラーと戦う羽目になったのか分からなかった為、理由を調べた。

結論を簡潔に述べれば、タイガーの虎の穴に納める上納金の拗れが発端である事が判明。

タイガーは自分が生まれ育った孤児院を救う為、孤児院に寄付し始めたのが原因。

 

タイガーは自らの取り分のファイトマネー、更には虎の穴に納める上納金を寄付し始めた。

結果として、虎の穴に収める上納金が減った。

タイガーが上納金を減らした為、虎の穴はタイガーの反逆行為と映り、虎の穴はタイガーを始末する為、悪役レスラーを送り込んだ。

 

子供の頃は、ファイトマネー・上納金など全く理解できなかった。

単にタイガーが正義の味方で、虎の穴が悪者だと思い込んでいた。

大人になり見直した際、状況がかなり複雑だったと判明する。

「大人の言い方」になるかも知れないが、虎の穴の言い分も、満更間違っていないと思えた。

もし契約書なるモノが存在し裁判沙汰にでもなれば、おそらくタイガーが負けていたかもしれない。

 

次に知らなかったのが、漫画とアニメの最後が大幅に異なっている事。

アニメの最後は、虎の穴から来た刺客タイガー・ザ・グレートと戦い、試合中にタイガーのマスクが剥がされる。

タイガーはマスクを剥がされ、正体が「伊達直人」と判明。

タイガーは正体が皆に知れた為、もはや正統派レスラーとして振る舞う必要もなく、嘗ての残虐レスラーになり、直人はタイガー・ザ・グレートと戦う。

死闘の末、直人が勝利。しかし正体がバレ、日本では最早直人の居場所はなくなり、ひとり海外に旅立つシーンで終わっていた。

 

しかし漫画の最後は、世界タイトルマッチを戦う為、タイガーは試合会場に向かう。

その途中、伊達直人は 車に轢かれそうになった子供を助けようとして、車に撥ねられ死亡する。 

 

伊達直人は死ぬ寸前、タイガーのマスクを川に捨てた為、タイガーマスクの正体は分からず、永遠の謎で終了する。

 

海外に渡米、事故で死亡する最後の何方も、何か虚しさが漂う。

 

伊達直人と云う人物は、生まれてから死ぬ迄、決して恵まれた幸せな人生でなかったと想像する。直人は一度たりとも、人生に安らぎを感じた瞬間が無かったのではないだろうか。そう考えれば、何かやるせない思いがした。

 

あまりにも漫画の最後が衝撃すぎる為、アニメでは変更したと思われる。

私は此の時まで、漫画の結末を知らなかった。今初めてしったが、かなり衝撃的だった。

 

こう考えてみれば、タイガーマスクに扮する「伊達直人」は、薄幸な人生だったと言えるかもしれない。

子供の頃は、強くて優しいお兄さんのイメージだったが、今考えれば、当時の世相を反映したアニメだったと漸く理解できた。

作者(梶原一騎)の他の作品、「巨人の星」「あしたのジョー」を見渡せば、何か同じテーマが浮かび上がってくる。

それは「貧困」

貧困ゆえ、主人公が人生のどん底から必死に這い上がろうとするテーマが見え隠れする。

必死に這い上がろうと努力するが、結局最後は「人生の勝者になれない」のも全く同じ。

 

参考までにアニメの最後の唄が、また印象的だった。

今では問題となり、TV局にクレームがくるレベルかもしれない。題名が既に問題と云える。

その題名は、「みなしごのバラード」

「みなしご」と云う言葉を使えば、おそらく何処かの団体から、差別用語として必ずクレームが来るだろう。

唄を聴けば、メロディーと歌詞がなんとも言えず切なく、もの哀しい。

著作権違反であろうが、You TubeにUPされている曲を聴いた時、当時よく放送できたものだと感心した。

今であれば、確実にアウト。そんな思いがする曲だった。

 

※令和2年4月30日付

You Tube上の東映アニメミュージアム公式チャンネルにて、『タイガーマスク第一話:黄色い悪魔』がUPされています。ご興味がある方は、公式チャンネルにてご覧ください。

東映公式チャンネル:https://youtu.be/jUBXm3MU84M

 

子供の頃、何気に見ていたアニメも、大人になり見直せば、全く違った感覚に見える。

子供の頃は、ただ単にタイガーが戦い、勝利する事が満足だった。

大人になり、いろいろな視点でアニメを見れば、子供のアニメだが、多くの示唆・教訓が含まれている事が判明した。

今回アニメを見直した際、しみじみ感じた。

 

追記

最近何故か此方のページの閲覧が増えている為、敢えて追記しますが、現在世界各国で新型ウイルスが蔓延しています。

いまこそ「伊達直人」運動が必要なのかもしれません。

 

マスクの転売・買い占めに走るよりも、マスクを無償で配布するような寛容さこそ、荒んだ現代社会に必要なのかもしれません。

最も「隗より始めよ」の諺の如く、私自身が自ら率先して始めれば良いのかもしれませんが。

令和2年 4月19日付

 

(文中敬称略)