怪談映画と言うよりも、人生を考えさせられた映画『雨月物語』

★懐かしの日本映画シリーズ、溝口健二監督作品

 

・題名      『雨月物語』     

・公開      大映1953年

・監督      溝口健二     

・製作      永田雅一  

・撮影      宮川一夫     

・音楽      早坂文雄

・脚本      川口松太郎、依田義賢

・原作      上田秋成

 

出演者

・源十郎    :森雅之      ・宮木    :田中絹代

・藤兵衛    :小沢栄太郎    ・阿浜    :水戸光子

・若狭     :京マチ子     ・老僧    :青山杉作

・村名     :香川良介     ・右近    :毛利菊枝

 

作品概要

近江国の或る農村に住む源十郎(森雅之)は野良仕事の傍ら、焼き物をつくり、生計を立てていた。場所的には北近江あたりであろうか。

 

本能寺の変以後、「羽柴秀吉」「柴田勝家」の対立が激化。合戦が真近に迫っていた。

嘗て秀吉の領土であった長浜は清洲会議後、一時に柴田の領土となっていたが、秀吉がその後、奪還。

長浜は秀吉支配の下、大いに栄えていた。

源十郎は出来上がった焼き物で一儲けしようと画策。長浜の町に売りに行くことにした。

※長浜の町は本能寺の変(1582年)までは羽柴秀吉の領土であった。信長死後の清洲会議で長浜は、柴田勝家に譲り渡した。対立が先鋭化、羽柴軍が長浜を再び取り戻したという事。

 

源十郎の義弟、藤兵衛(小沢栄太郎)は農民でありながら、侍として出世する野望を秘めていた。その為侍の仕官の為、源十郎と一緒に長浜の町にいく。

長浜では源十郎の焼き物は、飛ぶように売れた。

売れたお金で源十郎は妻、宮木(田中絹代)に反物、その他いろいろな土産をもって村に戻ってきた。

一方、藤兵衛は仕官をするが、具足・槍を持たない為、断られ落ちぶれて村に帰って来た。

 

味をしめた源十郎は更に儲けようと企み、沢山の焼き物を作ろうとする。

或る夜、柴田軍が村にやって来た。米、人足の為に男、そして女などを強奪する為に。

村人は略奪をおそれ、山中に逃げ込む。現住郎の焼き物は焼きあがる寸前だったが、源十郎は焼き物を諦め、山中に逃げ込む。

 

兵士が去った後、家に帰り窯を見れば、見事に焼き物が出来上がっていた。

焼けた焼き物を琵琶湖を経由して「丹羽長秀」の城下である、大溝に売りに行くことにした。

船で琵琶湖を渡っていると、海賊に襲われ瀕死の船頭を乗せた舟に遭遇する。

船頭は「海賊に襲われたら命はないから気をつけろ」と告げ、息絶えた。

 

源十郎と藤兵衛は危険を避ける為、宮木と阿浜(水戸光子)を陸に降ろそうとするが、阿浜は志願し、藤十郎についていく事を選択する。

大溝で瀬戸物は飛ぶように売れる。売れた金で藤兵衛は具足・槍を買う為、源十郎と阿浜の許を逃げ出す。

阿浜を巻いた藤兵衛は具足屋に行き、具足と槍を手にいれる。

一方、阿浜は藤兵衛を探しあぐね湖畔に佇んでいた処、雑兵達に囲まれ辱めを受けてしまう。

 

源十郎は荷を届けるよう言われた屋敷に、荷を届ける。

屋敷で源十郎は、今まで見た事もない、もてなしを受ける。

もてなしの最中、屋敷に住んでいる「朽木家」の姫、若狭に心を奪われてしまう。

 

若狭と乳母も、源十郎を満更ではない様子。源十郎は誘惑に負け、若狭と契を交わす。

源十郎は時の経つのも忘れ遊び惚けてしまい、若狭と自堕落な生活を続けてしまう。

何時しか妻子、藤兵衛、阿浜、村の事など忘れてしまい、徒に月日を過ごす。

 

舟を降りて陸で村に帰ろうとしていた宮木は、落ち武者に絡まれ、食料を強奪された挙句、槍で突かれ落命する。

藤兵衛は具足と槍を手にいれ、合戦近くの叢にかくれ、敗退した大将の首を狙った。

藤兵郎は切腹、介錯した大将首を持ち去ろうとする敗残兵を槍で突き付け、大将首を横取りした。

※劇中の大将首は、佐久間盛政軍の「不破勝光」と思われる。

 

意気揚々と村に凱旋しようとする藤兵衛。帰る途中で宿に足を止める。すると宿には驚く事に、大溝で別れた妻の阿浜が遊女として働いていた。

てっきり村で藤兵衛の帰りを待っていると思っていた阿浜が売春宿にいた為、藤兵衛は驚く。

藤兵衛は阿浜から話を聞き、自分のしでかした事の愚かさに気付き、悔い改める。

 

或る日、源十郎が町を歩いている時、一人の老僧とすれ違った。老僧は源十郎を呼び止め、源十郎に話かけた。

源十郎の顔には、死相がでていると。老僧は今の生活を捨て、元の生活に戻るが良いと諭す。

 

老僧の話を聞いた源十郎は、動揺する。

若狭・右近(若狭の乳母)は何やら、屋敷に戻った源十郎の様子がおかしいと気付く。

若狭が源十郎を問い質せば、源十郎は今までの経緯を話し、自分を妻子の許に返してくれと懇願する。

 

若狭は源十郎の願いを拒否する。若狭が源十郎に近づこうとした時、源十郎に何やら不吉なものを感ずる。

源十郎の体には、町であった老僧の手で、魔よけの呪文が書かれてあった。

 

源十郎は恐怖のあまり錯乱。刀を振り回した後、気を失った。

気を失いどれだけ経ったか分からない。しかし屋敷、若狭・右近は、いつの間に消えていなくなっていた。

 

源十郎が気を取り戻した時、侍達に囲まれていた。

源十郎は侍たちに刀とお金を取りあげられ、無一文となってしまった。

 

ほうほうの体で、村にかえった源十郎。

無一文で落ちぶれて家に戻った源十郎であったが、家には長い間留守にした源十郎を咎めもせず、ただ温かく迎えてくれる宮木の姿があった。

源十郎は無事村に帰り、妻子の顔を見たのに安心したのか、そのまま眠りについてしまった。

 

翌朝、村の名主が源十郎の許を訪ねてきた。

名主の話では、宮木は村に帰る途中、落ち武者に槍で突かれ死んだとの事。

源十郎は狐につままれた様な気持ちになった。昨夜見た宮木は一体、何だったのだろうかと。

 

一方藤十郎は、阿浜と再会。心を悔い改め、武士になる事を断念。村に帰り、地道に生きていくことを選択する。

源十郎も自分の仕出かした過ちを悔い改め、昔気質の地道な生活へと戻った。

 

見所

羽柴秀吉と柴田勝家に対立に言及している為、おそらく賤ヶ岳の戦い(1583年)前後の話と思われる。

 

カメラワークが素晴らしいのか、映像が絵巻物の様に流れるのが印象的。

 

「戦が人間の心と生活を変えてしまう」と呟く宮木の言葉が、映画の本質を表している。

 

最後に宮木が幽霊となって源十郎を迎えるシーンがあるが、あまりにも源十郎が心配になり、魔性となり現れたのであろうか。

 

映画最後に述べる宮木の言葉が、何か胸に突き刺さる。

源十郎が心を入れ替えた時には、自分は既にこの世にいない。

 

追記

劇中では、織田信長に攻め滅ぼされた朽木家となっているが、史実では「朽木元網」は織田信長に臣従。

本能寺の変後は、羽柴秀吉に臣従する。

秀吉死後の2年後、関ヶ原に西軍として参戦。しかし小早川秀秋の裏切りに呼応、自らも西軍を裏切る。

関ヶ原後は減封されるが、本領安堵となる。

 

劇中で藤兵衛が不破勝光の首を獲った事になっているが、史実の不破勝光は賤ヶ岳の戦後、前田家に臣従。加賀国金沢で没している。

 

何気にスタッフ・出演者が、黒澤明作品「羅生門」:1950年作と重なっている。違いは監督ぐらいであろうか。

 

(文中敬称略)