ジェームス・デーンの初主演 出世作『エデンの東』

★懐かしの洋画シリーズ、ジェームス・ディーン主演

 

・題名       『エデンの東/East of Eden』   

・公開       1955年米国

・制作       ワーナーブラザーズ       

・監督       エリア・カザン

・脚本       ポール・オスボーン

・原作       ジョン・スタインベック

・音楽       レナード・ローゼンマン   

 

出演者

 

◆キャル・トラスク(主人公)   : ジェームズ・ディーン

◆アダム・トラスク(キャルの父) : レイモンド・マッセイ

◆アーロン・トラスク(キャルの兄): リチャード・ダバロス

◆アブラ(アーロンの恋人)    : ジュリー・ハリス

◆ケート(キャルとアーロンの実母): ジョー・バン・フリート

◆ウィル・ハミルトン(実業家)  : アルバート・デッカー

◆サム・クーパー(保安官)    : バール・アイビス

◆グスタフ・アルブレヒト(靴屋) : ハロルド・ゴードン

 

あらすじ

ジョン・スタインベックの小説が原作。ジョン・スタインベックは「旧約聖書」の「ケインとアベル」がベースとしている。

それを仄めかすセリフが後半、父(アダム・トラスク)が倒れた後、知り合いの保安官がキャル(ジェームス・デーン)に告げるシーンが存在する。

 

アメリカ西岸部、カリフォルニア州モントレー郡サリナスが舞台。キャルは兄(アーロン・トラスク)と父と3人で住んでいる。

兄は学校の成績も優秀。父の覚えも良く、模範的人間だった。

一方、主人公のキャルは行動が粗暴で、父からあまりよく思われていない。自分もその事を自覚している様子。

 

兄には将来を約束した、恋人がいた。アブラである。

アブラは兄を慕いながらも、弟キャルに気を寄せる。

 

心が満たされず、毎日が鬱積しているキャルは、列車の無賃乗車を繰り返し、モントレーの町にある酒場に通っていた。

酒場を経営する女性は、偶然にもキャルと所縁のある人物だった。

 

父はサリナス村で収穫されたレタスを冷凍付けにして、大都市に列車で運送する事業を試みた。

しかし列車が雪崩で遅延、大損する。結局、レタス事業は失敗に終わる。

 

キャルは父が事業で失敗したお金を取り戻そうと、大豆栽培を試みる。

しかしキャルには、事業を興すだけの資金がない。資金調達の為、キャルは酒場経営者の女性に金を借りにいく。

酒場経営者(ケート)と会話中、キャルは意外な事実を知る。

意外な事実とは、母がどうして父の許を去ったかと言う事。

 

ケートから金を借りたキャルは、借りた大金を元に町の事業家、ウィル・ハミルトンと共同で大豆栽培に取り掛かる。

まもなくアメリカが第一次世界大戦に参戦。大豆相場は急騰する。

急騰した為、キャルとハミルトンは莫大な利益を得る。

 

大金を手に入れたキャルはアブラと相談、父の誕生日にお金を渡す計画を立てる。

しかし当日、キャルの予想とは裏腹に父の態度は対照的だった。

 

見所

 

映画はキャル(ジェームス・デーン)がケート(ジョー・バン・フリート)を尾行するシーンから始まる。

キャルは以前からモントレーの町にちょくちょく来て、ケート(実の母)を見つけた。

 

モントレーの町からサリナスに帰る際、無賃乗車で汽車の上でキャルが寒さ震えながら、蹲っているシーンが印象的。

社会と家庭から疎外され、何か拗ねているような仕草にも見える。

 

氷小屋で父に意見を否定され、アローンとアブラの仲睦まじい姿を見た時、キャルは自分が誰にも受け入れられず、疎外された心情になっているのが、目の表情によく現れている。

やるせない怒りと爆発で、氷を小屋から落としてしまう場面が切ない。

 

アダム・トラスク(父)は聖書を座右の銘としている人間で、清廉潔白な人間性。アーロンは父の人間性を受け入れているが、キャルはあまり受け入れていない様子。

それが父・兄との確執の原因の一つとも言える。

キャルと父は居なくなった母の話をするが、父の話を聞くにつれ、何故父と母が結婚したのか不明。

まるで背反対の人間に思える。

 

酒場で騒ぎを起こし、保安官に保護される。

保護された時、キャルは保安官から父とケートは、嘗て夫婦だった事を知らされる。

 

レタス畑でキャルが偶然、アブラの話を聞いてしまう。話を聞いた後キャルは、アブラが嘗て自分と同じ境遇にいた過去をしり、同情・親近感を覚えてしまう。

しかしこの事が原因で、後に兄とのトラブルとなる。

 

大豆事業の資金の為、ケートの許に金を借りに行く。話をしていく中、ケートが父の許から離れた理由が明らかになる。

父はケートを束縛しようとしたが、ケートはそれを拒んだと。

 

まもなく米国が参戦。アローンは米国参戦を快く思っていない様子。

戦争が長引くに連れ、父のチェス仲間のドイツ系アメリカ人の靴屋、グスタフ・アルブレヒトの店が投石されるなど、怪しげな空気が流れ始める。

 

町のフェスティバルでキャルは偶然、アブラと出会う。アーロンが来るまで、キャルはアブラと供に観覧車に乗る。

 

会話中、

「アローンが私(アブラ)に理想の母の姿を求めている。私は決して理想の母ではない

と言い放つが、アブラの言葉はその後のキャルとアローンの諍いを暗示している。

 

フェスティバル会場にてグスタフ・アルブレヒト(靴屋)が戦争(第一次大戦)のアジ演説を聞き立腹。

他の聴衆と揉め事を起こす。その場にいたアローンは、トラブルに巻き込まれる。

 

騒ぎの際、アーロンがキャルを誤解。アーロンはキャルを罵り始める。互いに感情が昂ぶり、殴り合いを始める。

アブラの立ち位置が何気に微妙。二人の仲に入り、反って二人の関係を悪化させている。俗に言う三角関係のもつれ。

 

父の誕生日のパーティーでキャルは、父に大豆相場で儲けの金を渡す。

キャルに対抗するかのようにアローンは、父にアブラと婚約した事を告げる。

 

父は敬虔な聖書の信者らしく、「戦争で儲けた金」を汚い金と認識しているようでキャルに金を突き返す。

 

キャルは折角、父を助けようとして作ったお金を父から否定され、絶望する。その時、泣きながら声を震わせ、父に縋りつき「父さんが憎い」と告げ、外にでていく。

 

このシーンは映画界での名シーンの一つに数えられている。

 

このシーンには余談があり、ジェームズ・ディーンがまだ下積みで俳優学校にいた頃、映画の主役を探していた監督エリア・カザンが俳優学校に立ち寄った際、ジェームズ・ディーンが監督の前に現れ、主役をさせてくれと願い出た。

 

監督は生意気な奴だと思いながらも、父に縋りつき泣くシーンをやらせてみた。やらせてみた途端、ジェームズ・ディーンは見事に役になりきり、監督もジェームス・デーンの演技力を認め、見事主役の座を射止めた。

 

その後のジェームズ・ディーンの活躍は言うまでもない。

 

キャルが木陰で泣いている時、アブラが必死にキャルを慰めていたが、兄アローンがキャルに残酷な言葉を投げ掛ける。その言葉を聞き、木陰から出てきたキャルの表情・雰囲気が印象的。

何か吹っ切れたかの様な残忍で、そしてある決意を込めた顔。

それは兄と父に復讐してやろうという表情だった。

 

二人の立場が逆転した瞬間とも言える。

 

キャルが帰宅後、父がアーロンの居所を尋ねる。するとキャルは

 

「知らないよ、僕は兄の子守りではないと」

 

そして母が何故、父の許を離れてしまったのか理由を述べる。言葉の中で

 

「父さんは自分を許し続けたが、決して愛そうとはしなかった。それは自分が母に似ているからだ」    

 

と云った言葉が父に突き刺さる。

 

アローンは母親(ケイト)と再会後、今までの自分の信じていたのもが全て覆され、自暴自棄になる。

自分の存在を消したいが為であろうか(自傷行為)、志願兵となり軍隊行きの列車に乗る。

 

事情を聞きつけた父が、駅に行きアローンを呼び戻そうするが、アーロンは半狂乱になり、列車の窓ガラスを頭で叩き割る。その後列車は、無常にも動き出す。

 

あまりのショックで、父は脳溢血を発症する。事情を知った保安官は罪の重さでキャルに対し、

父の許を去りエデンの東ノド(流離の地)に行くよう告げる

 

キャルは罪の深さを自覚、父の許を去ろうとするが、言葉を発しなかった父がキャルに対し、自分の許に留まり自分の世話をするように告げる。

 

父との長い確執後、父とキャルに訪れた和解の瞬間だった。

 

追記

 

父の誕生日、アーロンとキャルがそれそれ贈り物をし、父がアーロンの贈り物を喜んだ出来事は「旧約聖書」創世記、「ケインとアベル」が元になっている。

父親の名がアダムなので当然、母親はイブ。とすれば、ケートはさしずめ「イブ」と言う事だろうか。楽園を追放されたアダムとイブの間に、ケイン(兄)とアベル(弟)が生まれる。

創世記では、神に献上物を選ばれたアベルをケインが嫉妬。殺してしまうのはケイン(兄)だが、劇中ではキャル(弟)がアーロン(兄)を軍隊に送り込む形となっている。

 

・有名なセリフ

「知らないよ、僕は兄の子守りではないと」

 

いうのも旧約聖書の言葉を捩ったもの。旧約聖書では

「しりません。私は弟の番人でしょうか」

 

劇中で時折、ジェームス・デーンが上目遣いで拗ねたような仕草を見せる。ジェームス・デーンの生い立ちを調べてみた処、実際に似たような境遇で育っている事が判明。

この事実が分かった時、何気にジェームス・デーンが父にすがって泣くシーンの迫真の演技が理解できた。

その時、此の映画が私にとり、益々興味深いものとなった。

 

(文中敬称略)