極限状態での人間の尊厳が試される映画 黒澤明監督『羅生門』

★懐かしの邦画シリーズ

 

・題名    『羅生門』     

・公開    大映 1950年

・監督    黒澤明        ・製作   箕浦甚吾  

・撮影    宮川一夫       ・音楽   早坂文雄

・美術    松山崇        ・脚本   黒澤明、橋本忍

・原作    芥川龍之介

 

この作品タイトルは「羅生門」となっていますが、内容は主に芥川龍之介の作品「藪の中」です。

どちらも芥川の作品に変わりありませんが、内容が混同していますので、ご注意のほど。   

 

出演者

 

・杣売り    :志村喬      ・多襄丸   :三船敏郎

・真砂     :京マチ子     ・法師    :千秋実

・金沢武弘   :森雅之      ・下人    :上田吉二郎

・放免     :加東大介

 

あらすじ

 

時代は平安末期、打ち続く戦乱・天変地異・飢饉で、社会世相・人間の心が荒廃した京の羅生門での話。

杣売りと法師は、京都の「羅生門」で雨宿りをしていた。

 

そこに一人の下人がやってきた。杣売りと法師が「わかんねえ」と呟くのを聞き、下人は訳を話せと言い出す。

二人が分かんねえと呟く、その内容は。

 

証言する各人間の内容が、全く異なると云う事。

誰かが真実を述べ、誰かが嘘を付いていると云う事。

 

ややもすれば、3人とも嘘を付いているかもしれない。相手を庇う為、自己弁護の為かは分からない。

真偽が分からず、杣売りと法師が、「わかんねえ」と呟やいていた。

 

登場人物の説明

 

多襄丸(三船敏郎)

都一帯を荒らしまわっている盗賊。今回は夫婦連れの侍を襲う。

侍と決闘の末、侍を殺害したか、それとも侍が自害したかは謎。

放免に捕らえられた際、やや侍女房「真砂」を庇う様な発言をする。

 

真砂(京マチ子)

侍の女房役。多襄丸に手籠めにされる前、必死の抵抗を試みる。

多襄丸の言葉を借りれば、気性が激しい女。

 

金沢武弘(森雅之)

女房連れの侍。多襄丸の甘言にのせられ計略に嵌り、捕らえられる。

最後は多襄丸に殺されたのか、自害したのかは謎。  

 

杣売り(志村喬)

山に入り、侍の死体を目撃。現場状況を検非違使に伝える。

後に判明するが、現場で短剣をネコババしている。その事は検非違使に何も告げていない。

善人ぶってはいるが、実は下人と同様のエゴイストと言える。

杣売り(そまうり)とは、木こりの様なもの。

 

法師(千秋実)

杣売りと同様、検非違使の詰問場で証言する。旅の途中、侍と妻の姿を見かけたと証言する。

 

 
検非違使とは
検非違使とは大宝律令に定められた役職以外の、令外の官。官とは役職の事。現代社会で言えば、「警察官」の様な役目。

 

見所

 

杣売りが山に木を伐りにいった際、死体を見つけた。杣売りは急ぎ検非違使の処に駆けつけ、報告した。

状況を説明したまではよかったが、捕らえられた多襄丸、殺害された女房、巫女を通じて「殺害された侍」の話が、まるで食い違っていた。

 

誰の話が正しく、誰が嘘を付いているのかは謎。「藪の中」では何も分からず、全て己個人の証言のみ。

果たして、誰が真実を述べ、誰が嘘を付いているのか。

 

・多襄丸の話

多襄丸は確かに、侍の殺害を認めている。女の申し出を受け、真砂の夫と対決。

結果、侍の殺害に及んだと。対決の途中、真砂は逃げ出したと証言する。

 

・真砂の話

真砂の話では、多襄丸は自分を手籠めにした後、立ち去ってしまった。夫と二人になった自分は夫に縋り泣いたが、夫は蔑む様な目つきで私を見た。

その屈辱に耐えきれず、気を失った。気が付けば、夫は既に死んでいて、短刀が胸に刺さっていたと証言する。

 

死んだ夫の話(巫女の口を借りた言葉)

妻を手籠めにした多襄丸は、妻を懐柔し始めた。多襄丸の話を聞くうちに、妻はだんだん多襄丸の聞き入る様子が伺え、自分は嫉妬した。

そして妻は多襄丸を唆(そそのか)し、自分を殺すよう懇願した。流石に多襄丸も妻の言葉に呆れ果て、真砂を蹴り倒した。

 

そして多襄丸は私に対し、

「この女を殺すか、生かすか」と聞いた。

 

夫は多襄丸の言葉を聞き、多襄丸の罪を赦免しても良いと思った。

妻は隙を見て、逃げ出した。多襄丸が追っかけたが、妻は逃げ切った様子。

 

多襄丸が戻ってきて、自分の縄目を解いた。その後、多襄丸は立ち去り、私は屈辱と絶望に耐え切れず、落ちていた短刀で自分で首を刺したと証言する。

 

三者三様、それぞれ証言が違う。果たして真実は何処に。

巫女の話を聞いた際、羅生門で杣売りが、

 

「侍は短刀でなく、太刀で刺された」と証言。

 

何気に、短刀の持ち逃げを自白している。

 

原作との相違点

 

原作(羅生門)では、下人が老婆の着物を剥ぎ、逃走する。劇中では、下人が捨て子の肌気を剥いで立ち去る。

 

劇中では、真砂が気絶したと述べているが、原作(藪の中)では、夫と心中を持ち掛け、真砂が夫を刺したと主張。刺した後、気を失ってしまったと述べている。

 

劇中では、杣売りが一部を目撃。その場面を下人に語る場面がある。

内容は、女は多襄丸に夫との果し合いを唆(そそのか)したが、夫は真砂の態度に呆れて、果し合いを拒んだと主張。

 

夫は真砂を罵った。罵られた真砂を見て多襄丸は、急に真砂に対する情も失せ、多襄丸はその場を立ち去ろうとする。

真砂はしおらしく泣いている振りをしていたが、急に開き直り、今度は夫と多襄丸の両方を罵倒した。

 

二人は罵倒された為、果し合いが始まったと、杣売りは述べる。

果し合いの末、多襄丸が侍を刺したと証言する。女は隙をみて、逃走したとの事。

 

所詮杣売りの話も、他に誰も目撃者もいない為、何とでも証言できる。

短刀を持ち逃げした事を隠す為の作り話かもしれない。

 

せめてもの救いは、捨てられた赤子を杣売りが引き取り、育てようとした事であろうか。

 

追記

 

大昔の高校時代、現代文の授業で、芥川龍之介の「羅生門」を学んだ。

当時若すぎて作品を読んでも、あまり内容が理解できなかった。

 

最後の一文

 

「下人の行方は、たれも知らない」

 

だけが何故か、頭の片隅に残っていた。

 

自分が歳を重ねるにつれ、漸く作品の内容が理解できた。

 

以前ブログで松本清張の「カルネアデスの舟板」を紹介した。

作中では登場した左翼思想の大学教授が、嘗て臣従した右翼思想の元大学教授を蹴落とす為、ある策略を用いた。

蹴落とした後、左翼思想の教授の胸に或る感情が去来した事象に似ている。

 

何気に、作品内容が似ている。

自分の妻・愛人が他人の男を受け入れた為、以前から女を知っていた男の心に、或る種の心の変化が生じた。

その変化とは、「女に対し、男は何か穢れのようなもの」を感じ始めた事。

自分の女でなくなった嫉妬よりも、他人の男を受け入れた女に対する憎悪とでも云うのだろうか。

 

更に似ているのは

 

人間、極限状態に陥れば自分が助かる為であれば、相手を蹴落としても、決して悪ではない。それは自分が生きる為の術、生存本能とも云える。人間誰しも、極限状態に陥れば、同じ行動をすると言う箴言、慧眼とも言える。

 

私は決して、それを否定するつもりはない。私も同じ状況に陥れば、きっと同じ事をしたであろう。

それを否定するものは所詮、偽善者に過ぎない。

 

私の経験では偽善者であればあるほど、自分が極限状態に陥った時、他人を蹴落とし、真っ先に自分は安全地帯に逃げ込む。

更にあろう事か、いけしゃあしゃあと他人を非難。自己反省もせず、しぶとく生き残る。

 

これは今迄、私が生きてきた人生の経験と後悔の念を述べている。

勿論断っておくが、私はいつも損した側、或いは負けた側の人間。

 

結局もっとも現実的なのは下人。

この下人が生きる為の、最もリアリストと言える。

 

下人に話をした杣売り・法師は人間に対し、ある種の淡い期待を持っている。その為、判断が付きかねている状態。

 

下人が杣売りが短刀の持ち去りを見破ったのも、実社会で生き抜いてきた証拠。

生き抜いた故、身に付いた下人の強かさともいえる。

 

下人の言葉を借りれば

 

「一体、正しい人間なんているのかい。皆、自分でそう思っているだけ。人間と言う奴は、自分に都合の悪い話は忘れてしまう。都合のいい嘘を、本当だと思っている」

 

※映画『羅生門』より引用

 

所詮、世の中は不合理である。

皆さんの周りにも、きっと似たような人間がいるのでは。

しかしそれは紛れもなく、他人の姿を借りた己の姿なのかもしれない。

 

(文中敬称略)