親族故の僻み、嫉妬、そして遺恨 松本清張『田舎医師』

★松本清張短編小説シリーズ

 

・題名         『田舎医師』 松本清張短編小説全集 【影の車】内

・中央公論新社     中公文庫

・1973年      10月発行

・発表         昭和36年6月「婦人公論」

 

登場人物

◆杉山良吉

東京在住。七年前亡くなった亡父猪太郎の故郷を訪ねる。訪問した矢先、遠縁の杉山俊郎の死に遭遇。

 

◆杉山猪太郎

杉山良吉の実父。七年前、東北の或る都市で亡くなる。18才の頃、故郷の島根県仁多郡葛城村を出奔。各地を転々とする。望郷の意志を持つも、願い叶わず、他郷にて客死。

 

◆杉山俊郎

杉山猪太郎の故郷、葛城村の本家の跡取り。現地にて医師を開業。年は45才。主人公の良吉とは、遠縁にあたる。雪の最中、往診の途中、馬ごと谷に落ち、死亡する。

 

◆杉山秀

杉山俊郎の妻、38才。杉山良吉の突然の訪問を受けた日、夫俊郎の死に遭遇する。

 

◆杉山博一

杉山俊郎の従弟。若かりし頃、満洲に渡る。日本の敗戦後、裸同然で内地に戻る。故郷の葛城村の戻るが、赤貧の状態。いつしか地元の名門、杉山家(本家・分家)からも、疎んぜられる存在となる。

◆杉山ヒロ子

杉山博一の妻。博一が満洲にいる時、娶った妻。敗戦後、博一と供に日本に引き揚げる。博一の故郷にて、赤貧を洗うが如くの生活をする。

 

あらすじ

杉山良吉は出張の帰り路、ふとした拍子に亡父猪太郎の故郷、島根県仁多郡葛城村を訪ねた。

葛城村は18才の時、父猪太郎が出奔して以来、良吉はおろか父すら一度も帰らなかった土地であった。

 

良吉は仕事が割と早く終わり、3日間ほどの空きができた為、亡父が日頃望郷の念を抱き、小良吉に話す葛城村を訪ねてみたいという衝動に駆られた。

それは山口県岩国あたりを過ぎた処で、不意に思い立った。もし今回訪れなければ、一生訪れる事はないと思い、心を振るい立たせ亡父の故郷、葛城村に向かった。

 

葛城村に向かい、父の遠縁にあたる杉山俊郎なる人物を訪ねる予定だった。杉山俊郎は現地にて、医師を営み、地域の評判は頗るよかった。

良吉は俄に杉山俊郎の宅を訪ねた。家では俊郎の妻、秀が良吉を迎えた。

 

秀は初め良吉の訪問を驚いたが、その中良吉が話す内容で、徐々に良吉に対し、疑いの念を炊いた様に思われた。

良吉に警戒を解いた秀だったが、あいにく訪問の目的だった人物、杉山俊郎は往診にて不在だった。

良吉は往診が済み、帰宅する俊郎を待った。遅くまで待ったが、医師の俊郎はとうとう戻ってこなかった。

 

軈て夜遅く、俊郎宅に俊郎の安否を知らせる人物の訪問があった。

その人物は近くの駐在の使いで、知らせでは俊郎は恐らく、雪の最中、馬ごと崖から落ちたとの報告だった。

俊郎の妻秀と良吉は夜明けを待ち、現地に急行した。

 

現地にて秀と良吉は崖から落ちた俊郎と馬の死体を発見する。

 

要点

主人公杉山良吉が偶然、亡父の故郷、島根県仁多郡葛城村を訪れた時、遠縁にあたる現地にて医師を営んでいた、杉山俊郎が亡くなった。

杉山俊郎は往診の途中、馬ごと崖から落ち、死亡したと思われた。現地警察・地元の人間の見解も、事故死と推測。事件性はなしと判断された。

 

偶然現地を訪れた良吉は、事故現場の半メートルほどの空白地と俊郎の往診先で従弟、杉山博一の自宅の側にあった櫨の実をみて、何か疑問に駆られた。

その時は朧気であったが、俊郎の葬儀後の帰宅列車にて、ある推理が良吉の頭に浮かんだ。

 

亡くなった杉山俊郎は「事故死ではなく、従弟杉山博一夫妻に殺害されたのではなかろうか」と。

 

さてそれでは博一夫妻の殺人動機は一体、なんだったのか。

文中では、博一は満洲に渡り一時は羽振りがよかったが、敗戦後、引揚げにて乞食同然で故郷葛城村に戻ってきた。

一方、従兄の杉山俊郎は相変わらず地元の名士で評判も良く、博一は俊郎を僻み・妬み、恨んでいたと記されている。

 

更に長年の重労働と貧困で、彼に蓄積されてたのは、疲労と老いとも記されている。

想像するに、博一はそのような状態だったであろう。人間、そのような状態であれば些細な事でも怒りやすく、その怒りは俊郎に向けられたに相違ない。

良吉は博一の事を思いながら、何か複雑な気持ちになった。何故なら、博一の境遇と亡父猪太郎の境遇を、無意識に重ねあわせたからだ。

 

博一は敗戦後、故郷に戻らなければ、今回の事件は起こらなかったかもしれない。

一方、良吉の父猪太郎は他国で貧乏暮らしをしながら、一度も故郷に帰る事が出来ず、他界した。

何か二人にも、不幸な境遇が共通する。良吉にすれば、杉山博一の事が、決して他人事とは思えなかったであろう。

そんな気持ちが、良吉の心を暗澹なものにさせた。

良吉が東京に戻った二か月後、葛城村の俊郎の未亡人秀からの、杉山博一夫妻の近況をしらせる便りが、何か後味の悪い結果を物語っていた。

 

追記

今回の殺人工作は、雪の下に板を敷き、板には滑り易いように、蝋を塗る。

そして如何にも杉山俊郎と馬が、崖から落ちたように見せかける事だった。

 

蝋の原料となったのは、櫨の実。櫨の実を砕き、蝋を採取した。

道幅僅か二メートルほどの雪道に、傾斜をつくり谷に滑るように傾斜をつくる。雪に隠された板を踏んだ馬は、まんまと崖に落ちていくという仕組み。

 

馬が落ちた弾みで、板は馬ごと谷に落ち、見事証拠は隠滅。板は敷いてあった為、その箇所だけは馬も人の足跡もなかったという有様。

 

(文中敬称略)