名車が集合、車好きには堪らない映画 『キャノンボール』

★懐かしい洋画シリーズ

 

・題名      『キャノンボール』

・公開      1981年 日本・香港合作

・配給      20世紀フォックス    

・監督      ハル・ニーダム

・製作      アルバート・S・ラディ

・脚本      ブロック・イェーツ

・製作総指揮   レイモンド・チョウ、アンドレ・モーガン

 

出演者

◆JJ・マクレア       :B・レイノルズ

◆ビクター・プリムズ     :ドム・ディルーズ

◆ニコラス・B・ヘルシング  :ジャック・イーラム

◆パメラ・グローバー     :ファラ・フォーセット

◆フェンダー・バーム     :サミー・デービス・Jr

◆ジェイミー・ブレイク    :ディーン・マーチン

◆シー・モアー        :ロジャー・ムーア

◆シーク王          :ジェーミー・ファー

◆ジル・リバース       :タラ・バックマン

◆マーシー・サッチャー    :エイドリアン・バボー

◆東洋人(日本人役)     :ジャッキー・チェン

◆東洋人(日本人役)     :マイケル・ホイ

 

<参考>

・救急車        JJ,ビクター

・フェラーリ―     フェンダー・バーム、ジェイミー・ブレイク

・アストン・マーチン  シー・モアー(007)

・ロールス・ロイス   シーク王

・カウンタック     ジル、マーシー

・日本車        ジャッキー・チェン、マイケル・ホイ

 

あらすじ

カーマニアの人間が集まり、アメリカ東部コネチカットをスタートとして、アメリカ大陸を横断。

最終ゴールのアメリカ西部カリフォルニア州ロスを目指す、非合法レースを描いた映画。

レース中、参加者の様々なエピソードがコミカルに描かれ、レースの展開と供に、それそれの登場するキャラクターが楽しめる内容となっている。

 

見所

参加者の中で主人公と言えるのが、JJ・マクレア(バート・レイノルズ)、ビクター・プリンズム(ドム・ディルーズ)と言える。

 

劇中にて度々、ビクターがヒローキャラ「キャプテン・ケイオス」に扮する場面が愉快。

最後もキャプテン・ケイオスに変身して、レースは意外な結末を迎える。

 

劇中でそれぞれの参加者が、各所で追跡してくる警察を巻こうとするシーンがまた面白い。

映画全体に言えるが、一つ一つの場面でそれぞれ笑いの要素が含まれ、何も考えず素直に楽しめる作品。

 

車好きな人間にとり映画の内容もさる事ながら、車が走るシーンで何か興奮した映画だった。

とくに当時スーパー・カーとして人気があった、ランボルギーニ社(当時はイタリア)の「カウンタック」が走っているシーンを見て、幼少ながら興奮したものだった。

尚、カウンタックが走行するシーンは、以後のシリーズ2,3の冒頭で必ず挿入され、シリーズの名物となった。

 

参考までにネタバレではないが、シリーズ3は今迄のシリーズ1、2の流れと異なり、メンバーが全く刷新される。

カウンタックは常にお色気美女が搭乗するのが定番だったが、シリーズ3にはない。 

レースのゴールであるロサンゼルス郊外レドンドビーチの桟橋は、全シリーズの最終のゴール地点となっている。

此れは、何れのシリーズでも同じ。

 

この頃人気が出始めたジャッキー・チェンが、劇中で東洋人(日本人)として出演している。

パートーナーのマイケル・ホイはご存じ、映画『ミスター・ブー』シリーズで有名。

マイケル・ホイもジャッキー同様、東洋人(日本人)として出演している。

 

当時アメリカでは、日本車が席捲していた時期であり、敢えて日本車を登場させた様に思える。

劇中のジャッキーの最後は、ハレーに乗ったヒッピー風のバイク集団との乱闘で終わり、レース最後まで参加していない。

理由は分からないがジャッキーの場合、カンフーアクションを売りにしていた為、そのような終わり方になったのではないかと想像される。

因みにキャノンボーラーと喧嘩するバイク集団のリーダーは、映画『イージー・ライダー』に出演していた、ピーター・フォンダ御本人。

 

全シリーズを通し、唯一出演しているのは、シーク王ぐらいであろうか。

しかしシーク王もシリーズ3では、レース前に車を没収され、レースには参加していない。

シーク王は典型的なアラブ王族として描かれているが、彼はれっきとしたアメリカ人俳優。

 

追記

映画のエンディングでは、映画撮影のNGが流れ終了。撮影NGを流すのは、当時としては画期的だった。

此れを参考にしたかどうかは分からないが、ジャッキー・チェンの映画は、最後に映画の撮影の様子、NG等が流れ終了する作品が多い。

ちょっとした、サービス精神であろうか。

 

映画自体は、主にコメディー。本音を言えば、バカバカしすぎて、逆に面白いと言える。

その証拠にパート2で、映画賞では不名誉なラズベリー(ラジー)を受賞している。

※ラズベリーとは、日本語で「愚かな・くだらない」という意味合い。

 

この映画で私の人生に影響を与えたセリフと云えば、主人公のJJ(バート・レイノルズ)に同伴した写真記者パメラ(ファラ・フォーセット)が質問した言葉であろうか。

 

パメラがJJに対し

「何故こんな危険なレースに参加するの」と質問した。

 

その時のJJの答えは

「自分には炭鉱で働く父がいた。その父は定年後、マイアミに移り住み、後の人生を悠々自適に過す夢を持っていた。処が定年まで後数日後と云う時、落石事故でなくなった」。

 

「その時、自分は誓った。人生、思い立った時にやるのが一番。後悔を残さない為」と呟いた事が、とても印象的だった。

 

当時、色々な事で悩んでいた自分に対し、何か後押しをしてくれたような言葉だった。

何気ない娯楽映画だったが、その時は何か雷に打たれたような心境だった。

今でも人生に於いて迷う時があれば、常にこの言葉を思い出すようにしている。

おそらくこの時の思い出が、何時までもこの映画を忘れない理由のような気がする。

 

(文中敬称略)