人間の心の中の投影? 松本清張『内なる線影』

★松本清張短編小説シリーズ

 

・題名        『内なる線影』

・新潮社        新潮文庫

・昭和         昭和51年 5月 発行 【「巨人の磯」内】

・発表         小説新潮(1971年 9月号)

 

登場人物

◆枝村

東京の付属大学病院精神科医局に勤める医師。夏の東京を離れ、福岡にやってきた。福岡のホテルのロビーにてヒッピー風の青年、白水阿良夫と出会う。

枝村はふとした事で青年から、青年が描いた作品を譲りうける。その事が切っ掛けで、後に田舎の旅館で白水青年と知り合いの目加田夫妻と知り合い、事件に巻き込まれる羽目となる。

 

◆白水阿良夫

ヒッピー風の絵描き。枝村が福岡のホテルで滞在中、ロビーで出会う。枝村はヒッピー青年に面識はなく、ただ白水がロビーで絵を描いているのを目撃したのみの関係だった。

 

◆目加田繁盛

63才のR会の巨匠画家。最近体調が優れず、ややノイローゼ気味。心身ともにリフレッシュする為、東京を離れはるばる福岡までやってきた。福岡の旅咲きで白水青年を通じ、枝村と知り合う。

 

◆目加田美那子

目加田画家の後妻。年齢は38才。目加田画家とは、25才離れている。体調が優れない夫に東京から福岡の貸し別荘まで随行。現地にて夫と供に精神科医の枝村と出会う。

 

あらすじ

東京の大学付属病院、精神科に勤める医師の枝村は夏の東京を離れ、はるばる福岡にやってきた。

明確な目的はなく、ただ喧騒とした東京を離れ、魚介類が豊富な田舎の割烹旅館で美味いモノを鱈腹食べるのが今回の趣旨だった。

田舎の旅館に行くまでの途中枝村は、福岡のホテルに滞在。滞在中、ホテルのロビーにて一心不乱に絵を描くヒッピー風の青年、白水阿良夫にであう。

白水青年はホテルで自分の書いた絵を、ただ自分を決して好奇な目で見つめていなかったという理由で、枝村に手渡した。

その事が切っ掛けで次の旅先で白水青年を通じ目加田夫妻と知り合い、事件に巻き込まれる結果となる。

 

目加田夫妻の夫は、半年前から原因不明のノイローゼに冒されていた。今回の旅は病気の治療と気分転換を兼ね、はるばる東京から福岡までやってきた経緯だった。

旅先で夫婦は過ごすが、なかなか夫の体調は良くならない。体調が良くならないに加え、目加田夫妻の美那子には、何かしらヒッピー青年の白水阿良夫の影が付きまとう。

3人の微妙な関係が続く中、ほぼ同時に目加田重盛と白水青年が亡くなった。果たして事件の真相と行く末は。

 

要点

結論を先に述べれば、若い後妻が今の夫に飽き足らず次のステップアップを求める為、若い愛人を誑かし自分の計画にまんまと引きずり込み、都合よく夫を始末させた後、若い愛人も邪魔になり夫とほぼ同時期に始末した話。

 

結論を先に述べてしまえば、話の展開が全て読めてしまい、何ら面白さもなくなる。

しかし結論が分からず作品を読み込めば、話の節々に作者の心理学・科学の知識の深さ、慧眼に関心する。

ほぼ半年前から歳の離れた夫を神経衰弱の状態に陥らせ、挙句に自殺に見せかけたように殺害。

殺害に協力させた若いヒッピー風の画家を謎の死に見せかけ殺害するなど、まさに稀代の悪女そのものと云える。

二人の殺害方法は、以前薬学部に在籍していた白水青年の知識と協力の下でなされた。白水青年は自分が手掛けた手法で、最後は自分も殺された。

殺害方法は、巧妙かつ大胆とも云える。一つ疑問が湧くとすれば、白水青年が殺害された際、犯人の美那子も何かしらの影響は受けなかったのかと思われる。

風か何かの影響があれば、おそらく自らも被害を受けた可能性が高い。よく犯人(美那子)が無傷でいられたのが不思議な程。

 

尚、今ではし尿が処理場で処理される事が殆どであるが、当時はまだ海洋投棄がされていたのが驚きと云える。

現代ではおそらく、環境に何らかの問題が生じる可能性があり、社会問題になると思われる。

まさにヒッピー、ゴーゴー等と供に、時代を感じさせる作品といえよう。

 

追記

作中にもあるが、ヒッピー青年白水阿良夫が福岡のホテルのロビーで描いていた絵の題材は、目加田夫妻の妻美那子の心の中を投影したものだった。

つまり変身願望。今の環境を抜け出し、又新たな世界に旅立ちたいと願う心の現れ。

白水青年は美那子の心中を的確に捉え、鳥に似た物体をスケッチブックに描いていた。

作中でも心理学解説がなされているが、心理学的に言えば鳥は正しく現状に満足せず、今の環境から抜け出したいと願う変身願望そのもの。

他に喩えれば、蝶なども同じであろうか。

美那子は前回と同様、今回の結婚にも満足せず、又新たな相手を求め次のステージに旅立ちたいと願っていた。

しかし美那子には、大きな誤算があった。

 

誤算の一つ目は、現在の夫重盛をなき者にする為に協力をさせた白水青年が美那子に興味を持ち、しつこくつきまとった事。

二つ目は、夫を亡き者にしようと計画した旅先で、偶々居合わせた精神科医の枝村と出会った事。

 

皮肉にも夫重盛を始末しようとした旅先で今迄の殺害計画を暴露される羽目になるとは、夢にも思わなかったに違いない。

同様に美那子にかいがいしく仕えていた白水青年は、まさか美那子に殺される事になるとは夢にも思わなかったであろう。

 

(文中敬称略)