サラリーマンの悲哀 松本清張『寒流』

★松本清張シリーズ 短編小説編

 

・題名        『寒流』

・新潮社       新潮文庫 【黒い画集】内 

・発行        昭和46年10月

・昭和34年     9月 週刊朝日9月6日号~11月29日号

 

登場人物

◆沖野一郎

B銀行R支店に新しく赴任した、43歳の支店長。沖野はB銀行では大学時代の同期だった、桑山常務の派閥に属していた。

桑山の先代はB銀行の功労者であった為、桑山は同期でありながら既に常務だった。沖野は今回、桑山のひきがあり、重要な支店長を任された。

沖野は新赴任先の顧客で料亭を経営する未亡人、前川奈美と関係を持つようになる。前川奈美との関係が続くうちに、上司の桑山が入り込み、奈美を横取りする。

横取りされた沖野の人生は一転。その後は転落の道を辿る事になる。

 

◆前川奈美

料亭経営をする、30歳の未亡人。新しく赴任したB銀行R支店長の沖野一郎と親しい関係になる。

沖野と関係を続けていたが、途中で沖野の上司の桑山常務と知り合い、沖野を捨て、桑山の乗り換える。

経営者としては、なかなかのやり手。

 

◆桑山英己

沖野の大学同期で現在、沖野が勤めるB銀行の常務。嘗ては同期だが、今では会社の上司と部下の関係。

沖野は仕事で知り合った前川奈美と深い関係になるが、途中で桑山が割り込み、前川奈美を横取りする。

横取りした上、邪魔になった沖野を、宇都宮支店に左遷させる。

 

◆伊牟田博助

秘密探偵事務所(興信所)の職員。沖野に依頼され、桑山と奈美の関係を調査する。調査報告をするが、或る時、急に探偵事務所を辞め、中古車セールに転身する。

 

◆福光喜太郎

俗に言う、総会屋。過去の沖野が会社の依頼で、仕事を頼んだ男。今回は沖野が私怨で福光を使い、桑山常務を追い落とそうするが、福光は桑山に懐柔され、逆に沖野を脅迫する。

福光は総会屋らしく、まんまと桑山と沖野の両方から金をせしめる。左手の小指がない事から、元はその手の筋の者と思われる。

 

◆山本甚造

東京の山本組の組長。沖野の脅迫する為、宇都宮迄、やって来たヤクザの親分。脅迫目的は、沖野に桑山と奈美との関係、不正融資の一件を世間に暴露するのを諦めさせる事。

 

 

あらすじ

沖野一郎は、43歳のB銀行勤めで常務桑山の派閥に属していた。桑山常務は大学時代は同期であったが、今では会社の上司と部下の関係だった。

同じ43歳の桑山が何故常務に昇りつめたかと言えば、桑山の先代がB銀行創立時代の功労者だった関係の為。つまり親の七光りで、若くにして常務まで出世した。

 

現在B銀行では切れ者と評判の副頭取と桑山常務が、後継者の椅子を廻り、激しく対立していた。

所謂副頭取派と常務派間で、派閥争いが激化していた。

当然沖野は、桑山常務派だった。

 

沖野は近年開発が進む、新興地域の支店長に任命された。その地区は、B銀行のみならず、他行も重要地域と位置付け、こぞって支店を開設していた。

沖野はB銀行内での桑山常務の勢力拡大の為、現在重要地域であるR支店に任命された経緯があった。

 

沖野は前支店長と供に、顧客の引継ぎの為、得意先巡りをした。得意先に29歳未亡人、前川奈美がいた。奈美は若くにして、料亭を経営。なかなかのやり手らしく、順調に業績を上げていた。

銀行の融資ランクでは、水商売関係は低い位置にあったが、奈美が経営する料亭は融資先でもなかなか優秀だった。

沖野は前川奈美を見た瞬間、一目で気に入り、深い関係になった。勿論沖野には妻子がいた。所謂不倫関係である。

 

沖野は奈美と関係で、有頂天になった。生まれて初めて、奈美にのめり込んだ。奈美は沖野が何処に連れていっても、美人で服装も派手な為、周囲に注目された。

沖野は得意絶頂だった。奈美も沖野との関係は、まんざらでもない様子だった。

 

或る日、奈美と桑山が偶然、沖野が支店長を務める支店にて出くわす。その後桑山が奈美を気に入った。

奈美も桑山に気にいられるやいなや、あっさり沖野を捨て、桑山常務に乗り換えた。

 

当然沖野としては、面白くない。挙句に桑山は、沖野を奈美の許から完全に隔離する為、沖野を宇都宮支店に左遷する。

都落ちした沖野。都落ちは、桑山の派閥から外れ、出世競争からの脱落を意味する。

沖野は奈美を桑山に取られ、出世街道からも離脱した。

 

沖野は自分を貶めた、桑山に復讐を誓う。復讐の為、探偵を雇い、桑山と奈美との関係を調べさせる。

調査資料と証拠写真を手に入れ、以前利用した総会屋福光に材料を持ち込む。

 

福光に材料を持ち込んだ沖野は、株主総会で福光を使い、桑山常務を失脚させる心算だった。

しかし福光は、巧妙に沖野のネタを逆に利用。桑山との個人交渉に成功。沖野を裏切り、あっさり桑山に寝返った。

 

更に福光は、沖野が集めた材料はガセだったと、今度は沖野を詰問。沖野から詫びとして、金をせしめる。

桑山はヤクザまで使い、宇都宮にいる沖野を脅す。沖野は次々に、桑山に先手を取られ、頭を押さえられてしまう。

 

沖野は当に、踏んだり蹴ったり。自分の人生を悲観していた。

絶望に打ちひしがれていた沖野の許に、一通の手紙が届いた。以前桑山と奈美の関係を調べる為、雇った探偵からだった。

 

手紙の主は今は探偵社を辞め、中古車セールをしているとの事。沖野は福光にうまい具合に言いくるめられ、探偵が偽の調査をして、自分にいい加減な資料をおくっていたと信じ込まされていた。

沖野は元探偵も、桑山常務に懐柔されたと思い込んでいたのである。

 

沖野は藁にも縋る思いで、元探偵に面会する。初めは誤解の為、元探偵を詰るが、自分(沖野)の誤解としり、探偵に謝罪。逆に協力を求める。

 

沖野は思案した結果、ある妙案が浮かんだ。

桑山がいつも利用している高級外車と元探偵が現在、中古車販売している事から浮かんだアイディアだった。

 

沖野はそのアイディアに、桑山と奈美が引っ掛かり、桑山と奈美が失脚するのに賭けた。

沖野が最後の一手として賭けたアイディと、その結果は。

 

見所

作品タイトルの『寒流』は、なかなか意味が深い。

寒流とは気候の事ではなく、会社で出世街道から外れた「非主流」、つまり出世の道が閉ざされ、冷や飯を喰わされた立場(閑職に追いやられた)の人間を指している。

作品を読んでいて、なかなか上手いタイトルだと思った。見事サラリーマン社会、サラリーマン悲哀物語を描いている。

 

会社は外部からはわからないが、内部では派閥争い・人事・個人的私怨が混在する。

何れの会社も表沙汰にしないが、会社と総会屋との関係を分かり易く描いている。

どの会社にも起こりうる出来事。今現在、実際起こっている出来事と言える。

 

大概どこの会社でも派閥争いが存在する。何処の派閥に所属するかに因り、会社内での将来の出世がほぼ決定すると言っても過言でない。

一旦派閥から外れてしまえば、その人間は一生報われず、冷や飯を喰う。

浮上する事など、二度とありえない。

 

会社にて自身がその様な立場に落ちた際、今迄仲間と思われた人間は潮が引くが如く、見事に去っていく。

落ちていく人間と同僚(仲間)と思われたくない為。

落ちていく人間とつるんでいれば、じぶんも仲間と見做され、左遷・降格されるおそれがある為。

此れはどの会社も同じ。嘗て私も何度か経験した。

 

譬え会社に残留しなくとも、辞める時も同じ。私はしばしフリーで仕事をする期間がある。

契約中は良き仲間として取り繕うが、契約が切れる間際、解消後は、モノの見事に関係は断ち切られる。

此方から関係を切ると言うよりも、向こうから意識的(一方的)に関係を拒み始めるといった方が正解かもしれない。

 

作品内でも、同じ事象が随所に見られる。

会社での沖野の状況は勿論の事、情事を重ねていた前川奈美も、沖野に対し同じ対応をしている。

徐々に冷たくなり、挙句には露骨に関係を避け、突慳貪になり、一方的に関係を断ち切る。

そのまま当て嵌まると言ってよい。

 

当然その様な仕打ちを受けた人間は、相手に対し恨み・憎悪を感じ、仕返しを考える。つまり復讐である。

沖野は桑山と奈美の関係を暴露すべく、探偵を雇い資料を集め始める。

資料を集め始めた沖野であったが、雇った探偵がいまいち信用できなかった。

風采があがらないのも助長して、何か胡散臭い雰囲気を漂わせてた。

 

資料を集めた沖野は、以前銀行が株主総会で利用した福光という総会屋を利用する事で、桑山の失脚を目論んだ。

福光は沖野の資料を見て、満更ないでもない様子。むしろ乗り気にさえ見えた。

 

この時沖野は奈美に対し、まだ未練があった。

桑山が失脚後、奈美が自分の許に戻ってくるかもしれないと言う、淡い期待もあった。

作品中で沖野も述べていたが、この時点で沖野は桑山憎しで、自分を捨て桑山に走った奈美に対し、まだ未練を持っていた。

 

もし桑山が失脚した際、奈美が自分に許しを乞えば、許すつもりでいた。

此処がまだ沖野の甘い処と云える。沖野はその隙を、桑山と福光にまんまと付け込まれた。

沖野が本気で相手を蹴落したいのであれば、自分も捨て身と成らければならなかった。

沖野には、その決意が欠けていた。

 

沖野は間近に迫った株主総会にて、福光の働きに期待していた。

処が或る日、福光から呼び出しがあり、沖野は福光からしっぺ返しを食らう。

 

福光曰く、探偵が集めた資料は真っ赤な偽物であると。

福光は沖野との約束を破り、総会前に桑山に面会した。その際、桑山から資料は偽物であると告げられたと沖野に語った。

 

沖野は福光の剣幕と言動で、すっかり相手のペースに嵌り、福光の言葉を鵜呑みにしてしまった。

探偵は初めは沖野の依頼どおり調査していたが、後に桑山に感づかれ、探偵は桑山に懐柔(買収)されたと沖野は思い込まされた。

 

更に沖野は福光に恥をかかされたと凄まれ、福光に大金を踏んだくられる。

沖野は探偵に騙され、福光にもふんだくられたと思い込んだ。

 

当に踏んだり、蹴ったり。

絶望の淵に落とされた沖野。しかし沖野はこの時、福光が資料をネタに総会前に桑山と交渉。

福光が桑山から大金をせしめていた事実を、知らなかった。

 

沖野には更に追い打ちをかける出来事が起こる。

東京から桑山の意向を汲んだヤクザが沖野を脅す為、多くの子分を引き連れ、宇都宮に乗り込んできた。

 

乗り込んできた理由は、勿論沖野に「桑山と奈美との関係・奈美の店への不正融資の件」を世間に暴露する企みを断念させる為だった。

桑山は常に沖野の先回りをして、沖野を抑えつけた。

沖野はヤクザの脅しに屈し、目論見を断念せざるをえなかった。

 

既に沖野は、会社人間として挫折。一人の男としても、家庭は崩壊。

愛人を桑山に取られ、奈美との関係も諦めた沖野。沖野には、もう失うものは何もなかった。

失うものがなくなった人間は、反って逞しい。

守るものがなくなった故、悲壮な決意とでもいうのだろうか。

 

或る日沖野の許に、元探偵で現在中古車セールをしている男(伊牟田)から手紙が届いた。

自分が探偵事務所を辞めた後、沖野が事務所を訪れ、沖野が自分の調査に対し、何か誤解をして帰ったようだったと探偵事務所の人間から聞いたと書かれてあった。

この時まで沖野は、福光の言葉を信じていた。

沖野は元探偵の伊牟田に会い、自分の誤解を伊牟田に謝罪。その場で伊牟田に協力を依頼した。

 

沖野は突作に、桑山が私用で高級外国車を乗り回しているのを思い出した。

沖野に、ある妙案が浮かんだ。沖野は桑山に対する報復の為、一か八かを自分のアイディアに賭けた。

 

そのアイディアとは、桑山が乗り回している外車と同じ車を桑山と奈美が逢引きしている場所の前に置き、二人が勘違いして乗り込んだ際、警官たちに逮捕させるという算段だった。

 

もし二人が、違う車であると判断。車に乗り込まなければ、それでおしまい。

二人が勘違いして車に乗り込んだ時、乗り込んだ処で待機していた警官に、現行犯で逮捕させる。

 

車は予め中古車セールをしている伊牟田が手配。

伊牟田は持ち主に、車は盗まれたものとして、事前に盗難届をださせるという寸法。

 

車を発見したと警察に通報。警官が、盗難車に乗り込んだ人間を調べるという手筈。

仮令桑山が無罪になっても、世間とB銀行内で桑山と対抗する副頭取一派に、桑山の奈美との関係・不正融資がばれるという目論見。

 

結果、桑山は奈美の二人は情事の後の興奮も手伝ってか、まんまんと車に乗り込み、待機していた警官に囲まれた。

その後二人はどうなったのか、物語は語られていない。その後の沖野の行く末も語られていない。

只一人の哀れなサラリーマンが、自分を蹴落とし、出世も愛人を奪った人間に対する、ささやかな復讐と言った処で物語は終わっている。

 

追記

此の内容は銀行に限らず、どの会社でもあり得る出来事と云える。

順調に出世コースを歩んでいた人間が、ふとした事で出世コースから転落。自分を出世コースから外した人間に復讐する話。

 

所詮人間関係とは、ドロドロしたもの。

どれだけ小さい組織にも、一旦中に入れば、大なり小なりの争いがある。

今回の主人公の沖野は、決して仕事でへまをした訳ではない。

一人の女を廻り、嘗て大学の同期で、今は会社の上司である桑山との関係が拗れた。

沖野にすれば、無理やり桑山が二人の関係に割り込み、奈美をかっさらわれた心境。

 

沖野は決して仕事での失敗でなかった為、出世街道を外された沖野の怒りは、尋常でなかった。

怒りもひとしおだったと思う。

沖野を貶めた桑山は元々、学生時代から相手を利用する時は何かと近づいてくるが、用がなくなれば、あっさり相手を捨てるという面があった。

 

沖野は学生時代から、何度も桑山に煮え湯を飲まされてきたが、元来小心な為、面と向かって桑山に怒りをぶつける事ができなかった。

沖野は桑山にいつも利用されていたと言える。

しかし今回は違った。沖野は初めて桑山に対し、激しい怒りを覚えた。

 

その為、探偵や総会屋を使い、桑山に復讐を遂げようと企んだ。

しかし結果は、見事惨敗。桑山にいいようにあしらわれた。

これぞサラリーマンの悲哀と云える。理不尽な処遇と人事。

当に幾多のサラリーマンの残酷物語を見せつけられているような気持ちになった。

 

私を含め、皆様にも経験がおありかと思われる。会社とは、所詮「不条理」。それは今も昔も変わらない。そんな心境にさせられる内容だった。

作品で登場する前川奈美は、決して沖野を好きだった訳ではなく、ただ自分の事業欲の為、沖野を利用していたにすぎない。

その証拠に沖野より高い地位の桑山が登場した途端、沖野にあっさり見切りをつけ、奈美は桑山に乗り換えている。

 

これも世間では、よくある話。決して自分に魅力があったのではない。

相手は自分の社会的地位に惚れていただけであり、沖野の人間的魅力など度外視していた。

もし奈美の前に桑山以上の人間が現れたならば、奈美は沖野と同様、あっさり桑山を見捨て、違う相手に乗り換えるであろう。

 

所詮、その程度の付き合いといっても良いだろう。

沖野の失敗は、その事を考えず、奈美に深入りした事ではあるまいか。

深入りした為、自分の身の破滅を招いたと云える。

 

作品最後で桑山常務は其の後、失脚したかどうかは不明。

例え失脚してもしなくても、行内での桑山の立場は、微妙なものとなったであろう。

 

同時に、沖野の立場も微妙だったと思われる。何方の派閥にも属していない為。

副頭取派としては、所詮元桑山派の沖野の仕返し・内紛であり、副頭取としては、棚からぼた餅に過ぎなかったと思われる。

それが日本の社会であり、サラリーマン社会と言える。

 

(文中敬称略)