人が絶望の淵で、心の支えになるもの 『ショーシャンクの空に』

★懐かしい名作洋画シリーズ

 

・題名    『ショーシャンクの空に』

・公開    1994年 米国

・配給    コロンビア映画・ワーナーブラザーズ

・監督    フランク・ダラボン

・脚本    フランク・ダラボン  

・製作    ニキ・マービン

・総指揮   リズ・グロッツァー、デビット・レスター

・音楽    トーマス・ニューマン

・原作    スティーブン・キング 『刑務所のリタ・ヘイワーズ』

 

出演者

 

◆アンディ・デュフレーン:ティム・ロビンス    (若き銀行マンであったが、冤罪で収監される)

◆レッド・レディング  :モーガン・フリーマン  (刑務所の囚人、刑務所内の調達屋)

◆サミュエル・ノートン :ボブ・ガントン     (刑務所の所長、職権乱用で不正蓄財を企む)

◆ヘイウッド      :ウィリアム・サドラー  (刑務所の囚人、陽気な性格)

◆バイロン・ハドリー  :クランシー・ブラウン  (刑務所主任刑務官、所長と一緒に悪事を働く)

◆トミー・ウィリアムズ :ギル・ベローズ     (刑務所の囚人、アンディーに免罪を知らせる)

◆ボッグズ・ダイアモンド:マーク・ロルストン   (アンディーに対し同性愛を強要する囚人)

◆ブルックス・ヘイトレン:ジェームズ・ホイットモア(刑務所の図書係。出所後、世間に馴染めず自殺)

 

作品経過・概要

 

主人公アンディー(ティム・ロビンス)は若きにして、やり手の銀行マン。仕事の功績が認められ、副頭取に昇進する。アンディーは、前途有望に見えた。

処が或る日、妻と妻の愛人が殺害される。アンディーは二人を殺害した殺害容疑で逮捕される。

冤罪であったが有罪とされ、終身刑を宣告される。アンディーは世間でも悪名高い囚人が集まる刑務所に収監された。

 

収監されたアンディーは刑務所で、今迄係わったことのない様々な人間に出くわす。中でも最も親しくなったのは、人生の大半を刑務所で暮らす調達屋のレッド(モーガン・フリーマン)だった。

レッドは刑務所では主のような存在で、刑務所内のあらゆる事に内通していた。ある時アンディーはレッドから刑務所内では、同性愛者がいるから気を付けろと忠告を受ける。

忠告を受けたアンディーだったが、或る日アンディーは同性愛者の3人の男に襲われる。そんな状態が2年程続いた。

 

アンディーとレッドは刑務所内の屋根修理に駆り出された。作業中、アンディーは刑務主任のハドリーが、「相続が高くて悩んでいる」と、同僚の刑務官に話しているのを聞きつけた。

アンディーはハドリーに話かけ、自分は相続税を安くする工夫をするから、見返りとして此処にいる仲間にビールを奢ってくれと頼む。交渉は成立。アンディーは約束を果たし、仲間にビールを奢る事に成功する。

 

今回の一件でアンディーは、刑務所仲間・刑務官からも一目置かれる存在となる。

しかし相変わらず同性愛者たちからの暴行は続いていた。或る日、同性愛者はアンディーの態度に腹を立て、アンディーを半殺しの目に遭わせる。

 

半殺しの目に遭わせたのはいいが、アンディーはハドリーの一件で他の刑務官からも頼りされていた為、立場が逆転。

ハドリーはアンディーを重要視するが故、アンディーに手を掛けた同性愛者を半殺しの目に合わせる。その為、以後アンディーに手を出す者は誰もいなくなった。

 

瀕死の重傷を負ったアンディーであったが、無事回復。アンディーが自分の房に戻れば、壁に「リタ・ヘイワーズ」のポスターが飾ってあった。

レッドからのささやかな回帰祝いといった処であろうか。

アンディーの噂を聞きつけた所長サミュエルは、アンディーの経理能力を利用しようと企み、アンディーを図書係に任命した。

 

図書係には50年刑務所で暮らしていた老人、ブルックスがいた。

アンディーは表向きはブルックスの下での図書係助手であったが、実際は所長・刑務官達の相続税対策・所得税申告の代理が主な仕事だった。

アンディーは命じられた仕事を熟す傍ら、図書館員として図書館を充実させるべく、州議会に寄付の手紙を送り続けた。

手紙を送り続け6年後、漸く州予算確保と大量の古本が送られてくるのに成功した。

 

月日は巡り、図書係だったブルックスに仮釈放の許可が下りた。ブルックスは人生の大半を刑務所で過ごしていた。

その為、普通の社会生活に戻る事に対し、恐れ戦いていた。

アンディーとレッドの説得で、ブルックスは漸く仮釈放に応じる。応じたのは良いが、やはり世間の生活に馴染めず、ブルックスは自殺してしまう。

 

アンディーの活躍で、州議会から毎年の予算獲得に成功。大量の古本が送られてくる中、アンディーは或る日、古本の中に『フィガロの結婚』のレコードを見つける。

アンディーは刑務所内の放送局に入り、ほんの一時レコードを刑務所内に流す。一瞬であるが、囚人たちが自由を感じた瞬間だった。

アンディーの行為に所長は激怒。アンディーを懲罰独房にぶち込む。

独房から戻ったアンディーは、囚人仲間達から何故レコードを掛けたのかと問われ、アンディーは

 

「いつどんな時でも、音楽と希望は奪えない」と答える。

 

レッドはアンディーの言葉をあざ笑うかの様に、

「刑務所では、そんなものは役に立たない」と反論する。

 

或る日、所長は囚人に「労働の貴さを教える」との名目で、囚人たちを外で働かせる計画を実行した。

名目上は囚人矯正プランであったが、何のことはない、実は囚人が働く賃金をピンハネして不正蓄財をするのが目的だった。

アンディーは当然の如く、所長の不正蓄財に利用された。アンディーは所長の不正蓄財をうまく隠す事に成功した。

 

刑務所に新たにトミーと云う囚人がやって来た。トミーはアンディーとレッド達と直ぐに打ち解けた。

トミーは刑務所内で読み書きに興味を持ち、勉強し始める。

トミーはアンディーと親しくなり、アンディーが刑務所に入れられている罪の経緯を知る。

トミーはアンディーの話を聞き、以前その事件で「自分が犯人だと名乗る男がいた」とアンディーに告げる。

 

アンディーはトミーから話を聞き、所長に再審請求を依頼する。しかし署長は今迄のアンディーの仕事ぶりと不正蓄財の全貌をしる人間の為、にべもなく却下する。

挙句に再びアンディーを懲罰独房に入れる。

 

なかなかアンディーが所長の脅しに屈しない為、所長は見せしめの為、トミーを射殺する。

トミーを射殺した一ヶ月後、アンディーは今迄通り仕事を続ける事を条件として、漸く独房から出される。

 

独房から戻ったアンディーは今迄の違い、囚人たちとあまり心を開かず無口となった。

そんな日が続く或る日、アンディーはレッドに

「メキシコのジワタネホに行きたい」と告げる。

 

レッドは再び

「そんな夢は捨てろ」と呟く。

 

更にアンディーはレッドに

「仮釈放になった際、ハクストン牧草地にいき、黒い石を探せ」と謎の言葉を述べる。

 

翌朝の点呼で、アンディーは現れない。アンディーの房に行けば、アンディーは既に房におらず、女優(リタ・ヘイワーズ)のポスターが貼ってあった壁の裏には、大きな穴が開いていた。

アンディーは服役中、レッドから調達したハンマーで壁に穴をあけ、脱走を計画していた。

 

アンディーは刑務所を脱走後、今迄所長が不正蓄財で蓄えていた金を手に入れ、所長以下・刑務官の不正行為を暴露。数々の悪行をマスコミに流し、自分はそのまま逃走した。

問題発覚後、所長は自殺。ハドリー主任刑務官は逮捕される。

 

やがてレッドにも仮釈放の日がやって来た。レッドは仕事を紹介され、堅気の生活を営む。仕事はスーパーの袋詰め係。

しかし長年の刑務所暮らしが身に付いてたレッドは、当然普通の社会生活に馴染めない。

自殺したブルックスと同様、レッドも自殺を考えた。首を吊ろうとした際、ふと刑務所のアンディーの言葉を思い出した。

 

レッドはアンディーのメッセージに従い牧草地に行き、黒い石を探した。

石が見つかり、その下を掘れば、アンディーの手紙が見つかった。

手紙の内容はレッドの仮釈放を祝う言葉と、メキシコにて再会の旨が述べられていた。

 

レッドはメキシコのジワタネホ海岸に行く。海岸で二人は、久しぶりの再会を果たす。

二人の再会を祝福するようにジワタネホの海岸は青く輝いていた。

 

見所

 

主人公アンディーは人生の絶頂期に無実の罪で終身刑となり、犯罪の常習犯が収監される劣悪な刑務所に送られた。

刑務所では自分が今迄、関わった事のない人間や、劣悪な環境に戸惑うアンディーだった。

古参の囚人もアンディーは他の囚人とは毛並みが違う事で、初めは互いに馴染めずにいた。

アンディーはやがて、同性愛者の餌食となる。そんな生活が二年程、続く。絶望の淵だった。

 

刑務所内でアンディーは、刑務所の主のような人物(レッド:調達屋)と仲良くなる。

なにかしら対極な人間同士で、不思議とウマがあったのだろう。アンディーはレッドに頼み、ハンマーを調達して貰う。

 

アンディーは元銀行員と云う経歴で、経理能力に長けており、やがて所長以下・他の刑務官の経理事務を任される事になる。

アンディーは仕事を熟していく中、刑務所職員・囚人たちの両方から、信頼を勝ち獲る事に成功する。信頼を勝ち取る事で、皆から様々な便宜を図って貰う。

 

アンディーは所長の不正蓄財を手助けする振りをして、何時しかチャンスが来るのを待っていた。或る日、自分の冤罪を晴らせるチャンスが到来した。

しかし手掛かりは所長によって握り潰される。その時、アンディーは長年の描いていた計画を実行する。

 

アンディーは以前から、レッドに調達して貰ったハンマーで壁を砕き、脱走の穴を掘っていた。自分の冤罪を晴らすのが不可能と自覚した時、アンディーは積年の計画を実行に移した。

脱走である。それも今まで所長が不正蓄財で貯めた金を持ち逃げして。

 

アンディーが脱獄の為下水道を通り、脱獄を達成した瞬間の映像が当に此の映画最大の見所。

映画のサムネイルにも暫し使われるが、長年の苦しみから解放された瞬間の人間の喜びとでも云うのだろうか。

下水道の汚物まみれ乍、降り注ぐ雨にアンディーが打たれるシーンは、刑務所から解放され、自由の身になったアンディーを象徴するものとして描かれている。

 

長年刑務所暮らしをして、もはや夢・希望もない。しかし絶望の中、アンディーは決して希望の灯を絶やす事なく、何時しか自由に成る事を夢見ていた。

それが遂に実現された。 どんな環境にいても、決して夢と希望を忘れてはいけない という教訓だろうか。

 

人生の大半を刑務所で過ごしていたブルックスとレッドは、刑務所暮らしが身に沁み、仮釈放になってもなかなか世間に馴染めない。

あまりにも特殊な環境にいたが、何時しか特殊な環境という感覚が麻痺。恰も日常的な事と受け止めてしまう人の習性の怖さとも言える。

 

一般の人も同じ。舞台は刑務所となっているが、刑務所を会社に置き換えても然程変わらない。

会社も勤めた当初は可笑しいと思う事が、次第に感覚が麻痺。何時しか、当たり前となってしまう。

しかし一旦外に出れば、暫くしてそれが異常であった事に気付く。

仮令職種が同じでも違う会社に行けば、又其処には異なったルールが存在する。それも全く同じ事と云える。

 

ブルックスとレッドが出所後、世間からの疎外感で自殺を図るが(レッドは未遂)、何か他人事とは思えない話だった。

 

追記

 

レッドの役を演じた「モーガン・フリーマン」は今回の映画にて好評を得ているが、翌年(1995年)の『セブン』でも老刑事役を演じ、好評を得ている。

調べて見ればモーガン・フリーマンは、1970年代から既に俳優として活動している。

意外と芸歴は長い。『グローリー』『ロビン・フッド』『許されざる者』等に出演しているが、あまり印象が浮かばない。

今作品で、一挙にメジャーになったと思われる。意外と遅咲きの俳優なのかもしれない。

因みに今回の作品での出演時の年齢は、57歳だった。

 

初めて映画を見た時、何故「リタ・ヘイワーズ」のポスターが壁に貼ってある意味が分からなかった。

映画の原作を見た際、納得した。

 

映画は専門家たちの間で、高評価を得た。アカデミー賞にノミネートされたが、賞は獲得できなかった。

此の年には(1994年度)、他に強力な作品が存在した。『フォレスト・ガンプ』『スピード』など。

実際にアカデミー賞は、『フォレスト・ガンプ』が受賞している。

 

作品は無冠であるが、専門家の間では秀逸な作品と云われていた。しかし興業的には、あまり成功したとは言えない数字だった。

 

囚人役のヘイウッドを演じた「ウィリアム・サドラー」は1990年作:『ダイ・ハード2』でテロリスト集団のリーダーであった「スチュワート大佐」を演じている。

あまりにも印象が違い過ぎて、初めはまるで気づかなかった。

 

(文中敬称略)