業界用語・スラング 「警察・マスコミ」編

先月のお盆休みの際、旧友に再会。会話を交わした折、旧友から「その言葉の意味は何?」と度々聞かれる事があった。

暫くして気付いたが、長年同じ職場にいれば、ついつい無意識に他人にも同じ会話が通じるものと決め付けている節があると、改めて認識した。

自分の職場では通じるが、他の人間には、皆目見当がつかないかもしれない。

 

以前英語のスラングを紹介したが、今回警察・マスコミ等で使われるスラングを紹介したい。

あくまでも参考程度なので、悪しからず。

 

目次

「ア」行

 

【アイちゃん】

・スリの事。

 

【アオ鬼・アオ札】

・交通違反の青色切符の事。多くは罰金刑で行政罰となる。

 

【アカ・赤】

・共産主義者・党員の事。共産党員の旗が赤色の為。

 

【アカ犬・アカ猫・アカ馬】

・放火、放火犯の事。

 

【アカ旗】

・共産党員・共産党の機関紙の事。

 

【アカ札】

・交通違反の赤色切符の事。青色の時と違い、簡易裁判所に出廷。簡易裁判の後、罰金刑か交通刑務所行き。行政罰と刑事罰が科され、前科一犯となる。

 

【アサガケ・朝駆け】

・新聞記者等が情報を取る為、朝早く予告なしに取材先に出向くこと。事件の際、担当している刑事宅に、出勤前に訪れる事。仲良くなれば何気にヒントをくれる事がある。それが特ダネに繋がる可能性もある。政治家の番記者にも使われる。

 

【アヒル・家鴨】

・制服警官の事。

 

【アブラカミ・油紙】

・聞いてもない事を、ペラペラ話す容疑者。由来は、火をつけると、忽ち燃える事から。反対に全く喋らない容疑者は、地蔵と云う。

 

【アミ・網】

・捜査網、捜査範囲、警戒網の事。

 

【アミウチ・網打ち】

・非常線の事。

 

【アラウ・洗う】

・身元調査そする。身元確認する。

 

【アリバイ】

・不在証明

 

【アンパン】

・シンナーの事。

 

【イアキ】

・家の者が在宅中、盗みを働く事。

 

【イカモノ】

・前科者の事。ニセ物の事も云う。

 

【イチマイ・一枚】

・一人の事。

 

【イットウ・一当】

・第一当事者の事。

 

【イヌ・犬】

・捜査組織に侵入するスパイの事。モグラと云う時もある。

 

【イリ・入り】

・侵入した形跡の事。

 

【イリマチ・入り待ち】

・侵入しようと待機する事。

 

【イレズミ】

・弾の火薬が飛翔した跡の事。

 

【ウカンムリ】

・窃盗の事。主に三課の担当。

 

【ウタウ・唄う】

・自白する事。ゲロるともいう。

 

【ウラ・裏】

・裏付け捜査をする。真偽を確認する。

 

【エイチ】

・ヘロインの事。

 

【エイゴウ・A号】

・前科・前歴照会の事。

 

【エス・S】

・組織内のスパイの事。

 

【エスダン・S弾】

・催涙弾の事。

 

【エスツー】

・暴走族の照会の事。

 

【エスピー】

・SP(セキュリティ・ポリス)の事。護衛専門の警察官。

 

【エスワン・S1】

・非行歴の照会。

 

【エムゴウ・M号】

・行方不明者の照会。missingからの由来とおも思われる。

 

【エムピー】

・MP(ミリタリー・ポリス)の事。軍隊の警察官。

 

【エルワン・L1】

・運転免許証種別の照合の事。

 

【エルツー・L2】

・運転免許証行政処分歴の照合の事。

 

【エンコ】

・指の事。

 

【オイコラ】

・昔の巡査の呼び名。

 

【オシコミ】

・押し込み強盗の事。

 

【オシドリ】

・二人組のスリの事。

 

【オチル】

・自白する、自供する事。完全自供の場合、カンオチと云う。

 

【オブケ】

・警部の事。

 

【オミヤ・お宮】

・迷宮入りの事。

 

【オモヤ・母屋】

・都道府県警察本部の事。

 

【オヨガセル・泳がせる】

・容疑者を釈放して、行動確認をする事。

 

【オレイマイリ・御礼参り】

・出所した受刑者が、捕まえた警察官に仕返しをする事。

 

「カ」行

【カイミョウ・戒名】

・逮捕容疑の事。

 

【ガイシャ】

・被害者の事。

 

【カクヒ】

・最重要秘密事項の事。

 

【カケイカン・カケン】

・科学警察研究所の事。

 

【ガサ】

・捜査の事。

 

【ガサイレ・がさ入れ】

・家宅捜査の事。

 

【ガサジョウ・ガサ状】

・捜査令状の事。

 

【ガセ】

・似せ情報、紛らわしい情報。ガセネタ。

 

【カソウケン・科捜研】

・科学捜査研究所の事。

 

【カリシャク・仮釈】

・仮釈放の事。

 

【カンサイ・簡裁】

・簡易裁判所の事。

 

【カンキ・管機】

・管区機動隊の事。

 

【カンク・管区】

・管区警察局の事。

 

【カンモク・完黙】

・完全黙秘の事。

 

【カンキ・管機】

・管区機動隊の事。

 

【キカン・機鑑】

・機動鑑識隊の事。

 

【キソウ・機捜】

・機動捜査隊の事。

 

【キップ】

・逮捕令状の事。

 

【ギャクタン・逆探】

・逆探知の事。

 

【キャリア】

・警察官上級職の事。国家試験第一種の合格者の警察官。

 

【キャップ】

・現場記者でも中心的存在な人間の事。他の記者から一目を枯れる存在。

 

【キンスジ・金筋】

・警部以上警察官の事。階級章に金筋が入る為。

 

【キンタイ・緊逮】

・緊急逮捕の事。

 

【キンパイ・緊配】

・緊急配備の事。

 

【キンバッチ・金バッチ】

・国会議員の事。更に暴力団幹部の事も云う。

 

【クスリ・薬】

・麻薬・覚醒剤の事。

 

【グニ】

・質の事。グニゴムとは人質の事。グニヤは質屋の事。

 

【クビジッケン・首実験】

・面通しをして、顔を確認させる事。

 

【クビナシケンジュウ・首なし拳銃】

・持ち主の分からない拳銃の事。

 

【クラック】

・コカインの事。

 

【クロ・黒】

・犯人の事。

 

【クロハタ・黒旗】

・無政府主義の事。アナーキの事。

 

【ケイデン・警電】

・警察専用電話の事。

 

【ゲソ】

・足跡の事。ゲソコンとも言う。

 

【ケツモチ・けつ持ち】

・バックについている暴力団の事。

 

【ゲバ】

・乱闘・暴力闘争の事。内ゲバとは内部の暴力抗争の事。

 

【ゲン・言】

・証言の事。

 

【ゲンジョウ・現場】

・事件現場、事故現場の事。

 

【ケンシン・建侵】

・建造物侵入の事。

 

【ゲンタイ・現逮】

・現行犯逮捕の事。

 

【ゲンチャク・現着】

・現場到着の事。

 

【ゲンニン・現認】

・現場で現状を確認する事。

 

【コウカイ】

・警察署の一階のフロアーの事。

 

【コウカク・行確】

・行動確認の事。被疑者などの様子をさり気なく、探る事。

 

【コウキ・交機】

・交通機動隊の事。

 

【コウボウ・公妨】

・公務執行妨害の事。これに派生して、転び公妨と云う用語がある。

 

【コーク】

・コカインの事。シーとも言う。

 

【ゴタ】

・揉め事。

 

【コロシ】

・殺人事件の事。主に一課の担当。

 

【コロッケ】

・女性の犯人を指す言葉。理由は、コロッケの様に、直ぐ揚げる事ができる。逮捕できると言う意味。

 

  • 縦長になりましたので次ページに移ります。次ページは「サ~ナ」行になります。

<strong>「サ」行</strong>
次のページへ