時代を越えた不朽の名作 ヘップバーンの『ローマの休日』

★不朽の名作、オードリー・ヘプバーン主演

 

・題名    『ローマの休日/Roman Holiday』

・公開    1953年米国

・配給    パラマウント映画     

・監督    ウィリアム・ワイラー

・製作    ウィリアム・ワイラー

・脚本    アイアン・マクラレン・ハンター
       ジョン・ダントン

 

出演者

 

◆ハーネスト・アン王女    : オードリー・ヘプバーン

◆ジョー・ブラッドリー    : グレゴリー・ペック

◆アービング・ラドビッチ   : エディ・アルバート

◆大使            : ハーコート・ウィリアムズ

◆ビアバーグ伯爵夫人     : マーガレット・ローリングス

◆理髪師マリオ・デ・ラー二  : パオロ・カルリーニ

◆将軍            : トゥリオ・カルミナティ

◆ヘネシー支局長       : ハートリー・パワー

 

あらすじ

 

ヨーロッパ某国、アン王女(オードリー・ヘプバーン)はヨーロッパ各国を親善外交として訪問中。

多忙なスケージュールの為、多少お疲れの気味の様子。

最終訪問先のローマを訪れた時は、既に杓子定規の挨拶・立ち振る舞いにうんざりしていた。アン王女は疲労も重なり、とうとうヒステリーを起こしてしまった。

主治医から鎮静剤を打ってもらい寝ようとするが、なかなか寝付かれない。

ホテルの窓からローマの街を覗けば、とても楽しそうな雰囲気。アン王女は、こっそりホテルを抜け出す事を計画して、首尾よく脱出に成功する。

 

脱出したのは良いが、先程打ってもらった鎮静剤が効いたのか、ローマ市内のベンチで眠りいってしまう。

ベンチで眠っていると一人の男性が通りかかった。新聞記者のジョー(グレゴリー・ペック)である。

ベンチで寝ている女性をそのままにして見過ごす訳にも行かず、ジョーはタクシーでアン王女を送る事にした。

しかしアン王女は意識が朦朧として要領を得ない返答をする。仕方がなくジョーはアン王女を自宅につれていく。

 

一夜明けた後、ジョーは自分が連れてきた女性がアン王女だと悟る。

ジョーは特ダネを取ろうと計画。カメラマンのアービング(エディ・アルバート)を誘い、アン王女のローマ市内の観光に連れ出す。

アン王女は見る物すべてが珍しく、興味深々。行く先々でいろいろな問題を起こす。しかし何故か憎めない。ジョーは初めは特ダネのつもりでアン王女に付きあっていたが、ジョーは王女の屈託ない笑顔と行動に次第に惹かれ始める。

 

一方某国では、アン王女が行方不明になったとの知らせを聞き大騒ぎ。本国から大勢の捜査員(SP)が派遣された。SPは必死にローマで、アン王女を探し始める。

船上パーティー場でSPとのドタバタ騒ぎの末、長い一日が終わった。アン王女とジョーの短い恋の物語は終わりを告げる。

ジョーがアン王女を車で送り、アン王女が道の角を曲がった瞬間、二人は再び現実の世界に引き戻された。

 

翌日の記者会見で二人は何事もなかったかの様に対面する。そのやり取りは記者会見の様に見えて実は、アン王女とジョー記者の個人的な会話になっている処が興味深い。

 

見所

 

見所がなんといってもヘップバーンの可憐さと美しさ。アン王女を演ずるヘップバーンが、ローマの各観光名所を巡るシーンは最高の見所。

ヘップバーンが運転するベスパ(イタリア製のバイク)が、ローマ市内を走るシーンが愉快。何か初めて自転車に乗った時の様な仕草に似ている。運転中、いろいろな人にトラブルを巻き散らすのも何か憎めない。

 

「真実の口」では、グレゴリー・ペックがアドリブで、本当に手を噛み切られた様に演じた。

ヘップバーンは事前に何も知らされておらず、本当に嚙み切られたと思い、びっくりしていた。

映像からもリアリティーが伝わるシーンと思われる。

 

船上パーティーのドタバタ劇後、ジョーのアパートに服を乾かしている間、別れを惜しむ二人の会話が切ない。見所の一つ。

アン王女を送る為、車中での別れのシーンも然り。

アン王女が車を降り、道の門を曲がった瞬間、二人の短く切ない恋は終わりを告げた。

二人は又、いつもの現実の世界に引き戻された。

 

翌日記者の会見で他の記者が、ヨーロッパ各国の関係をアン王女に尋ねた際、アン王女が記者の質問に答えるシーンがあるが、それはジョー記者に対するアン王女が個人的に投げ掛けた言葉と推測される。

「私は人々の友情を信じますと」答えたのは、ジョーに投げかけた言葉。つまり

「昨日の出来事は二人だけの秘密にしましょうね」と言ったメッセージと思われる。

 

その返答にジョー記者は

「これ以上、信頼が裏切られる事はないでしょう」

アン王女に対する、個人的なジョー記者の返答と推測される。

 

記者会見の最後の写真撮影でカメラマンのアービングが、ライター型の隠しカメラで昨日の種明かしをするのが又笑える。茶目っ気充分。

更に握手の際、昨日の写真を渡す場面も。

 

他の記者が「一番気に入った訪問先は」との質問に、普通は社交辞令で「全てです」と答えるものだが、アン王女は一瞬言いかけたが、即座に素直な気持ちで「ローマです」と返答した。

それは直接言葉は交わしていないが、アン王女がジョー記者に対する感謝を表した言葉と思われる。

最後にアン王女がジョー記者を見た際、さりげなく笑いながら「さよなら」呟きながら泣き顔になっている処が現在のアン王女の率直な心境であろうか。

ジョー記者も名残惜しそうに、記者会見場を後にする。

 

ジャンルにもよるが名作といわれる作品は、映画を見終えた時、何も言葉がない。感想を言葉で表せないのが特徴かも知れない。

映画全体の流れが良すぎ、批評や突っ込み処がないとでも言うのであろうか。

 

逆説的に言えば、あまりテーマやメッセージ性がないとも言えようか。見た人全てが、楽しめる映画と言える。

非の打ち処がないとでも言えば様であろうか。今回の映画は、誰が見ても最後は必ず満足する映画と思われた。

 

追記

 

映画出演が決まった時、ヘップバーンは当時まだ無名の存在だった。イギリス映画の端役に出演した程度だった。

無名だったヘップバーンを、ウイリアム・ワイラーは映画の主役に抜擢した。映画は見事に当たり、ヘップバーンは一躍スターダムにのし上がった。

 

ジョーとアン王女が乗るバイクは、ローマ(イタリア)の為、当然「ベスパ」。アン王女がホテルから脱出する際、ワインを運ぶ車の荷台から見たカップルのバイクも当然ベスパ。

ベスパが登場する日本の有名なTV番組は、日テレ系列で放送された松田優作主演の「探偵物語」

あの「工藤ちゃん」が、颯爽とベスパに乗って活躍するシーンを覚えている人も多いのでは。

 

劇中の使われている英語には殆どスラングがなく、聞き取り易かったのではないかと思う。王女という設定も関係しているが。聞いていても理解し易い。英語の学習教材として最適かもしれない。

 

若い方には白黒映画であれば、最初から見るのを躊躇う人もいると思う。嘗て自分がそうであったように。おそらく生まれた時から、カラー映像に慣れ親しんでいたであろう。

しかし歳を取れば不思議と、違和感がなくなる。

何故であろうか。理由を考えて見た。

 

考えた末の結論は、人間というものは歳と供に、次第に記憶が薄れていく。

薄れていくに従い、記憶が曖昧で、途切れ途切れになる。その様な状態は、白黒映像の曖昧さに何か似ている。

虚ろな状態とでも言おうか。白黒は人間の曖昧な記憶の象徴とも言える。

 

今回の舞台ローマは、古い歴史がちりばめられた街と言える。歴史を感じさせる街であるからこそ、古いイメージを醸し出す意味で、白黒映像がマッチしているのではないかと思う。

観光名所が白黒で映された映像を見た時、逆に悠々な歴史を深さを感じた。

 

勿論、当時カラー映像は存在していた。1939年作:「風と共に去りぬ」では、既にカラー映像が使われている。

因って製作者の意図により、敢えて白黒映像にしたのではないかと思われる。

白黒映像であるが故に、月日を重ねる毎に、益々映画に深みが増すのではないかと思われた。

 

※この作品は著作権が終了し、パブリック・ドメインとなっています。You Tube等で検索すれば、おそらく誰でも無料で視聴が可能と思われます。

 

(文中敬称略)