核弾頭が盗まれた。コードネームは『ブロークン・アロー』

★懐かしい洋画シリーズ

 

軍が保有する核弾頭が盗まれた。盗んだのは、現役空軍パイロットの少佐。

少佐は演習に託け、2基の核弾頭を地上に投下。テロリストと手を組み、一儲けを企んでいた。

国防総省(ペンタゴン)に核弾頭の紛失を意味する、「ブロークン・アロー」が発令された。果たして核弾頭の行方は?

 

・題名       『ブロークン・アロー』

・監督        ジョン・ウー    

・脚本        グラハム・ヨスト

・製作        マーク・ゴートン、ビル・バグラー

・公開        1996年

・音楽        ハンス・ズイマー

・配給        20世紀フォックス

 

 

出演者

 

◆ライリー・ヘイル大尉:クリスチャン・スレーター

ユタ空軍基地に所属するパイロット。階級は大尉。今回核弾頭を積んだ極秘訓練に参加する。訓練の際、機に同乗していたディーキンズに銃を突き付けられ、格闘。そのまま機外に投げ出される。

機外の投げ出された後、パトロール中の公園監視員テリーに出会い、ともに核弾頭を盗んだテロ集団を追跡する。

 

◆ディク・ディーキンズ少佐:ジョン・トラボルタ

へイルと同じで、ユタ空軍基地に所属するパイロット。階級はヘイルに比べ、一つ上の少佐。ヘイルと同じステレス機に同乗。核弾頭を積んだ極秘訓練に参加する。

訓練中、何を思ったかヘイルに銃を付きつけ二人は格闘。格闘中、へイルを機外に放り出す。機内で一人になった後、核弾頭を砂漠に投下。脱出後、機をわざと墜落させる。

 

◆テリー・カーマイケル:サマンサ・マシス

ユタ州の公園監視員(パーク・レインジャー)。或る夜、パトロールに出かけた際、ステレス機墜落事件に遭遇。機外に放り出されたへイルに出会う。

初めは任務の為へイルを逮捕しようとするが、知らず知らずに事件に巻き込まれ、へイルと一緒に事件解決をする羽目になる。

 

◆マックス・ウィルキンス大佐:デルロイ・リンドー

ユタ空軍マクマラン基地の現地司令官。ヘイルとディーキンズに、核弾頭を搭載したステレス機の極秘訓練を命ずる。核弾頭消失後、事件の陣頭指揮にあたる。

 

◆プリチェット:ボブ・ガントン

計画のスポンサー。金銭面でディーキンズを支援する。なかなか計画が進まず、常にイライラしている。あまりにも口うるさい為、途中でディーキンズに殺害される。

 

◆ベアード国防長官:カートウッド・スミス

国防総省の長官。当初は単なる墜落事故で収めるつもりだったが、後に核弾頭の紛失と分かり動揺。大統領補佐官とともに、事態の収拾にあたる。

 

◆ケリー:ハウィー・ロング

アメリカ空軍マクマラン基地、核弾頭処理班に所属。紛失した核弾頭の追跡チームに参加する。核弾頭を発見後、隊長ローズを射殺する。実はテロリスト集団の一味。

 

 

◆ジャイルズ大統領補佐官:プレンティス:フランク・ホエーリー

切れ者の大統領補佐官。今回の核弾頭紛失に対する、政府側の責任者。自ら現地(マクマラン基地)に飛び、陣頭指揮にあたる。

 

◆参謀本部議長:ジャック・トンプソン

軍首脳部の最高指導者。おそらく統合参謀議長と思われる。三軍(陸海空)のトップ。

 

 

あらすじ

 

ライリー・ヘイル大尉(クリスチャン・スレーター)とディク・ディーキンズ少佐(ジョン・トラボルタ)はアメリカ空軍のパイロットだった。

二人はステルス機で、夜間訓練飛行を行う。訓練は核弾頭を積んだ極秘事項。

訓練は核弾頭を積んだ際、周囲の影響を調べるのが目的。

訓練機はステレス機。当時のアメリカ空軍では、最新鋭機。

ステレスとは、レーダーに探知されないと言う意味。軍用機のネームも、「隠密」。まさに極秘任務だった。

 

軍用機は初めは順調に進んでいた。訓練の為ステレス機は、地上スレスレの低空飛行を実行する。

低空飛行に成功。ステレス機は自動操縦に切り替わった。

 

緊張が解れ、二人は取り留めもない会話を交わす。二人が会話中、いきなりディーキンズがヘイルに銃を向けた。

ヘイルはガラスに映ったディーキンズの姿を見つける。忽ち二人は格闘となる。

 

格闘の末、ヘイルはディーキンズに機外に放り出される。

ディーキンズは基地に、ヘイルが失敗したと連絡。機はそのまま消息を絶つ。

 

消息を絶った機は墜落。二人のパイロットは生死が分からず、行方不明。

機に積んでいた、2基の核弾頭も供に行方不明となった。

 

ユタ州マクマラン空軍基地から国防総省に、コードネーム(暗号)が発令された。

コードネームは、『ブロークン・アロー』。

ブロークン・アローとは、核弾頭の紛失を意味する。紛失した核弾頭、そして二人のパイロットの行方は?

 

 

見所

 

映画冒頭、ボクシングの試合のシーンから始まる。試合中、今回悪役を務めるディーキンズ少佐(ジョン・トラボルタ)が呟く。

「左と思わせて、右で殴る」

さり気ない呟きだったが、後に重要な言葉になる。冒頭では、気付く由もなかった。

 

物事はトラップ(騙し)。ディーキンズはフォアマンとモハメド・アリ(カシアス・クレイ)の試合を例にだし、述べていた。

 

もう一つは

「諦めが早い」

此れが後の伏線となる。

 

空軍基地は、ユタ州(マクマラン基地)と思われる。地図に明確に示されている。

 

訓練では、地上スレスレの低空飛行を行う。何故低空スレスレに飛ぶ必要があるのか。それはレーダーに捕捉されない為。

レーダーに捕捉されないと言う事は、もしステレス機が行方不明になれば、追跡不可能という事。

ディーキンズ少佐は今回、その隙を付いた。追跡不可能の状態になり、核弾頭をまんまんと手に入れる事に成功する。

 

訓練飛行での二人の会話中、ステレス機が20億ドルと述べていた。現在のレートで換算して約220億円(1ドル約110円で計算)。当時も今も、あまりレートに変化はないと思われる。

因ってステレス1機が、約220億円と推定される。当に途轍もない値段。

 

ステレス機が墜落後、国防総省(ペンタゴン)にて、上層部の緊急会議が行われる。その際、国防大臣と大統領補佐官との会話が興味深い。

国防大臣がステレス機の墜落を、軍による民間機の誤射と発表すると告げた際、大統領補佐官が、直ぐにバレる為、正直に発表した方が良いと述べた。

その時軍部が、「君はそれでも役人か」と述べた事。

つまり此れは、役人は常に国民に対し、嘘をつくのが仕事だと公言したに等しい。

所詮政府役人は、どこも同じと言う事であろうか。

 

核弾頭を盗んだディーキンズが率いるテロ集団の目的は、金。

核弾頭を武器に、政府を脅迫。政府から大金をせしめようとする魂胆だった。

 

一方機内から外に放り出されたヘイルは、砂漠のど真ん中で目が覚めた。

目が覚めたヘイルは、ディーキンズに嵌められた事を知る。

 

自分を罠にはめたディーキンズに一泡ふかせる為、へイルはディーキンズを追跡を開始した。

へイルはひょんな事から、レインジャー(公園監視員)のテリーと出会う。テリーは事情はなにも知れなかったが、知らず知らずに事件に巻き込まれる羽目になる。

 

ディーキンズの一味を追跡するへイルとテリーは、核弾頭を積んだディーキンズ一味の車を発見。

二人は核弾頭を積んだ車を奪取。そのまま逃走して廃鉱にいく。

 

ヘイズは核弾頭にセットされている暗号コードをわざと間違え(3回間違えれば、無効となる)、核弾頭を無効にしようとする。

しかしヘイズが無効にしようとするが、逆に核弾頭の起爆装置が作動する。

ディーキンズが何かあるかもしれないと念を入れ、細工をした結果だった。

 

核爆発が起こるまで、僅か30分(途中でディーキンズにより、短縮された)。

へイルとテリーは廃鉱の地下で核爆発を起こさせるため、核弾頭を地下に運ぶ。

 

劇中では、600メートル地下で核爆発させた事になっているが、実際600メートル程で大丈夫なのかと、ふと疑問が湧いた。

追加で作業用エレベーターで地下に潜った際、空調は大丈夫なのかとも思った。

 

つっこみ処ではないかもしれないが、廃鉱の地下で銃撃戦の際、へイルの拳銃の弾が切れないのが不思議。

とっくに弾倉が空になっていると思うが。

へイルが銃撃戦の際、二丁の拳銃を使うシーンは、ジョン・ウー監督作品『男たちの挽歌』でお馴染みのシーン。今回も劇中にて、採用された。

 

核爆弾が炸裂。周囲に地響がなり響く。核が爆発した際、ディーキンズの乗る車に津波のような砂嵐が押し寄せる様が面白い。

核爆発の衝撃で、ヘリが墜落。マクマラン基地の電子機器が使えなくなると述べているが、実際の処、どうなのだろうか?

核爆発の電磁パルスの影響で、周囲の電子機器が使えなくなるのかは、分からない。

 

廃鉱の地下に閉じ込めらたヘイルとテリーは隧道を伝い、川に脱出。脱出後、地下の核爆弾が炸裂する。

爆発後、核汚染されていないのをテリーに証明する為、へイルは

 

「蝶が飛んでれば核汚染はない」

 

と述べているが、本当だろうか?

たまたまへイルがテリーを落ち着かせる為、咄嗟にでた言葉とも思えるが。

 

核爆弾が炸裂した映像は映画の為に作られたシロモノだが、何かぞっとする。

此れが核のおそろしさと言うものだろうか。

 

ディーキンズ達の向かう先はソルト・レイクに見せかけて、実はデンバーだった。

ディーキンズ得意のトラップ。

映画冒頭のボクシングの試合の最中、ディーキンズが述べた言葉。

「左に見せかけ、右で殴る」。騙しのテクニック。

 

ディーキンズは列車に核弾頭を搭載。デンバーに向かう。

デンバー行きの列車にテリーが成り行き上、搭乗していた。

テリーは核爆発を阻止する為、必死に妨害を試みる。

 

核弾頭の爆発を阻止しようとするも、解除コードが分からない。モタモタしている中に、ディーキンズに見つかってしまう。

 

ディーキンズはテリーに問いかける。

 

「へイルはどうした。奴はいつも最後に逃げ出す」と。

 

ディーキンズはテリーに核弾頭を起爆させる為、起爆コードを入力させる。テリーは震えながらも数字を押すが、最後の場面で起爆コードをキャンセルする。

 

一方へイルは軍の探索部隊に保護され、ウィルキンス大佐とジャイルズ大統領補佐官に事情を説明。

供に事件の解決を図る為、ディーキンズの列車を追跡する。

 

ディーキンズがテリーを列車から放り出そうとしてドアを開けた際、ヘリで追跡していたへイルがディーキンズに銃を向ける。

※此処も突っ込み処、満載。何故列車にへイルのヘリが近づくのを、発見できなかったのかと。

 

へイルが列車に飛び移ってからは、アクションの連続。まさに見所満載。

マクマラン司令官のウイルソン大佐は、ディーキンズに撃たれ、ヘリごと岸壁に衝突。操縦手もろとも死亡する。

ディーキンズもヘリで脱出を試みるが、へイルがヘリに細工。脱出ヘリは木っ端微塵に吹っ飛ぶ。

 

ディーキンズは脱出用のヘリがなくなり、脱出は不可能と悟る。核爆弾の起爆装置を一旦解除する。

解除したが、何を思ったのか5分後に核爆弾が起こるようセットする。

へイルに対する怒りで、既に儲ける事はおろか、逃げる事すら諦めたようだ。

当然、死にたくない仲間同士の仲間割れが始める。その隙を付き、へイルが列車に乗り込み、最後の仲間を列車から蹴落とす。

 

へイルとディーキンズは核弾頭の解除のリモコンを廻り、最後の一対一の対決をする。

苦戦の末、へイルはかろうじてディーキンズに勝つ。勝ったのはよいが、列車がガソリンに引火。炎上する。

更に前方から、対抗列車が迫る。まさに危機一髪の状態。

 

へイルは列車から脱出する寸前、核弾頭解除のリモコンを手に入れ、解除ボタンを押す。

僅か爆発2秒前だった。

 

列車が正面衝突した衝撃で、核弾頭がミサイルの様に発射。

そのままディーキンズに突き刺さり、ディーキンズは死亡。列車は大破する。

 

核弾頭は火に包まれたが、リモコンで起爆解除されていた為、爆発せず事件は解決する。

燃え盛る炎の中、へイルはディーキンズが賭けで差し出した、ボロボロの20ドル札を見つける。

へイルが初めて勝負でディーキンズに勝った瞬間だった。

 

勝利を確信したヘイルとテリーは、初めて互いのフルネームで挨拶をかわし、二人は目出度く結ばれる。

 

 

追記

 

映画全体を通し、息もつかせないほどのアクションの連続。間延びのしない展開・ストーリに仕上がっている。決してみているものを退屈させない映画と言える。

監督のジョン・ウーはご存じ、香港映画『男たちの挽歌』で有名な監督。

男の挽歌で名声を博す。その後目出度くハリウッドに迎られ、今回の映画撮影となった。

 

映画製作では当時巨額の製作費をかけ、超大作映画として宣伝されていた。

1977年作:『サタデーナイト・フィーバー』で人気を博したジョン・トラボルタが、初めて悪役を演じた事で有名な作品。

ジョン・トラボルタは、『サタデーナイト・フィーバー』以後、あまり役に恵まれず、一時期不遇な時を過ごしていたが、今回の映画で新天地を開いたと言える。

今回の主役は「クリスチャン・スレータ」が主役であるが、主役を喰った悪役と云える。

それに関してはアラン・ドロン主演映画1968年作:『さらば友よ』と同じかもしれない。

『さらば友よ』では主役のアラン・ドロンよりも、悪役だった「チャールズ・ブロンソン」の役が、際立っていた。

 

翌年公開された同監督の作品『フェイス・オフ』でもジョン・トラボルタは、主役ニコラス・ケイジの敵役に抜擢。

主役のニコラス・ケイジに勝とも、劣らない演技ぶりを披露している。

この頃にジョン・トラボルタの悪役ぶりが定着したのかもしれない。ジョン・ウー監督の手腕が大きい。

 

今回ヒロイン役のサマンサ・マシスは、主人公のクリスチャン・スレーターと1990年作:『今夜はトーク・ハード』で共演している。今回は二度目の共演となる。

二人は実は、私生活でも交際していた時期がある。映画を通じ、結ばれたと言えるかもしれない。

 

ベアード国防長官を演じたカートウッド・スミスは、1987作:『ロボコップ』で、主人公と敵対する悪役(クラレンス・ボディッカー)で有名。

尚、カートウッド・スミスは前年の1995年、スティーブン・セガール主演『暴走特急』に出演。同じテロ集団と対峙する軍の提督、スタンリー・クーパー将軍を演じている。

 

墜落現場の調査隊長ローズを演じたバンディ・カーティス=ホールは、『ダイハード2』に出演。

空港でマクレーン刑事(ブルース・ウイルス)と銃撃戦を行ったテロ集団の一人、ミラーを演じている。

ダイ・ハード2では、劇中の最後でテロ集団がジャンボ機で逃げる際、コックピットにいて飛行機ごと爆破されている。

 

(文中敬称略)