トカゲの尻尾切り 松本清張『ある小官僚の抹殺』

★松本清張 短編小説シリーズ

 

・題名       『ある小官僚の抹殺』

・新潮社       新潮文庫  

・昭和40年     7月発行    『駅路』内

 

登場人物

◆唐津淳平

今回の砂糖汚職事件で、鍵を握る人物。唐津は関西出張後、帰京する予定だった。

しかし何故が出張を早めに切り上げ、熱海の旅館に宿泊。そのまま、謎の死を遂げる。

地元警察の所見では、一応自殺として処理された。

尚、砂糖を管轄する省庁とすれば、唐津はおそらく農林水産省の課長と思われる。

 

◆篠田正彦

政官財を股に掛ける、フィクサー(黒幕)的存在。闇のブローカーの様なものであろうか。

今回の汚職事件に関連、唐津と同じく鍵を握る人物。唐津課長の死体の第一発見者となる。

 

◆瀬川幸雄

熱海で死体で発見された唐津課長の部下。役職は係長。

事情に詳しい外部からの人間のタレコミ電話で、砂糖業界にまつわる贈収賄容疑が浮上する。

警視庁捜査二課(汚職専門)が調べた結果、事件が発覚する。疑惑の中心人物唐津課長の部下の為、警察に参考人として召喚される。

 

◆沖村喜六

砂糖を管轄する省庁に勤める唐津課長の斡旋で、砂糖の割り当てに手心を加えて貰う為、複数の政治家に賄賂を贈る。警察に召喚され当初は否認していたが、後に事実を認める。

 

◆岡村亮三

唐津課長の仲介で今回、沖村が理事長を務める日本△△共同連合会から賄賂を受けた政治家の一人。

総選挙が近い為、資金集めの一環だった。しかし何故か同じ利権集団のボス白川建策迄、献金が行き届かなかった。その腹いせで、白川に近い人間から警察に売られる(タレコミ電話)。

 

◆白川建策

長い間、砂糖業界のドン的存在であったが、今回の総選挙で落選。政界を引退する羽目になる。

今回、子分的存在だった岡村亮三らの利権集団に裏切られ、献金も届かずら落選。

その為白川に近い一派の誰かが、腹いせに警察にタレコミ電話を掛ける。疑惑の発端は、白川に近い一派のタレコミ電話によるもの。

 

◆山内

唐津課長が旅館で自殺する前日、唐津・篠田と一緒に麻雀卓を囲んでいた人物。

篠田正彦は地元(熱海)の人間と説明していたが、旅館の人間は山内を、地元の者と認識できなかった。

 

あらすじ

警視庁二課(汚職・経済犯を主に捜査)に外線にて、タレコミがあった。タレコミの内容は、砂糖にまつわる政官財の汚職事件。

電話に出た捜査官は毎度の事と思いつつ、電話主が話す具体的な内容・数字に興味を持ち、モノ(事件)になると睨み捜査に乗り出した。

 

捜査の末、砂糖の差配を廻り、政治家・企業間に官公庁の斡旋(仲介)で贈収賄が行われた事実を突き止めた。

「本丸を攻めるには、まず外堀から」と言う事で、所管(おそらく農林水産省)の係長が参考人として呼ばれた。

 

係長は最初は否認していたが、参考人から被疑者に変更後、今回の汚職をあっさり自供した。

自供では、「今回の汚職中心人物は省の上役である、唐津課長だ」と証言した。

 

一方、賄賂を贈った日本△△共同連合会の沖村喜六理事長も初めは否認していたが、後にあっさり認めた。

警察は中心人物である、唐津課長の身柄確保を決める。警察は唐津のガラをとる(拘束)為、唐津の関西出張を終え、帰京するのを待った。

警察が疑惑の本丸に攻め込もうとした時、肝心の唐津課長が熱海の旅館で縊死を遂げたという報を受けた。

 

捜査員は地団駄を踏んだ。大方の目途がついた為、後は唐津課長を拘束。自白に追い込むと言う手筈だった。その為、油断していたと言う事もあろう。

唐津課長は警察に身柄確保される寸前、捜査陣の前から永遠に姿を消した。

唐津が死んだ事で、疑惑は雲散霧消。疑惑は立件される事のないまま、闇に葬られた。

 

要点

清張の作品には、政財官を中心とした汚職事件を題材とした作品が多い。以前紹介した清張の代表作とされた『点と線』等も同じ。

同じく此れも以前紹介した『歪んだ複写』は、役人と財界にまつわる汚職といってよいであろう。

結局いつになっても、この構造は決して変わらない。

 

古くを遡れば、議会政治が始まった(第一回帝国議会1890年)から、この構造は一向に変わりはない。

それ程、政官財は一連托生と言える。同じ穴のムジナとでも謂おうか。この3者がお互いの利益受持者であり、互いが仕事の成果を上げ、互いに出世を遂げる仕組み。

 

官界の唐津課長は既に、出世の道を絶たれようとする年齢に達し、本人はもう一花咲かせようと足掻いた。

その心のスキを突かれ、今回政財界を巧みに遊泳する「篠田正彦」なる人物に、上手く利用されたと思われる。

 

篠田は過去に何度も同じ手口で、役人をうまく利用していたのであろう。篠田は死体(唐津)の第一発見であるが、事件の概要は本人の証言のみで甚だ疑わしい。

唐津課長は昨日まで自殺する気配など、全く見られなかった。篠田はいつ加害者の立場に落ちても、おかしくない。

逆に篠田は過去に何度も、同じ死線を潜ってきたと予測される。

その為、政治家・財界・官界からも一目置かれる人物にのし上がっていったと思われる。

 

過去日本には、此の様な怪しげな人物が大勢いた。

その様な人物は何時しか黒幕(フィクサー)と呼ばれ、崇められて行く。噂が噂を呼び、更に本人の名声(悪名?)が高まると言うしくみ。

 

唐津が自殺と判断された場所(熱海)は、自殺・心中が珍しくない土地柄だった。

地元警察は旅館で縊死したとされる人物が、東京で疑惑事件の中心的人物であるのを露しらず、いつもの事件として処理したと思われる。

その為、大した検視もせず、事件性がないと判断。因って解剖も行われなかった。

死体はその場で荼毘にふされた。荼毘にふされた為、再捜査の検視・解剖は不可能だった。

 

事後報告を聞いた警視庁としては、手の施しようもない。もし唐津を抹殺する目的の組織が存在するとすれば、自殺として処理される可能性も充分考慮に入れていたと思われる。

東京で殺害するより、自殺・心中が多い土地では、つい先入観に駆られ事件を見てしまうおそれがある。

もしそれを利用しようとしたのであれば、犯人グループが一枚も二枚も上手だった。

当に計算ずくと言える。それ程、慣れているとも云える。慣れていると言う事は、今回も所詮、「氷山の一角」なのかもしれない。

 

文中にて作者は、なかなか面白い表現をしている。

今回の汚職事件を、「まさに砂糖という甘い蜜に群がる、アリ」のように譬えているのが愉快。

 

砂糖は昔から、利権の温床と言われている。何故なら、日本では砂糖があまりとれず、外国からの輸入が主体。その為、管轄する省庁の匙加減ひとつで、業者に差配が決まる。

差配に口出しをするのが、各製糖業界の意向を含んだ政治家。

当然政治家は、タダでは動かない。政治献金を要求する。

実に分かり易い構造と云える。他の業界も似たり、よったりではないかと推測する。

 

追記

清張の官界がらみの汚職事件を題材にした作品を毎回みれば、実に役人の特徴を上手く捉えているといつも感心する。

作品中でも明記されているが、官僚というものは元来「小心」。

業者・政治家の前では図太く構え、なかなか降参しないが、一旦引っ張れば(警察の身柄確保)、案外容易に落ちるもの。

官僚は官公庁、ひいては日本の国家を後ろ盾にしている時は強いが、一旦権威を外され一人の個人となれば、案外脆い。

 

此れは何も官僚に限らず、他の役人にも云える。そして彼等はなかなか責任を認めない。責任をなすり付けるのが常。何故なら、責任の所在を認めれば処罰され、出世の道が閉ざされる為。

今回の作品も疑惑の主人公は、出世が既に頭打ち。出世から外れ、先が見えたと思われた。

そんな主流でない人物が主流にのし上がろうとして、誰かに上手く利用された汚職事件と言えるかもしれない。

利用した人物とは。それは作品を読み進める上で、大方の想像がつくと思う。

 

尚、疑惑の渦中で疑惑の中心的人物にいた役人が死に、省庁の上役以下、政治家、企業側の人間の多くが助かる流れは、黒澤明監督『悪い奴ほど、よく眠る』にも似ている。

繰り返すが、議会政治が始まった大昔から現在に至る迄、この構造は変わらない。今後も決して変わる事はないだろう。

 

最後の清張の言葉が、役人の本質を物語っている。

 

彼らは、いつも風に吹かれてそよいでいる弱い草である。

 

(文中敬称略)