商売の秘訣

いきなりタイトルに「商売の秘訣」と書いたが、別に此れから商売を始める人へのメッセージ・セミナー等ではありません。

全くの逆。動機は今迄、自分が商売側に上手く嵌られていた事実を述べたいと思った為。

嵌められたと言うよりも、商売とは元来此の様なモノだと、表現した方が的確かもしれません。

前置きが長くなりましたが、自分の体験話を述べたと思います。

 

★無意識だが、相手のペースに嵌っている事

難しい話はさておき、身近な話題から述べたい。年が明け、間もなく二ヵ月以上が経とうとしてる。

私事だが今年の6月頃、23年乗り続けたマイカーを廃車にする予定。

格別、廃車は珍しい事ではない。先日時間があった為、廃車にする車の今迄の経費を、大まかであるが計算してみた。

するとなんと驚くべき事に約20年間で、1千万円以上のお金を費やしていた。

此れは車の本体価格、毎年の維持費(自動車税、保険、車検、ガソリン代等)、消耗品(夏冬タイヤ、オイル等)を合計して概算。

他に故障の修理代、洗車代等は含まれていない。正確に言えば、車本体は新車で約250万円。その他は全て、本体以外の価格と言える。

 

現在地方在住だが、凡そ地方では車が無ければ、生活するのはかなりの困難が伴う。

都会では車は「贅沢品」かもしれないが、地方では車は「生活必需品」と言える。

学生時代、東京23区内に住んでいたが、東京の23区で舗装された駐車場(車一台分)を月極で借りた際、約7万5千円程だったと記憶している(約20年以上前の話)。

現在では、もっと高いかもしれない。

 

しかし物価が安いと言われる地方ですら、約20年間近く車を保有すれば、約1千万円はかかるという計算。大雑把に言えば、地方の新築の家が約3千5百万円とすれば、1千万円は頭金に相当するかもしれない。

月に計算すれば、約4万2千円が経費になる計算。

※1千万円 ÷ 240(一年は、12ヵ月。20年は、240ヵ月)≒ 41,666円

 

改めて金額の多さに驚愕した。

何を諄々(くどくど)とマイカーの話をしているのかと思われるかもしれない。

実はこれが、無意識にまんまと商売側に乗せられていると言う事実を、長々と説明していたのである。

 

★モノを購入したその後

モノを買った時、実は本体価格よりも、買ったモノを維持・機能させるのに金がかかるのだと主張したい。

前述した車で言えば車本体よりも、其の後の維持費の方が莫大である。

それを考えれば、家も同じかもしれない。家の場合、家本体も高い。おそらく自分の人生の中で、一番高い買い物ではないかと思われる。

家の場合、更に買った後の維持費まで莫大である。

 

家はあまりにも桁が違う為、反って実感が湧かないかもしれない。その為、再度身近な例を挙げてみたい。

皆さんの自宅に、印刷で使うプリンターをお持ちの方が多いと思われる。

私も個人のプリンターを所持している。何気に便利で、ネット等の記事を手軽にプリントアウトしてしまう。

しかし皆さんと同様、何気に私がプリンターに関し感じている事がある。

 

それは個人用のプリンターで印刷した際、すぐにインクが切れてしまう事。

 

譬え使用しなくても時間が経てば、インクが劣化する。

劣化すれば印刷に支障をきたし、新しいインクと交換しなければならない。皆さんにも、御経験があるかと思う。

 

つまり云いたいことは、近年プリンターの本体は安いが、インクが何気に高いと言う事。

 

企業側はプリンター本体で儲けているのではなく、なくなると直ぐに交換するインクで儲けていると述べたい。

 

「インク」ビジネスと言える。インクで儲けるには、自社製のプリンターを消費者に大量に普及させなければならない。

その為に、廉価なプリンターを生産・販売する必要がある。

 

一度自社製品を購入して貰えば、あとはインクで儲けるという仕組み。

 

更にプリンターの修理期間は、そのプリンターが発売されてから約5年で終了する。

おそらく保証期間は、各社同じと思われる。

サイクル的に、約5年で現在使用しているプリンターが終了する。

 

5年後、又新しいプリンターを作れば、永遠に購入者はめでたく消費サイクル(循環)の一員となる。

当にボロい商売と言える。例え大切にプリンターを使用していても、使用できるインクの生産が終了すれば、そのプリンターは壊れてなくても使用不可となる。

 

私もプリンターは既に、3台目。

人間とは不思議なもので、初めに購入した会社の製品を習性(慣れ)で買い続けてしまう。

一度慣れてしまえば、他の製品にあまり目がいかなくなる。此れは、PCも同じ。

 

大昔、ワープロなるものが流行した。あれも同じだろうか。

一旦ある会社のワープロの操作を覚えてしまえば、あまり他社製品に関心がいかない。

何故なら、又いちから操作を覚えるのが面倒な為。

更に互換性の問題もあった。互換性があれば、過去の文章をベースにして新しい文章を書くのが便利だった。

 

話を戻すが、大概現在のプリンターはネットを通し、生産している会社とオンラインで繋がっている。

使用の際、会社の同意事項に了承しなければ、ほぼ使用不可。此れは各社、殆ど同じ。

因って必然的にインクの残量が少なくなれば、自動的に「インクを購入しますか」等の呼びかけがくる。

 

ハッキリ言えば、会社の純正インクか、そうでないかの判別もできるのも驚く。

明確に会社側に、使用状況が把握されていると言える。

これは身近に感じた、ほんの一例。

 

★戦国時代の鉄砲

いきなり話は日本の戦国時代に飛ぶが、戦国時代でも同じ事例が存在した。

1543年、種子島に漂流したポルトガル船から齎された、「鉄砲」である。

 

現代でも同様。鉄砲は強力な武器だが、鉄砲は弾がなければ、どうにもならない。

つまり弾がなければ、単なる鉄の塊(鉄の棒)にしかならない。

或る意味、ポルトガル船は鉄砲を日本人に与える事で、商売(市場)の拡大を目論んでいたのではないかと思われる。

 

繰り返すが、鉄砲は弾がなければ、何の役にも立たない。

では弾は一体、何処から手に入れるのか。

答えを云えば、当時の日本には、弾丸となる原料はなかった。

弾を作る際、最も大切なものは、火薬の原料となる「煙硝」

 

日本に煙硝がない場合、一体何処から手に入れるのか? 

ない場合、他所から手に入れるしかない。

他所からと言えば、昔も今も「外国」

 

つまり外国との「貿易」で、手に入れるしか方法がない。

説明は省くが、だからこそ「織田信長」は鉄砲を使用する為、煙硝を手に入れなければならなかった。

当時日本で外国との貿易が盛んな都市と言えば、一体どこであろうか。

 

それは「堺」。当時大坂の堺が、最も貿易が盛んな都市だった。

だからこそ信長は、必死になって堺を手に入れ、直轄地にしたのである。

 

堺以外にも貿易で有名な都市と言えば、当時京の都よりも発展していたと言われた、大内氏の「山口の府」、或いは「博多」。

更に島津氏が支配する「薩摩」。有馬氏の「坊津」。大友氏の「平戸」等が挙げられる。

当然、西に偏っている。上記に挙げた大名は一時的でも、当時有力な戦国大名として名乗りを上げた。

島津氏は、戦国・徳川時代を生き残り、明治維新を迎え、現在に至っている。

 

こう説明すれば、現在のプリンターのインクビジネスも、似たような構造と理解して貰えると思う。

前述した自動車も「ガソリン」がなければ、ただの鉄の塊。戦車も「砲弾」がなければ、只のガラクタ。飛行機も同じ。

強いて言えば、電気製品全体にも言える。

電気がなければ、只のガラクタ。

電気をガスに変えても同じ。製品は本体は安いが、購入後の維持が難しい。

 

今回、車を廃車にするに従い、改めて商売の秘訣を思い知らされた。

 

★半永久的ビジネスの強み

こうして世の中を眺めれば、一旦お客さんが購入すれば、半永久的に儲ける事ができるビジネスが存在するのに気付いた。

電話・水道・ガス・電気等。現代で言えば、ネットのプロバイダー・携帯電話等。

一度顧客が契約すれば、なかなか解約しないモノを対象とした商売と言える。

 

世間では、「インフラ」を呼ばれる産業かもしれない。

インフラの場合、プリンターのような循環ビジネスではないが、半永久的ビジネスと言える。

 

今回、普段あまり意識していない事だったが、世の中の仕組みを改めて理解する上で、とても貴重な体験となった。

(文中敬称略)

 

・参考文献

【逆説の日本史10  戦国覇王編】井沢元彦

(小学館・小学館文庫  2006年7月発行)